这是札幌啤酒2012特别企划,广告词节选自村上春树『走ることについて語るときに僕の語ること』一书中的片断。村上春树洗练而富有诗意的精彩文案经由女演员仲田由纪惠倾情演绎,配上各种“跑步”的情景,在新的一年为日本加油!

本内容为沪江日语原创,转载请注明出处。

声明:音视频均来自互联网链接,仅供学习使用。本网站自身不存储、控制、修改被链接的内容。"沪江网"高度重视知识产权保护。当如发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将依法采取措施移除相关内容或屏蔽相关链接。

在线地址://www.tudou.com/programs/view/wyWU2nSdK48/

广告旁白:

走っている時に頭に思い浮かぶ考えは、空の雲に似ている。

跑步时脑海中浮现的想法就像是天上的云朵。

いろんな形の、いろんな大きさの雲。それらは、やって来ては去っていく。

各式各样、大小不一的云朵。这些云朵来来往往。

でも、空はあくまで空のままだ。雲はただの客人にすぎない。

但是天空到底还是天空,云朵只不过是过客。

通り過ぎ、消えていくものだ。

匆匆而过,消逝远去。

暑い日には、暑さについて考える。寒い日には、寒さについて考える。

天热的时候想着热,天冷的时候想着冷。

辛いことがあった日には、いつもより少し長く、少しきつく、一周余分に走ることにしている

当你遇到艰辛的事情,总感觉比平常久一点累一点,就像多跑了一个星期一样。

そして,後にただ空だけを残す。

到后来只徒留一片天空。

乾杯をもっとおいしく。サッポロビール。

干杯会更添一份美味。札幌啤酒。

声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

看CM学日语系列文>>

走进日本文学名家村上春树>>