笨蛋主义的《架空OL日记》不好看?!
作者:栗子p译|来源:spotlight|2017年05月09日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

バカリズム(41)が原作·脚本·主演を手がけるドラマ『架空OL日記』が4月13日より読売テレビで、15日より日本テレビで放送を開始した。

由笨蛋主义担任原作·编剧·主演的电视剧《架空OL日记》分别在4月13日和15日在读卖电视台和日本电视台开始播出。

女子を散々馬鹿にして笑いをとってきたバカリズムがどのようにOLを皮肉ってくれるのかと期待していた視聴者も多いと思うが、結果は「期待はずれ」との声が多数のようすだ。

本来以为会有很多人期待把女性当成笨蛋来搞笑的笨蛋主义会怎么嘲讽OL,结果很多人却反映“期待落空了”。

原作はバカリズムが2006年から3年の月日をかけ、ネット上にこっそり銀行勤めのOLのフリをして綴っていたブログ。

电视剧改编自笨蛋主义从2006年开始三年间,以假想在银行工作的OL的身份在网上所写的博客。

「女心が分かりすぎている」と評判だった、と公式サイトでは謳っていて、世の中のOLたちが思わず「分かる~!」と唸ってしまうドラマを制作すると意気込んでいた。

原作就被评价“真是太懂女人心了!”,而在官网上也写到“能让世上的OL们看到这部剧之后有“我懂~!”的共鸣,而电视剧也将这些赞赏化为动力投入到了制作之中。

描かれるのは銀行で働くOLの日常。

电视剧所展示的是在银行工作的职业女性的日常。

OL役を演じるバカリズムはスマホのアラーム機能で目覚めると、ダラダラと化粧をして朝ご飯を食べて出かけていく。

笨蛋主义所饰演的OL在早上被手机的铃声叫醒,拖拖拉拉地化妆,吃早饭然后出门。

満員電車に揺られて勤務地の駅に着くと、夏帆(25)演じる同僚のマキと合流。

在爆满人的电车中摇摇晃晃终于到了工作地的车站,然后跟同事真纪(夏帆饰演)在车站会合。

会社へ行く道中で、今までに散々話し尽くした「『どこでもドア』がほしい」という不毛な会話を繰り広げる。

在走去公司的路上,讨论着至今为止无数次重复过的毫无结果的话题“好想要‘任意门’”。

会社の更衣室ではハロゲンヒーターが壊れたことによって同僚仲間みんなとテンションガタ落ち。

因为公司更衣室的暖炉坏了,同事们都感到心情低落。

会社終わりには同僚と共に上司の悪口で盛り上がり――、といった感じだ。

在下班之后和同事一起说上司的坏话——这种感觉。

ある日同僚の小峰(臼田あさ美、32)が新しいハロゲンヒーターを買ってくると、その性能にみんなで大はしゃぎ。

在某一天同事小峰(臼田秋美,32)买了新的暖炉,而且性能还十分好。

小峰を“小峰様”と呼ぶようになり、ヒーターが来た日を記念日に設定して、その日はロールケーキを小峰のいる方角に向かって恵方巻の要領で食べるようになるのだった。

他们纷纷都改口叫小峰为“小峰大人”,然后将暖炉来的日子设定为纪念日,在那一天要像吃惠方卷那样,一起朝着小峰的方向吃蛋糕卷。

おそらくこれがバカリズムの想像するOLの日常なのだろう。

恐怕这就是笨蛋主义想象中的OL日常吧。

しかし視聴者からは「面白さがわからなかった」「物足りなかった」「女同士の日常をただただ見せられてるだけ、途中で寝てしまった」といった不満の声が続出。

但是观众们反映“不知道算不算有趣”“感觉不够有趣”“电视剧只是展示了女同事之间的日常,看着看着中途就睡着了”等这样的不满声音。

あくまでもドラマでありコントではないので笑いを生む必要もないのかもしれないが、何が足りなかったのか。

不过本来电视剧就不是小品并不一定要搞笑,但为什么会觉得不好看呢。

ドラマではオーバーアクションをせず、地味な普通の銀行職員(窓口業務)を淡々と演じている。

在这部电视剧里笨蛋主义并没有过分夸张,只是出演着平凡的银行职员(窗口业务)的生活。

一方で、コントのようにわかりやすく馬鹿にしてはいないにしろ、バカリズムの目にうつる“女子”“女子らしさ”はすごく典型的なそれで、バージョンアップされていない。

另一方面,电视剧并不像小品那样对外形进行夸张处理,在笨蛋主义的眼中“女子”“女人味”是十分典型的东西,因此并没有对形象进行改进。

ジェラートピケの部屋着で寝ている、地元の駅から40分かけ満員電車で通勤、非常に寒がりでハロゲンヒーターなしではいられない、非現実的な会話に花を咲かせる(どこでもドアがあったら買うよね、等)、会社帰りにアトレでお買い物、カフェでケーキを食べながら旅行計画を立て、副支店長の愚痴大会(何を話していても必ず最後は愚痴大会)、というのが第一話の女子たちの行動であった。

穿着gelato piqu的居家服在房间里睡着,从家到上班的地方搭40分钟的满员电车,不可以没有暖炉不然就太冷了,讨论着非现实的话题“如果有任意门的话一定会去买的等等,在从公司回家的路上顺带去atre买东西,去咖啡店吃蛋糕顺便讨论旅行计划,说副店长的坏话(不管一开始说的是什么话题,最后都会变成吐槽支店长),以上就是女人们在第一集里的举动。

そういう“女子あるある”は、女性ファッション誌やwebサイトで繰り返しなぞられてきたもので、<男が想像する女子>の多数派だ。

“女子二三事”(笨蛋主义2005年大热的嘲笑女性在日常生活中过分夸张举动的小品)就被大多数人认为是将女性时尚杂志上刊登的还有网络上关于女性的事情集合在一起,主要讲的是男人想象中对女人的想象。

その想像の域を全然出ていない。そこに物足りなさを感じる。

而《OL架空日记》完全没有超出想象范围,所以观众会觉得不满吧。

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

日本顶级女偶像的演员之路不好走?!

志尊淳:《帝一之国》的拍摄趣闻

相关热点: 日剧最新日剧日剧主题日本留学专业

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
0
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP