//player.youku.com/player.php/sid/XMzU5MDI5MDIw/v.swf 【Hint】 只用写旁白 急降下爆撃機銀河 田中新一
三木忠直は鬼になっていた。三木は空気抵抗をぎりぎりまで削ぎ落とす究極の車体フォルムを探していた。部下に命じて粘土模型を作らせた。しかし、できるそばから壊した。「美しいものを作れ。そうすれば空気抵抗は減る。」と言い続けた。助手を務めた田中新一は三木の姿に圧倒された。三木の頭には一機の戦闘機の姿があった。海軍時代に自ら手掛けた急降下爆撃機銀河。その流れるようなフォルムが浮かんでいた。
三木忠直也非常拼命地在工作,完全成了一个工作狂。他正在设计一种可以把空气阻力减到最小的完美车体。他让部下用粘土制作模型,然而,部下刚做好,他就把它弄碎了,要求重做。他不断强调:“给我做出最漂亮的外观来,好的车体同时也能减小空气阻力”。助手田中新一被三木的这种精神深深地打动了,“那时候三木先生说,外观好的话,所受到的阻力也就小。外观不好的没法要,要追求高性能的完美外观,当时他真的是非常执着,非常令人钦佩”。三木脑海想起了一架战斗机的外观,那就是他在海军服役期间亲手设计的俯冲式银河战斗机。流线型的机体浮现在了他的脑海中。“设计银河战斗机时,我们尽量减小横截面,从而可以使机体更细。进行银河战斗机设计时所积累的各种经验在新干线的设计中得到了运用。”