3月9日,日本为应对新型冠状病毒的入境限制举措正式实行。

新型コロナウイルスの感染が世界的に広がり、各国で入国制限や移動の制限をかける動きが相次いでいる。日本政府は9日午前0時、感染が広がる中国と韓国からの入国を制限する措置を一斉に発動した。第三国経由も対象とする。イタリア政府は8日、経済都市ミラノを含む北部を広範囲に封鎖する措置に踏み切った。移動制限が拡大すれば企業活動や物流にも影響し、世界経済の失速にもつながりかねない。

因新型冠状病毒在世界范围内不断扩大,各国陆续开始实行限制入境的相关举措。日本政府于3月9日起,正式向中国和韩国实行限制入境措施,经由(在中韩两国)转机也作为对象之一。意大利亚政府于3月8日宣布,将封锁米兰及部分北部地区。封锁越多城市势必影响企业和物流工作,带来的世界经济冲击无法避免。

日本は9日午前0時から中国と韓国からの入国を制限した。同時に、中韓で発給済みのビザ(査証)の効力を停止した。中韓からの入国者は自宅や宿泊施設などで2週間待機するよう要請する。主に中韓に滞在中の日本人が対象になる見込み。いずれも3月末日までとしているが、感染の状況次第で更新する。新しいビザの発給も原則停止する見通しだ。

昨日零点起,日本对中韩两国的入境限制正式生效。同时,暂时作废已向中韩两国发放的有效签证要求从中国、韩国入境人员在指定地点自行隔离14天(酒店或者自宅),主要对象是在中韩两国逗留过的日本人。上述提及两项期限均至3月底,后续视情况再看。原则上,日本已经停止向中韩发放新的签证。

厚生労働省は8日までに、日本人を含む中国や韓国からの入国者に2週間の待機を要請する政府方針について、第三国を経由して入国する場合も対象とすると明らかにした。6日に政府が入国制限を閣議決定した後、同省は「対象外」としていたが、方針を転換した。

8日,厚生劳动省表明,日本政府要求从中国、韩国的入境者自行隔离14天,经由中韩转机也作为对象之一,所以日本人也包含在内。而在先前6日的内阁会议中决定的是,(经由两国转机的)日本人并不在限制入境对象之内。

中東サウジアラビアも中国や韓国、イタリアなどを対象に入国を停止した。ニュージーランドは過去2週間に中国とイランに渡航歴のある外国人の入国を禁じた。韓国の報道によると、アフリカのモーリタニアやブルキナファソが新たに韓国からの入国を制限した。

沙特阿拉伯也将中国、韩国、意大利列为拒绝入境对象。新西兰是将过去两周到过中国、伊朗的外国人列为入境对象。根据韩国媒体报道,非洲毛里塔利亚和布基纳法索也对韩国实行入境限制措施。

日本国驻华大使馆公布的官方中文版本↓

昨天仅有数人落地成田机场和关西国际机场,日本两大机场的国际航站楼几乎没有了人影。

日本网友拍摄

一位在成田机场接受了采访的在日韩国留学生表示,虽然有人给他一张关于写有隔离相关的纸张,但没有明确到底该如何采取对应,如:要求自行隔离14天,不要乘坐公共交通工具(电车地铁新干线出租巴士),可没有相关人员给予他具体操作方案,让他略显困惑。


韩国人很不满?

另一方面,上周日本政府宣布确定对中韩实施入境举措之后,韩国立刻向日本作出“对抗行为”:宣布从同一天(3月9日)起,暂停日本人的短期免签证入境政策。

一系列神奇的操作让人摸不着头脑:

韓国外交省は、日本人に認めている査証(ビザ)免除措置(90日以内)と発効済み査証の効力停止を9日から行う。
○ 韩国外交部称:3月9日起,暂时废除日本人免签入境(90天)和已发放签证的有效期。

康京和(カン・ギョンファ)外相は6日、冨田浩司駐韓日本大使をソウルの外務省に呼び、「不当な措置だ。非友好的なだけでなく非科学的だ」として撤回を要求した。
○ 3月6日,韩国外交部部长康京和把驻韩日本大使冨田浩司叫到韩国外务省,表示“你们这是不正当举措,不友好且不科学”,要求日本撤回对韩入境限制。

丁世均(チョンセギュン)首相は7日のコロナウイルス関連の会議で「日本の不当な措置をめぐる韓国の対抗措置は避けられない」と語った。
○ 3月7日,韩国总理丁世均在新冠病毒相关会议上发言表示:“由于日本做出了不正当对应措施,我国也将实行相关对抗举措”。

「韓国が強硬なのではなく、日本の措置が過剰だった」
○ “我们态度并不强硬,是日本过度施措”。

「防疫のためというより政治的な思惑がある」
○ “不得让人不怀疑,比起防疫工作日本此举是出于政治考虑”。

「ビザ免除制度と発行されたビザの効力停止は相互的なものだが、残りの措置は開放性、透明性、民主的対処など韓国政府の原則に立脚して取ったもので、日本に比べ節制された相応措置。日本国内の新型肺炎拡散状況が好転し、日本が取った措置に変化が起きるならばわれわれもやはり再検討できる」
○ “暂停免签制度和停止有效签证效力是相互的,从原则上说韩国政府是根据开放性、透明性和民主性对应来实施相关举措,和日本相比韩国所做出的决定节制且正当。等到日本国内新冠病毒感染情况好转,日本方面(对韩国实行的)举措如果出现变更,那么我们也会重新考量。

韩国外务省已将赴日警报连升两级,警告全体公民不要前往日本旅游。

根据文春报道,比起中国此次采取了冷静对应的另一面,韩国出现非理智态度的原因之一,是伤不起的自尊心。

目前韩国每天能够接受1万件以上的病毒检测,虽然确诊数已有7000多人,但因为基数本身就很大。韩国媒体认为,如果每天接受同样数量的检测,说不定日本感染者比韩国还要多。

换言之,在应对病毒感染方面,无论是数量还是质量上,韩国都自觉比日本有着更优秀的条件。韩国总理也曾自夸“韩国的检测属世界高水平,其规模和检查结果的透明性能帮助更好了解新冠病毒的特性及致死率”。

可能就是因为这样,在日本宣告对韩入境限制的时候,被伤到了自尊心吧。

本内容为沪江日语原创编译整理,未经授权请勿转载。

>>>这里还有日本新型肺炎实时动态

>>>关注日本钻石公主号游轮信息