日语论文范文:日本的“家里蹲”——青少年犯罪现象及对策
来源:网络|2013年03月19日 06:00

本文为网友原创,仅供参考,如有错误欢迎指正。

日本の引き籠りについて

目録
要旨 
摘要
はじめに
1. 引き籠りの定義
1.1引き籠りの起源
1.2引き籠りの定義
1.3引き籠りの特徴
2. 日本引き籠りの現状
2.1日本引き籠りの由来
2.2日本引き籠りの現状
2.3日本引き籠りの危害
3. 日本引き籠りの原因
3.1社会の面
3.2家庭の面
3.3学校の面
終りに
注釈
参考文献
謝辞

要旨

引き籠りという言葉は新鮮ではない、今や、日本では引き籠りの問題は深刻になる一方である。日本の引き籠りから日本人の面々を知ることができる。本論では、先ず、日本青少年引き籠りの起源、それに現状を述べる。次に、いくつかの例を上げて、その原因を探り、引き籠りから見る現在の日本人がいろんな問題を面することを考える。そして、引き籠りは日本と日本人の生活にどのような影響をもたらすのかを指摘する。最後に、引き籠りに対する、日本はどのような対策を取るのか、そして、隣国として我が国は引き籠りが日本のようにならないうちに、どのような措置を取ればいいのかを探り、さらに引き籠りについて自分の考えを述べる。

キーワード:引き籠り;青少年;教育;犯罪;対策

はじめに

『かわいい』の美学とか、COSPLYの流行るとか、Lolitaを溺れるとか、電車男に至るまで、日本多彩の文化がアジアだけではなく、世界中に大きな影響を与えている。それに、人々の生活の隅々まで影響している、一方、日本多彩多様の文化を楽しみながらも、マイナスの問題も生じつつある。ここ数十年来、日本経済緩慢な進みにおいて、いつのまにか、お宅族や暴走族、単身寄生族などの新た人間族は現している。
『引き籠り』もその中の一つである、それに、今や『引き籠り』の問題は深刻になる一方である。
本研究では、今日本青少年の引き籠り現状、お宅族との比較を通して、その原因、そして、社会に与える影響、それに対して対策の一面を探ってみたいと思う。
一方、日本と中国は二千年にわたる緊密な文化交流と友好往来の長い伝統を持つことで、文化の面にしても、生活の面にしても、お互いに影響してある。だから、目覚ましい経済成長するとともに、インターネットの普及する中で、我が国は日本文化に対して、どのような態度をとるべきか、そして、引き籠りは日本だけの問題ではない、我が国でも少数の引き籠りが始まることを、我が国はどのようにすべきかを考える良いきっかけとなると思う。 

1. 引き籠りの定義

1.1 引き籠りの起源
もともと「引きこもり」という言葉は、公職に就いていない、または官職を辞した状態を意味していた。例えば、吉川幸次郎『宋詩概説』に「弾劾されて失脚し、遠く江蘇の蘇州に、別荘を買って『蹌浪亭』と名づけたのにひきこもり」という用例や(岩波文庫版P124、初出1962年)、横山光輝の『三国志』(希望コミックス版24巻、潮出版社、1981年)にも(諸葛亮の台詞として)「これは隆中にひきこもっているころ聞いたのですが」といった用例がある。この項目で述べる「引きこもり」の用法が生まれたのは平成年間以降である。最近のインターネットスラングでは"ヒッキー" あるいは "自宅警備員" などと表現されることもある。一部で差別用語的に用いる人もいる。①

1.2 引き籠りの定義
一般的に、引き籠りの特徴は長い間に家にいるまま外となかなか接触せぬであり、ひとりでインターネットをしたり、テレビを見たり、本を読んだり、ゲームをしたりして複雑な人間関係を避けるために仕事をしないまま、以前の貯金や両親によって生きていることである。
国立精神・神経センター精神保健研究所社会復帰部の定義によると、引き籠りは様々な要因によって社会的な参加の場面がせばまり、就労や就学などの自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状態。②

1.3 引き籠りの特徴
引き籠りは複雑な問題である。引き籠りは家にいるまま、一日中大部分の時間は自分の部屋にこもって、寝てはゲームをして、ゲームをしては寝るという昼夜が逆転して生活している。引き籠りは他者や社会との関係をうまく築くことができない、それに、自信がない、自身の社会価値が分らない、消極的に社会生活を避ける。一般的に、引き籠りはインターネットに強く頼り、インターネットでゲームをするのが一日に欠けない内容である。
引きこもりは、単一の疾患や障害の概念ではない、そして実態も多彩であり、その原因も様々であり、程度が人によって異なり、とはいえ、学校や社会に通うことは困難な場合が多いとされる。
引き籠りの長期化と高齢化は日本引き籠りの典型的な特徴である。従来引きこもりは若者の問題であると考えられており、不登校問題と同一視されてきた経緯から、支援対象者は10代から20代を想定した場合がほとんどであった。しかし近年では引きこもりの長期化や、社会に出た後に引きこもりになってしまうケースなどにより、30代、40代の年齢層が増大している。日本引き籠りKHJ親の会③2009年に発表した調査によると、引き籠りの平均時間は8年以上、最長のは40年までになる。そして、引き籠り者の平均年齢と引き籠りが始まる年齢が増える嫌いがある。2002-2009年引き籠りの平均年齢は26.6歳、27.6歳、28.1歳、29.5歳、29.6歳、30.1歳、30.2歳で。2004-2009年引き籠りを始まる平均年齢は20.5歳、20.5歳、20.9歳、21.1歳、21.2歳、21.2歳④であることが分かる。
その他に、引き籠りは男性が大部分であり、それに男性の大部分が両親と同居している。日本KHJ親の会2007-2009年に発表した調査によると、引き籠り者の中で男性の割合は81.3%、82.1%、80.0%、全部は80%以上になって、両親と同居する者の割合は91.5%、87.9%、85.9%⑤になる。NHK福祉ネットワーク⑥によると、男女比は調査によって区々で、NHKのネットアンケートによると54:46、「社会的ひきこもり」に関する相談・援助状況実態調査報告によると男性が76.4%、殆どの調査報告において男性は6~8割の割合で女性より多く存在する。⑦ 

2. 日本引き籠りの現状

2.1 日本引き籠りの由来
人が豊かさを求めることは、当然の欲求である。20世紀は工業発展の歴史であり、企業中心の社会であるとの認識から、企業が、生産性を高めて行く事が、社会生活の便益と豊かさを実現する事に繋がり、企業が競争にも打ち勝てると信じてきた。
20世紀を振り返る中で、引きこもりの問題を捉えて見ると、親達の価値観に大きな影響を与えたと思える日本に先行するアメリカ社会と企業経営システムと子供達の人格形成,精神的自立に大きな影響を与えると思う。
そのほか、日本の引き籠りは不登校や学校いじめ、学校暴力など青少年問題と深く繋がっている。1986年にある学校二年生の男は学校いじめで自殺してしまった、それとともに、不登校の学生が日々に急速増えて来た。1990に、青少年の引き籠り問題が初めて新聞に現れた、しかし、新聞には青少年不登校を重んじて、引き籠りが一つ不登校の結果にすぎないと指摘された。1997年2月、朝日新聞が連続的に六刊の引き籠りの問題に対して「人間と生活¬―青少年の引き籠り」というテーマで報道した。2000年前後、引き籠りに関してたくさん犯罪事件が起こったことで、引き籠り問題はやっと重視されて注目を集めた。

2.2 日本引き籠りの現状
日本には、引き籠りの数はまだ詳細なデータがない、なぜなら、一つは引き籠り問題自身の隠密性と敏感性であるところ、引き籠りの本人や家族にとって、引き籠りが恥ずかしいと思う、そのほか、引き籠りに対して学界がまだ正確な定義を取られないことで、客観的に人数の統計を行うことができない。
だから、いま、報道された引き籠りの人数は推計された数である。NHK福祉ネットワークによると、2005年度の引きこもりは160万人以上。稀に外出する程度のケースまで含めると300万人以上存在する。全国引きこもりKHJ親の会の推計でも同様である。男女比は調査によって区々で、NHKのネットアンケートによると54:46、「社会的ひきこもり」に関する相談・援助状況実態調査報告によると男性が76.4%、殆どの調査報告において男性は6〜8割の割合で女性より多く存在する。その内インターネットを利用しているのは10%程度で、「テレビゲームをしたり、部屋の中を歩き回ったり、ビールや焼酎を飲んだり、中には何週間もの間ずっと何もしない者もいる」という例が挙げられている。それに、日本引き籠りが30~40代に広がっている、内閣府が行った調査によると、その63%が30代だった。とりあえず、ひきこもりの現象は社会問題としての大きさが推測できるだろう。

