《黑羊》是日本女性偶像组合欅坂46的歌曲,由秋元康作词。于2019年2月27日发售,center为平手友梨奈。

CD单曲封面:

>>>0元领取!找到适合你语言水平的日语体验课程

黒い羊

信号は青なのか
信号灯到底是蓝色的呢
それとも绿なのか どっちなんだ
还是绿色的呢
あやふやなものは ハッキリさせたい
想要分清这种模糊不清的东西
夕暮れ时の商店街の杂踏を通り抜けるのが面倒で
要穿过傍晚人潮涌动的商店街真是麻烦
踏切を渡って远回りして帰る
我跨过铁路道口绕远路回了家
放课後の教室は苦手だ
不擅长应付放学后的教室
その场にいるだけで分かり合えてるようで
好像只要待在那里就能互相理解一样
话し合いにならないし
话不投机让气氛陷入尴尬
白けてしまった仆は无口になる
我变得沉默寡言
言いたいこと言い合って
对彼此说出想说的话
解决しようなんて楽天的すぎるよ
就能解决问题什么的也太过乐观了吧
谁かがため息をついた
不知是谁发出了一声叹息
そうそれが本当の声だろう
其实那才是你原本的心声吧
黒い羊 そうだ仆だけがいなくなればいいんだ
黑羊 对啊只要我消失了的话就好了吧
そうすれば止まってた针はまた动き出すんだろう
那样的话停止的指针也会再次开始转动吧
全员が纳得するそんな答えなんかあるものか
所有人都能接受的答案怎么会真的存在啊
反対が仆だけならいっそ无视すればいいんだ
只有我反对的话干脆无视掉就好了
みんなから说得される方が居心地悪くなる
大家来说服我反而会让我心情更糟
目配せしてる仲间には仆は厄介者でしかない
对交换眼神的同伴来说我就只是一个累赘罢了
真っ白な群れに悪目立ちしてる
在纯白的群体里格格不入
自分だげが真っ黒な羊
只有我自己是一只纯黑的羊
といったって同じ色に染まりたくないんだ
虽说如此也不想染上同样的颜色
薄暗い部屋の明かりをつけるタイミングって一体いつなんだろう
将昏暗房间点亮的时机到底是何时呢
スマホには爱もない过去だけが残ってる
手机里只残留着毫无爱意的过去
人间関系の答え合わせなんか
处理人际关系的正确答案什么的
仆にはできないし
我做不出来
そこにいなければ良かったと 後悔する
后悔着要是自己不在那里的话就好了
人生の大半は思うようにはいかない
大半人生不能如愿以偿
纳得出来ないことばかりだし谛めろと谕されてたけど
被教导着既然有那么多无法接受的事不如放弃吧
それならやっぱ纳得なんかしないままその度に
那样的话我果然还是不能认同
何度も唾を吐いて噛み付いちゃいけませんか
这种时候难道不能反复吐着唾沫 极力反驳吗
NO...NO...NO...NO...
NO...NO...NO...NO...
全部仆のせいだ
全都是我的错啊
黒い羊 そうだ仆だけがいなくなればいいんだ
黑羊 对啊只要我消失了的话就好了吧
そうすれば止まってた针はまた动き出すんだろう
那样的话停止的指针也会再次开始转动吧
全员が纳得するそんな答えなんかあるものか
所有人都能接受的答案怎么会真的存在啊
反対が仆だけならいっそ无视すればいいんだ
只有我反对的话干脆无视掉就好了
みんなから说得される方が居心地悪くなる
大家来说服我反而会让我心情更糟
目配せしてる仲间には仆は厄介者でしかない
对交换眼神的同伴来说我就只是一个累赘罢了
分かってるよ
我都明白啊
白い羊なんて仆は绝対なりたくないんだ
我绝对不想变成什么白羊
そうなった瞬间に仆は仆じゃなくなってしまうよ
变成那样的瞬间我就不再是我了
周りと违うそのことで谁かに迷惑かけたか
和周围不同又给谁添什么麻烦了吗
髪の毛を染めろという大人は何が気に入らない
让我把头发染回来的大人们又在看不惯什么呢
反逆の象徵になるとでも思っているのか
以为这样就是叛逆的象征了吗
自分の色とは违う それだけで厄介者か
只要和自己的颜色不同 就是个麻烦吗
自らの真実を舍て白い羊のふりをする者よ
舍弃真实的自我去假扮白羊的人啊
黒い羊を见つけ指をさして笑うのか
要找出黑羊指着嘲笑一番吗
それなら仆はいつだって
就算那样我也无论何时
それでも仆はいつだって
即便那样我也每时每刻
ここで悪目立ちしてよう
要格格不入地存在与此