新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、日本郵便は13日から中国宛ての国際スピード郵便などの引き受けを停止すると発表しました。

受新型冠状病毒扩大影响,日本邮政宣布从3月13日起,暂停揽收从日本寄往中国内地的国际快件。

日本郵便は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う航空便の縮小を受けて、輸送できる量が大幅に減少していることから、中国宛ての国際スピード郵便、航空扱いの小包郵便などの引き受けを13日から停止します。これまでに引き受けた中国宛ての国際郵便のうち、発送のめどが立たないものについては順次、送り主に返送され、料金も返金されるということです。

日本邮政表示,因受疫情影响航空班次减少,运输量也大幅缩小,决定从今日起暂停揽收寄往中国内地的快件(EMS)等国际包裹。目前已经揽收(未发送)的国际包裹将按照顺序原路返回,费用也将一并返还。


航空便の運休や縮小による郵便物への影響は近隣国にも広がっていて、モンゴル宛ての国際郵便も引き受けを停止しているほか、韓国向けの郵便物は配達の大幅な遅延が見込まれています。さらに、香港やマカオでも配達に遅れが生じる恐れがあるということです。(12日18:22)

航空班次陆续取消及减少也影响到了日本邻国的国际包裹,截止3月12日晚上六点22分消息:暂停揽收寄往蒙古的国际包裹、寄往韩国和中国港澳地区的包裹预有大幅度的延迟。

日本邮政的官方通知↓


查看原图

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

>>>关注日本钻石公主号游轮信息

>>>这里还有日本新型肺炎实时动态