词义辨析:傷キズ和怪我ケガ的区别
作者:忘川译|来源:chigai-allguide|2017年07月03日 06:15
  • 双语
  • 中文
  • 日语

皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と怪我の違いは損傷部分の大きさと言われることもあるが、傷と怪我にそのような区別はない。

只是伤到皮肤这种小小的损伤称之为“傷”,牵扯到骨头、肌肉等比较大损伤称为“怪我”,我们经常说认为“傷”和“怪我”的区别就在于损伤部分的大小,其实“傷”和“怪我”并没有这方面的区别。

傷は、皮膚や肉が切れたり破れたりすること。その部分をいう。

傷是指皮肤、肉体被割破。是指被割破的部分。

また、皮膚や肉に限らず、精神的な痛手、物の表面の裂け目や欠けた部分、欠点、不名誉の意味でも用いられる。

并且,它的用法也不仅仅局限于皮肤或肉体,还用来形容精神上的创伤、物体表面的裂痕或欠缺的部分、缺点、名誉不佳等。

怪我は、傷を負うこと。その傷を意味する。

怪我是指负伤这件事情。表示受到了“损伤”。

体の損傷という意味では、傷も怪我も大きな違いがないように思えるが、語源から考えると違いがわかる。

从身体受伤这层意义上来讲,可以认为“傷”和“怪我”没有太大区别,不过从语源上考究就能明白其中差别。

傷は「切る」「刻む」などから転じたと考えられており、負傷することや、負傷した箇所を直接的に表した言葉である。

“傷”被认为是由“切る”“刻む”等词语变换而来的,是一个用于直接表达负伤这件事情或是负伤部位的词语。

怪我は「穢る(けがる)」「穢れる(けがれる)」の語幹からと考えられ、「過失」「思わぬ事態」「不測の結果」が本来の意味。

怪我被认为是由“穢る(けがる)”“穢れる(けがれる)”的语干演变而来的,其本来的意思是“过失”、“意想不到的事态”、“不测的结果”。

そこから、「過って傷を負うこと」「思いがけず傷つくこと」を意味するようになったもので、傷を負う過程を含んでいるのが「怪我」である。

从本意演变成了表示“犯了过错负伤”、“意想不到的负伤”等。“怪我”还包含了受伤的过程。

「傷口」や「傷跡」など、損傷した箇所を表す際は「傷」が多く使われ、「怪我をする」など、傷を負うことを表す際に「怪我」が多く使われるのも、傷が直接的な表現で、怪我が傷を負うまでの過程を含んでいるためである。

当表示受伤的地方常常会用“傷口”“傷跡”等,带有“傷”的词汇比较多,一般不用“怪我をする”。当表示受伤的时候常常使用“怪我”,傷为最直接的表达,怪我则还包含着负伤的过程。

怪我から「過って」「思わず」の意味が薄れ、「傷」と同じ意味で使われるようになったため、勘違いされていることもあるが、「怪我の功名」や「下手に手を出と怪我をする」などと言う時の「怪我」は、「傷」ではなく「過ち」や「不測の結果」という意味からである。

怪我含有些许的“过错”“意想不到”的意味,由于也会被用于和“傷”相同意义的地方,造成大家搞混弄错,主要注意的是:当说“侥幸成功”、“搞不好的话,会受伤的”时,用的是“怪我”而不是“傷”,正是因为“怪我”有“歪打正着”、“无法预测的结果”这层含义。

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

「有る」「在る」和「或る」的区别

词汇辨析:有参加之意的五种表达

相关热点: 日语词汇实用词汇主题日语学习日本历史

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
1
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP