受疫情影响集体延期至夏季播出的春季日剧档陆续开播。其中,有备受期待的《半泽直树2》、意外还不错的《我的家政夫渚先生》、节奏紧凑的《灰姑娘药剂师》等,在今季普遍质量都还不错的新剧中,《非自然死亡 第二季》,哦不,《MIU404》令人眼前一亮。

《MIU404 机动搜查队》

主演:绫野刚、星野源
编剧:野木亚纪子
导演:塚原亚由子、竹村谦太郎、加藤尚树
制作人:新井顺子
主题曲:米津玄师《感電》

剧集以日本警视厅新设立的临时部队·MIU=「Mobile Investigative Unit」第4机动搜查队为舞台,讲述了一对搭档——运动神经出类拔萃,但欠缺刑警常识的伊吹蓝(绫野刚 饰)和拥有优秀洞察力,能够理性分析事件的志摩一未(星野源 饰)一同解决各类案件的故事。

这部剧原在开播前就受到不小的瞩目,期待度更是超过《半泽直树2》,跃居榜单前列。

除了两位人气男演员时隔多年再搭档之外,一大看点必然是“《非自然死亡》团队集结”。从编剧、制作人、导演到主题曲演唱者全部为原班人员,事实上这部剧的风格也可以看到《非自然死亡》的影子,剧中台词所影射出的日本社会问题、暧昧文化,都能在野木亚纪子笔下的故事一探究竟。



第5集  梦之岛


第3集 分歧点


第5集  梦之岛

绫野刚和星野源所饰演的“没头脑和不高兴搭档”随着剧情的深入,互动也变得更多(我可以再磕一百年),以及刚子的犬化越来越明显↓


可爱

作为一集完结型日剧(一集讲一个故事),每个故事的主要人物选角也就很重要了。目前已经播出的六集中,来“打酱油”的卡司演技都不输于主演级:


第3集 菅田将晖


第4集 ミムラ


第5集 渡边大知


第6集 村上虹郎

野木还把《MIU404》和《非自然死亡》的世界线串了起来:


第三集 毛利警官(大仓孝二)、向岛警官(吉田ウーロン太)


第六集 三澄ミコト(石原里美)


第八集 UDI所长神仓(松重丰)

来看日本流行文化研究演员柿谷浩一如何分析《MIU404》的两位主角:

志摩一未——星野源

志摩は、伊吹の感情の赴くままの暴走にブレーキをかける一方で、自身もクール一辺倒というわけではなく、相棒の前では感情を伴って、タメ口の砕けた語調の“ぼやき”や“呆れ”といった「素」が時々漏れ出てしまう。そうした本来は心の中でツッコミを入れる言葉を、おおっぴろげに相手の真横で口や態度で表している。

志摩这个角色,要管好一不小心就暴走的搭档伊吹,虽说是理性派但外冷内热,在伊吹面前也会表露出人的情感,用平辈的口气发牢骚,时不时展现“真实的自己”。而一些本应内心吐槽的话语,他会毫不掩饰对着他人说出口,表明自身的态度。

「その本能むき出しのリアクションが、人間味にあふれて魅力的。もともとソフトでニュートラルな印象が色濃い星野源だけに、普段の穏やかな表情を豪快に変じて作る感情表現は、実に愛くるしく新感覚で惹きつける。」

“像这样将本能赤裸裸表现出来的反应,是极具魅力又有人情味的。星野源给人印象柔软中性,当他温和稳重的表情突然变得豪迈,就会带来一种新的感官,让人觉得(他)十分可爱。”


一方、バディについてもその魅力を「一見、感情的/理性的という対照的なコンビにみえるが、気づくとコミカルな応酬を繰り広げる2人の姿は、どこか兄弟ゲンカにも似た趣きさえ感じられる。単に性格が真反対の“凸凹のぶつかり合い”でもなければ、ダンディーな“カッコ良さ”や“渋さ”でもない。大事にされているのは、互いが無邪気に戯れ合う2人の作る独特の愉快な雰囲気。それがホームドラマ風の“癒し”を醸し出して、新しい刑事ドラマとして視聴者を楽しませている」と語る。

另一方面,就搭档的魅力,柿谷表示:“乍一看是理性派和感性派两种性格完全相反的两个人,但你来我往颇有唱滑稽戏的样子,感受到他们如同兄弟吵架般的旨趣。既不仅仅是‘没头脑和不高兴’的互相碰撞,也不是绅士派的帅气或是古朴感,重要的是两人之间独有的愉快氛围,是他们孩子气的逗着对方玩所创造出来的。酝酿出家庭剧风格的‘治愈’系的新型刑事日剧,让观众更加期待。 ”

柿谷氏は「他人との適度な距離の取り方、等身大のファッションセンス、抑制を効かせた台詞のトーン、悪目立ちしない存在感など、刑事を特別な遠い職業(=存在)にし過ぎず、今の若者にもアレルギーのない好感度ある役に造形できているのは、星野源の持つ“中和力”の効果が大きい」と指摘する。

柿谷还说:“与他人保持适度距离、和当代年轻人一样的打扮、抑制力的语调、不讨人厌的存在感、不让观众觉得警察职业过分虚无、日本年轻人能够全盘接受志摩,这个高好感度角色的成功塑造,拥有‘中和力量’的星野源功劳相当之大”。

也提到星野源此次角色为何抓人眼球,是因为眼睛会演戏:


伊吹蓝——绫野刚

もうひとつ本作で際立っているのは、そのバディが、俳優の個性と役柄が化学反応を起こして新たな一面を引き出す巧みなキャラクター設定になっていること。

本剧另一位十分显眼的角色,也就是志摩的搭档在角色设定方面,演员本人和角色的个性产生了一定化学反应,这一点就非常巧妙了。

とくに、ドラマや映画など多くの出演作を通してクールなイメージの強かった綾野は、本作では、思ったことを辺り構わず口に出す、自由奔放な野生児のような刑事に扮し、その意外性とともに醸し出す独特な色気もファン層を超えて多くの視聴者を惹きつけている。

尤其向来在影视剧、电影中饰演冷酷角色居多的绫野刚,到了《MIU404》中变成想说什么就立马说出口,性格自由奔放犹如野生儿一般的警察,和意外性一同诞生的独特魅力,吸引了众多年龄层的观众。

そんな綾野の俳優としての技量と人間性が、プライベートでも仲の良い星野との絶妙なバディ感を生み出しているのだろう。バディものの王道である、引き立たられる側のクセの強いキャラクターを演じながら、星野演じる振り回される側のキャラクターがときおり見せる感情的な一面にインパクトを持たせる役割を担っており、その相方を活かす芝居が物語全体を躍動させている。

身为演员的绫野所拥有的技量及人性,和私下也很要好的星野(实现了共演),所以两人在一起产生了绝妙的搭档感吧。王道双人搭档剧,作为衬托一方,担任的又是很有个性的角色,还经常折腾星野饰演的角色(志摩),在志摩偶尔展现感性的一面时,(伊吹 即绫野)又扛下了给予观众冲击面的责任,衬托拍档的演技使故事整体都活跃了起来。




『アンナチュラル』(TBS系)に続いて、当代随一のヒットメーカーである脚本家・野木亜紀子氏、演出の塚原あゆ子氏、プロデューサーの新井順子氏のチームによって生み出された新たな刑事ものバディドラマ『MIU404』。そこには、これまでのスキルを活かしながら、さらに新たな要素を加えて更新した、視聴者の心を捉えるさまざまな仕掛けがちりばめられている。世に残る名作となるか、この先の展開への期待がかかる。

继《非自然死亡》后,由日本首屈一指的人气编剧野木亚纪子、导演塚原亚由子、制作人新井顺子三人团队创造出的新型刑事搭档剧《MIU404》。她们不仅活用已有的技能,并在这部剧中加以新要素升级,为了抓住观众的内心,在剧中散布了各种不同的机关。《MIU404》是否能成为永垂青史的佳作,让我们期待接下去的发展。

本内容为沪江日语原创编译,未经授权请勿转载。部分截图来源fix字幕组、追新番字幕组。

相关阅读推荐:

绫野刚x星野源《MIU404》最终回收视率14.5%
绫野刚为什么对星野源“生气”?
绫野刚相机下的米津玄师,日本网友:“八爷他笑了!”