「駄目」竟是围棋术语!
作者:小树译|来源:雑学NOW!!|2010年07月12日 06:00
  • 双语
  • 中文
  • 日语

「駄目」ってなに?
「駄目」是什么?

これは碁の用語からきている。碁は領地争いなので碁盤の目を多く取った方が勝ちだが、対戦を進めていくと自分側にも相手側にも属さない無駄な目ができてくる。これを碁の用語では「駄目」という。これから、無駄なことや、悪い結果になることを「駄目」というようになったのである。

这个词来自围棋术语。围棋是互争地盘的游戏,在棋盘上取得的目更多的一方获胜,但随着对战的进行,会产生一些既不属于自己也不属于对方的没有用的目。用围棋术语来说就叫「駄目」。由此「駄目」被用来形容徒劳,或结果不好。

「土壇場」ってどこ?
「土壇場」是哪里?

もうあとがないぎりぎりの状況のことを「土壇場」というが、この言葉はどこからきたのか。それは、江戸時代の処刑場からきている。死罪となった罪人の処刑を行うとき、地面に盛り土をして、その上で罪人の首を斬った。この盛り土を「土壇」といい、その場所を「土壇場」と呼んだ。これから、逃げ場のない極限の状況を「土壇場」というようになったのだ。

「土壇場」形容最后关头,这个词是从哪儿来的呢?它由来于江户时代的刑场。被判死刑的罪人行刑的时候,会在地面上堆起土堆,在上面斩下罪人的头颅。这土堆就叫「土壇」,土堆所在的地方就叫做「土壇場」。由此,「土壇場」就被用来形容无处可逃的极限情况。

「内緒」は仏教用語?
「内緒」是佛教用语?

秘密にするという意味で使われる「内緒」、もともとは仏教用語で本来は「内証」と書く。仏教用語の「自内証」が詰まって「内証」となった。自分の心の内に真理を悟ることを意味する。この「内証」は、そう簡単に得られるものではない。それで、他人からはわからない内々の秘密のことを「内緒」というようになったのだ。

「内緒」是保密的意思,原本是佛教术语,写作「内証」。「内証」由佛教术语「自内証」简缩而来。意思是在自己的内心悟出真理。这「内証」不是那么简单就能得来的。因此就把别人不知道的秘密叫做「内緒」了。

「だらしがない」のだらしって?
「だらしがない」中的「だらし」是?

もともとは「しだらがない」がいつの間にかひっくり返って使われるようになった言葉だ。「しだら」とは邦楽の手拍子のことで、「しだらがない」とは調子が乱れることを意味していた。これから、乱雑な様子や規律のないさまをこういうようになり、江戸時代に順序をかえて「だらしがない」というようになったのである。

本来是「しだらがない」,不知什么时候被反过来说了。「しだら」指的是日本传统音乐中打的拍子,「しだらがない」本来的意思就是拍子乱掉的意思。后来也用来形容杂乱而没有规律的样子,在江户时代变了顺序就成了「だらしがない」。

「埒(らち)があかない」の「埒」って?
「埒(らち)があかない」中的「埒」是?

ものごとが前に進まず、はかどらないことを「埒があかない」という。この「埒」とは本来は馬場の周囲の柵のことを意味する。奈良時代、春日大社の祭礼では、前夜に神輿(みこし)の周りに埒をつくり、翌朝、能楽の金春太夫(こんばるだゆう)が一人で中に入り祝詞(のりと)を読むならわしがあった。この儀式が終わらないと、祭礼の参加者でも柵の中には入れず、祭礼も先へ進行できなかった。このことから、ものごとがちっともはかどらないことを「埒があかない」というようになったのである。

「埒があかない」的意思是事情没有进展。这个「埒」本来的意思是马场周围的栅栏。奈良时代的春日大社有这样的习俗:祭礼的前一天晚上会在神轿周围竖起栅栏,翌日清晨能乐表演者今春太夫一个人进去诵读祭文。如果这项仪式不结束,祭礼的参加者也不能进到栅栏中,祭礼也就不能继续。由此,「埒があかない」就被用来形容事情没有任何进展。


想了解更多日本文化吗?快来学日语吧!

相关热点: 日语词汇日语单词文化主题二宫和也

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
19
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP