日语论文范文:80年代日本企业的海外发展
来源:网络|2013年07月01日 06:00

本文为网友原创,仅供参考,如有错误欢迎指正。

80年代の日本企業の海外進出
―三菱商事を例として―

目次

一、 はじめに
二、 日本の多国籍企業の紹介
1、 日本の多国籍企業の成立
2、 日本の多国籍企業の特徴、発展
三、 日本の海外進出
1、 対外進出の発展過程
2、 対外進出がアメリカ中心に
四、 三菱商事の海外進出
1、 三菱商事の紹介
2、 アメリカを中心にする背景
3、 三菱商事を例として
五、 終わりに

参考文献

要旨

第二次世界大戦後の世界経済見渡すと、日本がその低レベルから高度繁栄への素早い経済発展スピードで、世界から注目された。経済のグローバリズムと共に、日本も積極的に全面的な海外進出をしてきた。特に20世紀80年代以来、日本企業の海外進出が新たな段階を迎えてきて、「アメリカを中心に」も一つの特徴であった。三菱商事は十分に日本企業を代表できる三菱グループの中核であり、いつも日本経済発展の先端に立っている。これからは私は三菱商事を例として、80年代の日本企業の海外進出を紹介する。他国を手本にして、我が国の経済の更なる発展に役に立つことになれる。
本論文は三つの段落で紹介する。一、日本の多国籍企業の紹介。海外進出の主体として、多国籍企業が重要な役割を演じている。この部分は日本の多国籍企業の成立と特徴と発展を紹介する。二、日本の海外進出。この部分は日本企業が戦後の海外進出の過程と特徴を紹介する。三、三菱商事の海外進出。このぶぶんは主に三菱商事を例として、80年代日本企業がアメリカでの発展の背景や条件や業績などを紹介する。最後にコメントをする。

 キーワード:海外進出 多国籍企業 アメリカ中心 三菱商事

摘要

纵观第二次世界大战之后的全球经济发展,日本以其由低起点到高度繁荣的飞速发展,得到了全世界人民的高度关注。在经济全球化的背景下,日本也积极地进行了全方面、多角度的海外投资。尤其是20世纪80年代日本企业海外发展迎来一个高潮,并且以美国为中心的政策更是一大特色。三菱商事作为足以代表日本企业的三菱集团的中流砥柱,一直以来都是日本经济发展的风向标。下面我就以三菱商事为例,介绍一下80年代日本企业的海外发展。参照他国,也会对我国经济的进一步发展起到参考作用。
本文共分三个部分进行介绍。一、日本多国籍企业的介绍。作为海外投资发展的载体,多国籍企业扮演了重要的角色。本部分主要介绍日本多国籍企业的成立、特征和发展。二、日本的对外发展。本部分介绍了日本企业在战后对外发展的过程和特点。三、以三菱商事为例。本部分重点以三菱商事为例,介绍了80年代日本企业在美国发展的背景、条件、成就。最后进行评论。

关键词:海外发展 多国籍企业 美国中心 三菱商事

一  はじめに

第二次世界大戦後の世界経済を見渡すと、日本がその低レベルから高度繁栄への素早い経済発展スピードで、世界から注目された。経済のグローバリズムと共に、日本も積極的に全面的な海外進出をしてきた。特に20世紀80年代以来、日本企業の海外進出が新たな段階を迎えてきて、「アメリカを中心に」も一つの特徴であった。三菱商事は十分に日本企業を代表できる三菱グループの中核であり、いつも日本経済発展の先端に立っている。これからは私は三菱商事を例として、80年代の日本企業の海外進出を紹介する。他国を手本にして、我が国の経済の更なる発展に役に立つことになれる。

相关热点: 商务日语日语论文写作主题宫崎骏动漫

下一页
您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
25
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP