日本谚语:雲泥の差
作者:思蕾 译|来源:故事ことわざ辞典|2017年10月08日 06:00
  • 双语
  • 中文
  • 日语

雲泥の差

【読み】うんでいのさ

【意味】雲泥の差とは、著しい違いがある、または非常にかけ離れていることのたとえ。

意义:云泥之差比喻两者之间有明显的差距,离得相当遥远。

【注釈】雲は天、泥は地で、天と地ほど大きな差があるという意味から。

注释:云在天上,泥在地上,天地之间有着相当大的差距。

白居易の詩『傷友』に、「今日長安の道、対面雲泥を隔つ」とあるのに基づく。

白居易的诗《伤友》道“今日长安道,对面隔云泥。”

「雲泥の違い」ともいう。

也称作「雲泥の違い」。

【出典】白居易・詩『傷友』

出处:白居易 《伤友》

【類義】雲泥万里/烏と鷺/月とすっぽん/天と地/鍋蓋とすっぽん

同义词:云泥万里/鸟和鹭/月亮和甲鱼/天和地/锅盖和甲鱼

【用例】「同じ兄弟なのに、兄と弟の運動神経には雲泥の差がある」

例句:虽然是两兄弟,但是他们的运动神经还真是云泥之差呢。

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

日本谚语:一衣帯水

日本谚语:磯の鮑の片思い

相关热点: 日语词汇日语俗语词汇主题日本特色

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
1
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP