「星の子」完成報告イベントが9月3日に東京・恵比寿ガーデンルームで開催され、キャストの芦田愛菜、永瀬正敏、原田知世、監督の大森立嗣が登壇した。今村夏子の同名小説をもとにした本作は、怪しい宗教を信じる両親に育てられた少女ちひろの葛藤を描く物語。芦田がちひろ、永瀬と原田がちひろの両親に扮した。

9月3日,电影《星之子》完成发布会在东京・恵比寿花园广场举办,出演者芦田爱菜、永濑正敏、原田知世以及大森立嗣导演到场出席。这部电影改编自今村夏子的同名小说,故事将描绘被信仰奇怪宗教的父母养育成人的少女千寻内心的纠葛。芦田爱菜饰演千寻,永濑正敏和原田知世饰演千寻的父母。


“信じる”という本作のテーマを尋ねられた芦田。「『信じます』ってよく聞く言葉ですけど、それはその人ではなくて、自分が理想とする人物像に期待していることなのかもしれないと考えたんです。だからこそ人は『裏切られた』と感じたりもするけれど、その人の見えなかった部分が見えただけだと受け止められる揺るがない自分がいることが“信じる”ということなのかなと思いました」と真摯に考えを述べる。

发布会上,芦田爱菜被问及对于电影主题“相信”有什么看法,她非常认真地表达出了自己的见解“‘相信’是人们常会听到的一个词,我认为说出这句话的人并不是相信着对方本身,只是相信着自己理想中的那个形象,对TA抱有期待,所以人们才会说‘被背叛了’、‘明明很期待’,但这并不是那个人背叛了谁,人们只是看到了自己未曾注意的部分,而这时能抱着‘这也是TA啊’的想法并毫不动摇地去接纳对方的信念才是相信”。

「星の子」は10月9日より全国でロードショー。

《星之子》将于10月9日起在日本全国上映。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:芦田爱菜成长史:从“国民女儿”到“最不想看到的明星”再到如今