2.3 日本引き籠りの危害
引きこもりとは消極的な生き方、現実を逃げる生き方で、青少年が長期に引き籠りするのは悪い影響をもたらしている。
まず、引き籠り者が独立できず、労働力不足の情況がもっと深刻になる。長い間に社会と隔絶のせいで、今の就職情況のきびしさに加えって、引き籠り者は就職がとても難しい。一方、日本社会の高齢少子化問題が深刻になる、労働力がかなり不足の情況のうえで、引き籠り者が増えるので、日本の労働力不足問題は深刻になる一方である。
引きこもりになったきっかけは、就労経験不足や「就職氷河期」と呼ばれる状況の中で、望んでいた仕事に就けなかったというのが多い。こうしたひきこもりの人たちが社会復帰を望んでも、履歴書の空白や社会経験の不足で就職は難しい。そして、いよいよ深刻となっているのは、彼らを支える親の高齢化である。年金暮らしの親は、 引きこもりの子供の面倒をもはや見られなくなってきている。
もう一つは、引き籠り者の精神的な圧力が大きくて、精神異常になりやすい。引き籠りの青少年は暗くて辛くてたまらない。長期の引き籠りで、青少年が学校に入る、社会と接触したりする機会を失う。それに従って、精神圧力もだんだん多くなる。彼らはいつも「自分が死んでも、だれも悲しくない」「自分が生きるところがない」と思っている。引きこもり者は睡眠障害、恐怖症性、不安障害、強迫神経症、家庭暴力になりやすい。それに、悪性犯罪事件がしきりに起こっている。長期の引き籠りの青少年は暴力傾向があり、家族に暴力するばかりでなく社会犯罪もする。たとえば、2000年の京都事件、新潟事件と佐賀事件の犯人は全部引きこもりの経験がある人である。 

3. 日本引き籠りの原因
人がなぜひきこもるのかは、究極的にはわからない、百人百様の理由があるといえる。いじめや虐待といったひとつの要因だけで長期のひきこもりが起きるケースはむしろそれほど多くなく、本人自身もはっきりと理由を言えない場合もしばしばある。
原因として思い当たることは探していけばいくつも見つかるかもしれないが、それが決定的な原因かどうかはたいていの場合よく分からないのである。ひきこもりは社会状況の影響なども含めたさまざまなレベルの問題が、複合的にからみあって起きているといえるだろう。
日本厚生省2003年に発表した「10-30青少年引きこもり問題の方についての地方精神保健方針」によると、引き籠り問題が起こったのは学校のいじめ、家族関係、健康問題の中の一つ原因ではなく、これはとても複雑な問題である。社会だけでなく、家庭と学校教育などさまざまな原因があると思う。

3.1 社会の面
青少年引きこもりは豊な社会の産物である。1950年以後、特に1960年から1970年にかけて、日本の経済は非常に目覚ましい発展を遂げ、国民所得は倍増を繰り返していた。20世紀70、80年代、日本は世界経済の支配者になった。親が懸命に経済を発展させた中、子供には生まれた時から豊かな生活を与えていた。経済発展がお金をもたらす一方、豊かな生活で小さいころ楽主義や消費主義など習慣を養っていた、そして、悪習もたくさん出てきた。たとえば、学校いじめ、不登校、家庭暴力などの問題が深刻になる一方である。
引きこもりの青年の親の世代は、戦後日本の目覚ましい経済の成長支えてきた世代である。この親たちは、子供時代には貧乏を経験し、青年期•成年期に経済成長を経験し、その生活は急速に豊かになった。この親は決し手大金持ちではなく、経済的にごく中流層である。それども自分たちの貧しかった子供時代とは違って、なんとか老夫婦と30代の子供が食べていけるだけの収入を得ることができる。戦前までの日本は、年老いた両親を成人した子が扶養することが当然であった。しかし、急激な経済発展の結果、この常識が逆転した。つまり、貧乏を経験した親世代が、自分の生活を切詰めて、貧乏を知らない子世代を扶養しているのである。日本急激経済発展と年金制度、中流層の親世代の経済的なある程度の力、これらが親にも子供にも引きこもりを許容する心理的な背景作っているもののだと考えられる。
そして、日本バブル崩壊した後で、ニートやフリーターなど仕事をせずに両親に頼るという生き方は青少年の中ではやるようになった。日本青少年研究所は中日韓三国の高校生を対象としての調査によって、今の日本の高校生はとても消極的で、社会責任を避けようという考え方は強い。もっとも高校生の心理を表す問題についての答えは「責任は重くなる、自分の時間は失う、強くなると他人に頭を下げなければならない」などである。強くなりたいと思う高校生はただ8%にすぎない。それに対して、中国と韓国はそれぞれ22%、34%⑧である。

