昨年、 社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」(著:きくちゆうき)が原作のアニメーション映画『100日間生きたワニ』(7月9日公開)で、亀田誠治が手掛けるオリジナルサウンドトラックが、公開日当日の9日午前0時より、各配信サイト・ストリーミングサービスで配信開始となる。

去年引起日本国民广泛关注的4格漫画《100日後に死ぬワニ》(100天后会死的鳄鱼)(KikuchiYuuki著)已被改编为动画电影《100日間生きたワニ》于7月9日公映,由龟田诚治策划的电影原声带也于9日0点起登陆各大配信网站、流媒体公开发行。

本作は、原作に込められたメッセージに強く共感し映画化を熱望した上田慎一郎監督とふくだみゆき監督夫妻が、脚本開発中にコロナ禍に直面し、劇的に変わってしまった日常と価値観の変化に戸惑いながらもその気持ちを登場人物たちに重ね、新たに構成を練り直し、より深いメッセージのこもった作品を作り上げた。

影片导演上田慎一郎、福田美由紀夫妇表示原作引起了他们强烈共鸣并且很希望能够将该漫画搬上荧幕,但在剧本筹备过程中新冠疫情爆发,突如其来的冲击使人们日常生活以及价值观都受到剧烈改变,夫妻二人将这种心情与人物创作相结合,重新调整架构,创作出了更具内涵的动画作品。


映画化にあたり、ワニの現れなかった、お花見の日から<100日後>の、残された仲間たち、そして新たな登場人物であるカエルとの交流を描く、という新たな物語が付け加えられたことについて、主人公のワニを演じた神木隆之介は「僕はワニを演じ、ワニに共感する人なので、その後のことについては少し他人事のような気もしているのですが、倫くん(中村倫也)や昴くん(木村昴)たちが、時間がある意味で止まってしまったところからどう向き合うのか、そしてその時間がまたどうやって溶けていくんだろうというのを楽しみにしています」と、コメントしている。

在电影版中增加了一个新的桥段, “第100天”鳄鱼去世,未能赴朋友的赏花之约,这时原创角色青蛙将会登场与老鼠、鼹鼠等进行互动,担任主人公鳄鱼配音的神木隆之介表示“我饰演的是鳄鱼,和这个角色有着共鸣,所以对它死去后剧情是如何发展的并不是太在意。相比之下,我比较期待伦(中村伦也)和昴(木村昴)他俩饰演的角色,因为漫画中是以鳄鱼之死为完结点,所以电影版中的最后他们是怎样发展的呢”。

また、ワニの親友ネズミを演じた中村倫也は「映画になるということは、何か物語の芯が必要だと思うんです。原作にもそれはありましたが、映画になったことによってその深度は増したのかなと思います」。おなじくワニの親友モグラを演じた木村昴は「監督が作品を作るにあたっての想いをアフレコ前に伝えてくださったんですが、コロナ禍を経て人々の価値観も変わってくる中で、新しく脚本を書き直したいと。時代を、今を生きる物語なんだなというところに改めて魅力を感じた。その中で、映画である醍醐味がより出てきたと思う」と、話している。

饰演鳄鱼好友老鼠的中村伦也表示“将漫画动漫化需要一个强有力的故事核心,这一点原著已经具备,但电影版将立意升华了呢。”饰演鳄鱼另一位好友鼹鼠的木村昴谈到“导演在后期录音之前就告诉我他制作这部电影的构思,但随着疫情的不断恶化价值观也有了些许改变,便打算重新打磨剧本。这部电影很好地体现了当下生活,我认为这是该片最具吸引力的一点”。

ワニが思いを寄せるセンパイを演じた新木優子は「最初に原作を読んだ時に、個人的にその先の物語が気になっていたので、映画で(その後の物語が)描かれると聞いてうれしかったし、自分が想像していた以上にワニの気持ちに寄り添うことができて、一読者としてうれしかったです」と、新たなストーリーとの出会いを喜んでいた。

饰演鳄鱼所爱慕的前辈一角的新木优子表示很期待电影中新的桥段,她说“最开始我看漫画时就很好奇接下来剧情走向,所以听说电影版会续讲后面的故事时很开心,能够比想象地更近距离体会鳄鱼这个角色,作为读者我很兴奋”。

そんな本作が上映される劇場でしか買えないグッズの発売も決定。ワニたちが描かれたクリアファイルセット、パタパタメモ、ラバーキーホルダーの3商品が、劇場公開と同日に販売開始となる。オリジナルサウンドトラックや劇場グッズで、ワニくんと仲間たちのストーリーを、劇場で鑑賞した後も楽しんで。

影院限定周边也即将推出。包含印有角色形象的单页文件夹、便利贴、钥匙扣共三种商品,将于首映当日开始发售。即使出了影院,粉丝也可以通过电影原声带以及周边再次享受鳄鱼和他的朋友们的故事。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:网飞联手CLAMP、WIT STUDIO打造全新《格林童话》