能力考复习必备:菜菜N2读解(116)
作者:presea|来源:沪江部落|2014年02月08日 06:00

次の文章を読んで、後の問いに答えなさい。

「人間にとっていちばん大切なものは?」と寻ねれば、多くの人が生命だと答えるでしょう。それでは、その次に大事なものは、いったい何でしょうか。昔の人のことばに「一眼二足」というのがあります。まず目が大切、足がこれに次ぐという意味ですが、これはあくまで体のこと。( ① )、人間が人間らしく生きるのに、もっとも大きな働きをするのは、ことばではないでしょうか。

人は、ことばを使いこなすことによって、動物がもたない「文化」を築いてきました。人が動物と異なるのは、ことば、火、道具の三つを使うからだと言われますが、なかでも、ことばはもっとも大きなものと言えるでしょう。「人間は考えるである」と言われますが、その前に、まず、「ことばを用いる葦である」と言うことができるはずです。けれども私たち日本人は、歌をつくったり詠んだりするなかで、独自のことば文化を生み出してはきましたが、②自分のことばをはっきりと意識し、それに誇りをもつことは、ほとんどありませんでした。長い(注1)鎖国の間、よその国の人との接触がなく、したがって外国語に接する機会もなく、母語だけの世界で生きてきたためとも言えるでしょう。

「ことば」というと、英語をはじめ、外国語を思い浮かべがちですが、私たち日本人にとっての「ことば」とは、言うまでもなく「日本語」です。さまぎまな国の人々やことばが入り込み、日本の文化のなかに定着を始めている今、私たちはまず、( ③ )を改めて「ことば」として意識することが必要なのではないでしょうか。

人は、この世に生まれたその瞬間から、ことばのなかで生きていかなくてはなりません。④一人前の人間になるための第一歩は言葉の習得から始まります。つまり、こどもを育てるには、何よりもまず、言葉を教えなくてはいけないということです。  

こどもにとって、生まれてはじめてのことばは、母親のことばです。母親は、こどもにとってはじめてのことばの先生です。母親は、ただ、( ⑤ )だけでよいのです。生まれたらなるべく早く、その日のうちに、母親の声を聞かせるがの望ましいと言われています。しかし、その先生が、もしもことばをきちんと話さなければどうなるでしょうか。きちんとした日本語が話せないとしたらどうなるでしょうか。人間のことばの文化が、世代を越えて伝わらないことになってしまいます。これは、たいへんなことです。  

このはじめのことばのことを、私は「母乳語」と呼んでいます。赤ん坊が母乳だけで、体がどんどん成長していくのと同じように、こどもの内面は、母乳語だけで育ってい きます。母乳が体の(注2)糧なら、母乳語は心の糧というわけです。母親のことばだけで、こどもの心はどんどん発達していきます。

(外山滋比古『わが子に伝える「絶対語感」』(飛鳥新社)より)

(注1)鎖国(さこく):外国との通商•交易を禁止すること。  
(注2)糧(かて):食糧。活動の元になる力。

問1 ( ① )に入る適当な語はどれか。

1 もちろん            2 むしろ  
3 ついに             4 じつは

問2 ②「自分のことばをはっきりと意識し、それに誇りをもつことは、ほとんどありませんでした」とあるが、筆者は何が原因だと考えているか。
1 母親がきちんとしたことばを話せなくなったから。  
2 日本語にはさまざまな国の言葉が入り込んでいるから。  
3 日本人はもともと言葉を大切にする気持ちが弱いから。  
4 鎖国のため、長い間ほかの国の人やその言語との接触がなかったから。

問3 ( ③ )に入る適当な語はどれか。  
1 日本語             2 英語  
3 外国語             4 母乳語

問4 ④「一人前の人間になるための第一歩は言葉の習得から始まります」とあるが、それはなぜか。  
1 こどもの心はことばによって成長していくものだから。  
2 人が動物と異なるのは、ことば、火、道具の三つを使うことだから。  
3 人間が生きていく上で、最も大切なのはことばだから。  
4 人間はことばを使って考える動物だから。

問5 ( ⑤ )に入る適当な文はどれか。  
1 赤ん坊にことばを伝える。 
2 赤ん坊にことばを聞かせる。 
3 赤ん坊の侧にいてやる。
4 赤ん坊を大切に育てる。

問6 本文の内容と合っているのはどれか。
 1 こどもを育てたり教育するのは、人間だけに与えられた能力である。  
2 きちんとした日本語が話せなければ、外国語を習得することもできない。  
3 こどもにことばを教えるには、まず親がきちんとした日本語を話せなければならない。 4 赤ちゃんへのことばの教育は、焦らないでゆっくりやる方がいい。

正解:241123
解説:
問1:副詞の問題。ここでは「目も足も大切、しかし、どちらかといえば~の方が~」とつながっている。
問2:すぐ後ろの文に理由が書いてある。一般に論述文は、意見ー理由ー例示と進むことを知っておくと読解にも便利。
問3:「外国語」との対比で、「日本語」が自然となる。
問4:「一人前の人間になるため」とあるので、こどもの成長に焦点がある。2~4は人一般について触れた内容なので、論点がずれている。
問5:こどもにことばを教えるときどうすればいいか。後ろに続いている文の内容から、何は一番適切か考える。なお、1の「ことばを伝える」はことばを教える方法を述べていない。3、4はことばを教えることと直接関係していない。
問6:筆者は「生まれたらなるべく早く」と述べているので、4は明らかな間違い。1、2は内容の本文中のどこにも触れられていない。

喜欢这个节目吗?欢迎订阅。

能力考N2学习站>>        沪江论坛N2版>>

日语能力考试历年真题汇总

相关热点: 日语语法大全菜菜日语主题日语语法跟小丸子学基础口语

13
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢
 
发表评论
2个人发表评论
发表评论
文明评论 理性发言
最新评论
加载更多评论

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP