ネコやイヌ、人間に近いサルなど、哺乳類の目は「黒目」がちで(笑)、普段から「白目」が見えているものはありませんね。なぜ人間の目だけ「白目」が見えているのでしょうか? これはコミュニケーション能力を強化するように人間が進化した結果なのです。

猫狗,猴子等与人类比较接近的这些哺乳类的眼睛大多是全“黑眼珠”,平常就没有看到过它们的眼白。为什么只有人类的眼睛能明显看到“眼白”呢?这便是人类在进化中强化了交流能力的结果。

■社会生活を営む人間だから……お互いの「サイン」が重要!
■对于经营社会生活的人们来说……相互之间传达“信号”十分重要!

「白目」は眼球の外壁にあたる厚さ1ミリほどの「強膜」と呼ばれる部分です。ネコやイヌなどにも「強膜」はありますが、人間のように普段から「白目」を出している動物はいません。

所谓“眼白”是眼球外壁约1毫米厚、被称为“强膜”的部分。猫咪、狗狗的眼睛虽然也有“强膜”,但还没有像人类一样平常就露出眼白的动物。

人間の目は「強膜」の白い部分を出すことで「黒目」を強調するようになっています。これにより、どこを見ているのかが明瞭になります。つまり、「私はここを見ている」ということを周囲に分かるようにしているわけです。

人的眼睛,因为被称为“强膜”的眼白的部分被露了出来,所以“黑眼珠”就显得更为突出。因此,(目光的着眼点)无论从哪个角度看都很清楚明了。也就是说,这就能够使周围人明白:“我现在正看着这个地方”。

なぜ、このような「目」になっているのかというと、コミュニケーションのためだといわれています。「自分がどこを見ているのか」を人間同士で伝え合うためにこのような目に進化したのです。

为什么说“眼睛”进化成这样是为了加强交流呢?这是因为:正是为了向人类同伴传达“我的目光到底看着哪里”,才进化成这样的眼睛。

人間以外の動物を考えてみましょう。肉食動物の場合、人間のような目をしていると、獲物にどこを見ているのか伝わってしまいます。これは狩りをする上で大変不利ですね。また、草食動物にしても、人間のような目では自分が「気付いた!」ということを、捕食者に伝えてしまいます。

让我们来思考一下人类之外的动物。肉食动物的情况下,如果它们长着人类这样的眼睛,就会向猎物传达出“正在看着哪里”的信息。这对于狩猎非常不利。并且,即使是食草动物,如果长了人类一样的眼睛,也会将自己“已经注意到”的信息传达给捕食者。

自然で暮らす動物の場合、自分の視線が周囲に分かってしまうというのは自分の生存にとって不利なのです。しかし、人間は「視線が周囲に分かる方向」に進化しました。その方が人間の生存にとってメリットが大きかったからです。

对于在自然中求生存的动物来说,自己的视线泄露给周围的话将会不利于自己的生存。但是,人类却向着“让周围人知道自己的视线的方向”进化,这样的形式对于人类的生存来讲是一大优点。

相手の見ているものが分かる、また自分の見ているものを「目で伝える」というコミュニケーションのために白目がちな目になっているのです。

为了明白对方正在注视的东西,并且还能将自己注视的东西用目光传达,为了这种交流方式,人们的眼睛进化成了有着鲜明眼白的眼睛。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

相关阅读推荐:

冷知识:你知道♂♀记号的由来吗
心理学分析:兄弟姐妹多的人更乐观