村上春树名言欣赏:且听风吟
作者:yvonne辰|来源:沪江日语|2016年09月10日 00:00
  • 双语
  • 中文
  • 日语

完璧な文章などといったものは存在しない。
完璧な絶望が存在しないようにね。
不存在十全十美的文章,正如不存在彻头彻尾的绝望。
みんないつかは死ぬ。
でもね、それまでに50年は生きなきゃならんし、いろんなことを考えながら50年生きるのは、はっきり言って何も考えずに5千年生きるよりずっと疲れる。
人人早晚得死。可是死之前有50年要活,这呀那呀地边想边活,说白啦,要比什么也不想地活5千年还辛苦得多。
海ばかり見てると人に会いたくなるし、人ばかり見てると海を見たくなる。
看海看久了想见人,见人见多了想看海。
ところで今日の最高気温、何度だと思う?
37度だぜ、37度。夏にしても暑すぎる。これじゃオーブンだ。
37度っていえば一人でじっとしてるより女の子と抱き合ってた方が涼しいくらいの温度だ。
今天最高气温是多少度?
37度呀37度,夏天真是太热了,像烤箱一样。
所谓37度啊,比起和女孩子拥抱,一个人静坐更能感到凉爽的温度。
誰もが知っていることを小説に書いて、いったい何の意味がある?
把谁都知道的事情写成小说,到底有什么意义呢?
 
《且听风吟》这本小说的故事情节很简单, “我”在酒吧捡到一个醉倒的少女,在她的家中度过了醉意朦胧的一夜。醒来的误会还未能解释清楚,我们已经成了一对情人,伤感的往事还未诉说清楚,她却已经一去无踪影。作为村上的第一本小说,确实开辟了一种新的写作风格,非常大气。

相关热点: 村上春树日语文学作品日本文学主题金田一

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
6
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP