24日に放送された女優・石原さとみ(33)主演のフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜・後10時)最終回の世帯平均視聴率が9・7%だったことが25日、分かった。

9月25日获知,由石原里美(33岁)主演的富士电视台连续剧《灰姑娘药剂师》(周四晚10点)于24日晚播出最终回,获得世代平均收视率9.7%。


当初は4月9日よりスタート予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3か月遅れてのスタート。初回は10・2%を記録し、同局「木10」枠で2018年7月期「グッド・ドクター」の初回11・5%以来、2年ぶりの2ケタ発進。

原定于4月9日开播的本剧,在新型冠状病毒感染扩大的影响下推迟了三个月。初回收视率为10.2%,是富士台周四10点档自2018年7月期《善良医生》初回收视率11.5%以来,时隔两年才有的两位数。

第2話は9・8%。第3話は8・8%。第4話は番組最高の10・6%を記録。第5話は9・4%。第6話は9・7%。第7話と第8話は9・3%。第9話は9・6%。第10話は9・2%。今回は0・5ポイントアップした。個人視聴率は5・2%だった。

第2集至第9集的收视率推移:9.8%、8.8%、10.6%(第四集创下节目最高收视率)、9.4%、9.7%、9.3%、9.6%、9.2%。而这次上升了0.5%,个人收视率为5.2%。

荒井ママレ氏の同名人気コミックが原作。連ドラ史上初、病院薬剤師が主人公の同作は、石原演じる萬津(よろづ)総合病院の病院薬剤師・葵(あおい)みどりが、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描く。

本剧改编自荒井ママレ的同名人气漫画,是电视剧史上首次以医院药剂师为主人公的作品,描写了由石原饰演的万津综合医院的药剂师葵绿,为了守护病人“理所当然的每一天”而奋斗奔走的故事。

謎の青年・小野塚綾役で出演予定だった俳優・清原翔は脳出血で療養中のため降板し、代役で俳優の成田凌が出演した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

谜一般的青年小野塚绫原定是由清源翔饰演的,但因脑出血休养而不得不退出,代演的是演员成田凌。(数字由关东地区,VideoResearch调查)

本翻译为沪江日语原创,转载请注明出处。

相关阅读推荐:

2020年秋季日剧速报!哪几部值得一追?

2020春季日剧推荐:《默默奉献的灰姑娘药师》