昭和20年暮れ、人々は新しい時代に向かって動き始めていた。戦前からの蒸気機関車が鈴なりの人を運んでいた。焼け野原になった東京国立に、復興の要、鉄道の技術開発にあたっている研究所があった。ここに一ヶ月前に採用されたばかりの男たちがいた。かつて日本最高の頭脳と言われた英才たちだった。旧陸海軍で兵器の研究開発に当たっていた技術者たちである。その数、1000人。戦後、職を失っていた彼らをこの研究所の幹部が呼び集めたのである。老朽化した鉄道に新しい技術を導入する役割が期待されていた。この中に抜群に優秀な3人の男がいた。
1945年,人们迎来了一个崭新的时代。战前的蒸汽机车载满了来往于各地的人。东京也成了一片废墟,在东京的国立,有一个研究所负责铁路技术开发,他们肩负着复苏的使命。这个研究所一个月前刚刚雇佣了一群男子。他们曾被称为日本最聪明的人。原来曾在海陆军中进行兵器研发。人数一共有1000人。战后,这些人都失业了,因此这个研究所的干部把他们召集起来,希望他们能研发出新技术来改造破旧的铁路。在这群人中间,有3个人才华特别出众。