27日に放送された俳優・堺雅人(46)主演のTBS系日曜劇場「半沢直樹」(日曜・後9時)最終回の世帯平均視聴率が32・7%だったことが28日、分かった。クライマックスの午後10時2分には瞬間最高35・8%を記録した。

9月28日获知,由堺雅人(46岁)主演的TBS周日剧场《半泽直树2》(周日晚9点档)于27日晚播出最终回,获得世代平均收视率32.7%。剧情高潮出现在晚间10点02分,瞬间最高收视率为35.8%。

新型コロナウイルスの影響で当初の予定から3か月遅れでスタートし、初回は22・0%で好発進。第2話は22・1%。第3話は23・2%。第4話は22・9%。第5話は25・5%。第6話は24・3%。第7話は24・7%。第8話は25・6%。第9話は24・6%と推移。今回は8・1ポイント大幅アップし、今シリーズ最高の30%超えで有終の美を飾った。

受新型肺炎疫情影响,本剧比预定开播时间推迟了3个月,第一集至第九集的收视率推移:22.0%、22.1%、23.2%、22.9%、25.5%、24.3%、24.7%、25.6%、24.6%。最终回大幅上升了8.1个百分点,拿下本季度最高纪录,以超30%的收视完美收官。

なお、最終回の個人視聴率は21・5%を記録。午後10時2分、3分、5分に瞬間最高23・4%を記録した。

另外,最终回的个人收视率为21.5%。瞬间最高收视率为23.4%出现在晚上10点02分、03分、05分。

また、全10話の期間平均視聴率は世帯24・7%、個人15・4%だった。

全10集平均收视率世代为24.7%、个人15.4%。

今クールのドラマ最大の目玉作品。前作は右肩上がりに視聴率を上げ、最終回は平成歴代1位の視聴率42・2%をマーク。“倍返し”も流行語となり、社会現象を巻き起こした。

本剧无疑是当季最大的赢家,而前作的收视率也是一路飙升,最终回创下了平成历代第一的好成绩42.2%。当年的“加倍奉还”也成了流行语,掀起社会热潮。

新シリーズは「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。銀行から証券会社に出向を命じられた半沢が次々に起こるトラブルに立ち向かう姿を描いた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

《半泽直树2》的原作是《迷失一代的逆袭》和《银翼的伊卡洛斯》。描写了从银行被派遣去证券公司的半泽,直面各种纠纷的故事。(数据为关东地区,VideoResearch调查)

本翻译为沪江日语原创,转载请注明出处。

相关阅读推荐:

2020年秋季日剧速报!哪几部值得一追?

香川照之:做什么都有趣的背后“一成才能,九成努力”