3.2 家庭の面
引きこもりは親の階層、家庭構造、親の養育態度や家庭における困難な経験したなど深く繋がっている。高学歴の両親いる家庭で、それよりも低い学歴を持つ家庭よりも多く発生していた。日本の家庭はだんだん核家族になっている。子供が少ない、だから子供が溺愛されすぎて、自分の部屋があるので、いつも部屋に籠って好きなことをするばかりで、家族とはなかなか交流しない。しかし青春期の子供にはたくさんの心理問題があるので、心理的な圧力が解消できないと、自分をこもって、他人と付き合わなくなりやすい。
日本家庭教育は勉強を中心にして、親は子供の付き合い能力、性格の養う、心理の健康などは家庭教育ではないと思っている。このような家庭教育は青少年の人格、道徳に悪い影響を与えいる。家庭環境もとても重要な要素である。大部分の引き籠りの家庭には父親が子供を無視して母親が子供を甘える、家庭暴力の傾向がある、成績大重視過ぎる、夫婦関係がよくない、よくけんかするという情況がある。
父親不在、社会規範を教えるものとして父親的役割の低下。現在日本では、古来の家父長制による強くて怖い父親像は失われたと言われている。親自身は物分りのよい、友達のようになろうとする傾向があり、親と子の境界があいまいになってきている。
また、経済成長の中、父親は外で働くこと忙しく、家庭に注ぐエネルギーや意識は薄れてきている。こうして日本全体で家庭中の父親像が大きく変化した、心理的な意味での「父親」の存在は、子が社会化し自立の課題を果たすために欠かせないものだと考えられる。引きこもり青年が、自立し社会に出ることできないのが、社会における「父の機能」が弱くなていることにも関係していると思われる。

3.3 学校の面
日本は学歴社会で、学歴が高いほど、身分や社会地位が高くなる。だから日本の受験競争はきびしい。それにつれて、一部分の学生は夢を実現できず、心の圧力は重くなる。不登校の学生がたくさん出てきた。精神科医の斎藤環氏が、1989年に「社会的ひきこもり」にあたる患者80例の患者を調べたところ、不登校経験者は86%近くと、かなりの高率を示した。不登校を経験した後、社会再参加の機会をキャッチすることが難しく、自宅での生活が長期化したケースが多い、ということは言えるだろう。人生の中で、積極的に社会生活に参加するのは必要である。だから青少年は学校で勉強すべきである。しかし、学校いじめ、受験競争など教育問題のせいで、学校に行くのが嫌だと思っている子供もたくさん出てきました。日本の精神科医者「斉藤環」の調査によると、90%の引き籠り者は学校を拒絶した経験があり⑨、後の生活で社会活動に参加せずに、段々引き籠りになるそうである。
そのほか、、漫画、ゲーム、インターネットなどの影響も原因となると思われる。引きこもり者はインターネット、ゲームなどに溺れる。日本の文化産業とインターネットがとても発達で、2009年、日本のインターネット普及率は73.8%になった⑩インターネットの普及した反面、たくさん社会問題を起こった。多くの青少年はインターネットをに夢中になって、他人と交流したくない、働きたくない、就職意識が未熟、自信がなくなっている。

終りに
日本は引きこもりが深刻になる一方、政府や社会、学校などが積極的に対策を進んでいる。1991年に、日本厚生省は「引きこもり•不登校の学生に対する福祉対策」を実施した、児童精神保健所からの大学生が派遣されて、引きこもりの家庭に入って心理的な補助してあげた。その外、社会各界もいろんな民間組織を成立し、引きこもりの家庭に支持や援助を提供している。たとえば、1999年12月に奥山雅久をはじめ、引きこもり家庭からなるKHJ家庭連合会は日本最大の引きこもりの民間組織であり、日本には59個支部と分会、数万の引きこもり家庭を含んでいる、KHJ家庭連合会主な機能は引きこもり家庭に精神的の援助したり、引きこもりの援助活動を推進したり、たとえば、国会や厚生労働省、文部科学省など政府関連機関に引きこもりの援助や支持を呼んでいる、それに、2002年から毎年引きこもりの実況調査を行っている、今年まで八回目になったことである。学校の面、できれば早く引きこもりを発見し、前期に心理補助をしたり、なるべく引きこもり者の不安や恐さを最小限に減める。それに、病院の面は積極的に引きこもりの原因や治療方法などに力を入れている。
しかし、社会各界の措置は適当な効果があるけれど、引き籠り者問題の隠蔽性と敏感性のせいで、あまり効果がなかった。「ひきこもり」とは、特定の病気や障害ではなく、「状態」をさす言葉であり、「ひきこもり」の人の多くは、強い不安やかっとうを抱えている場合があり、ひきこもっている本人だけではなく、家族にも助けが必要である。今や、日本では引き籠りは一部分の青少年の生活方式になった。中国と日本は二千年にわたる緊密な文化交流と友好往来の長い伝統を持つことで、文化の面にしても、生活の面にしても、お互いに影響してある。引き籠りは病ではないといえども、そのままにすれば、よくならない。中国では引き籠りはそんな規模になっていないが,重視すべきである。どうしたらいいかは、家庭でも、学校でも、社会でも、まじめに考えるすべきことである。我が国は引きこもりが日本のように深刻にならないうちに、一番重要なのは予防することである。家族は常に子供と交流したり、子供を自分の部屋に籠らせないをしたりすべきであり、学校はできるだけ早く発見したり、不安感を緩解したり、課外活動を推進したりすべきであり、政府は日本の引きこもり実況をよく分かり、各面の宣伝を通して引きこもりの実況や原因、不良な影響など中国国民に伝えたり、国民の重視を叫んだり、積極的に予防対策を取ったりすべきであると考えられる。 

注釈
① 该定义来源于维基百科http://zh.wikipedia.com
② 10代・20代を中心とした「ひきこもり」をめぐる地域精神保健活動のガイドライン -精神保健福祉センター・保健所・市町村でどのように対応するか・援助するか- 平成15年7月28日 より
③ 中文为日本KHJ家庭联合会,全称为NPO法人全国蛰居者KHJ家庭联合会,KHJ是强迫神经障碍,被迫害妄想症,人格障碍的日文罗马拼音的第一个字母。该组织由奥山雅久发起的,由蛰居者家庭组成的全国性组织。
④⑤ 日本KHJ家庭联合会,关于蛰居的实况调查书。
⑥ NHK是日本引き籠り的缩写
⑦ マイケル・ジーレンジガー『ひきこもりの国』河野純治・訳、光文社、2007年
⑧ 王英斌 日本高中生对未来人生态度消极保守【J】,世界文化
⑨ 【日】狄野达史等编著,对日本蛰居的社会研究
⑩ 数据来自http://it.china-b.com/wljs/zxdt/20090714/118616_1.html 

参考文献

日本語参考書
1、「ひきこもり救出マニュアル」    PHP研究所(2002)         
2、「不登校の真実」           きんのくわがた社刊
3、「NHKにようこそ!」          角川書店  
4、「ひきこもり ~心の叫び 家族のきずな~」      埼玉新聞社
5、「電車男」

中国語参考書
1、《整形日本》 山东人民出版社
2、《遮住太阳》  
3、《未来50年大趋势:我们将身处一个怎样的世界》  京华出版社
4、《从不与他人交往——日本青年的蛰居族》 千年报
5.《蛰居的日本异类少年》  海外文摘2005年第3期

謝辞
論文作成中、彭先生から多くのご意見をいただき感謝いたします。
私の視野が狭く、発想力も、分析能力も不十分のため論文には欠点が多くあるかもしれませんが、お許しいただき、受理のほどよろしくお願いいたします。
論文を書くに当たって、藤原先生にはいろいろな資料と熱心なご指導をいただいました。どうもありがとうございました。心より感謝申し上げます。

点击右上角应用栏中“贡献翻译稿”,试试自己的实力吧!

相关热点: 商务日语日语论文写作主题N3语法

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
18
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP