日本企業のグローバル化が進み、更に日本の労働人口が減少トレンドに突入する中、今後、外国人バイリンガル採用のニーズが高まっていくと予想される。今回のレポートでは在日本と在海外にて、日本での勤務を希望する外国人がどの程度存在するのか? さらに現状の在日本企業に 外国人採用ニーズがどの程度あるのか?調査の結果、日本での勤務を希望する外国人転職希望者が増加していることが明らかになった。

随着日本企业全球化的推进,以及日本劳动人口减少倾向的加剧,今后,采用能说双语种的外国人需求越来越高。这次的report是关于在日本以及海外的人中,有多少外国人想要在日本工作的报告。跟进一步也可以了解到现在日本企业对外国员工的需求程度达到一个什么阶段。调查结果显示,想要在日本工作的外国人呈现一个上升的趋势。

◆在海外の外国人の49%は日本での勤務を希望

◆在海外的外国中有49%的人希望在日本工作

2012-2014年11月にDaijob.comに登録した外国人転職希望者のうち、在日本で日本勤務のみを希望しているユーザーは年々増加しており、2012年:64%、2013年78%、2014年86%と2年間で22%増加していることが明らかになった。また、在海外で、日本勤務を希望する外国人転職希望者も、2012年:30%、2013年:39%、2014年49%と2年間で19%増加している事がわかった。

2012-2014年11月期间在Daijob.com登录的想换工作的外国人当中,只想在日本工作的用户每年都在增加。2012年:64%,2013年78%,2014年86%,2年间增加了22%。而且,在海外地区,想要在日本工作的想换工作者当中,2012年30%,2013年39%,2014年49%,也是每年都在增加。

逆に希望勤務地を日本でも海外でも良いとする外国人転職希望者は年々減少しており、在日本の場合は2012年と2014年を比較すると29%(2012年)から11%(2013年)に減少、在海外の場合は41%(2012年)から23%(2014年)と18%減少している。

反过来工作地在日本和海外都可以的外国人则年年都在减少,在日本的想换工作者从2012年的29%减少到2014年的11%,在海外的想换工作者从2012年的41%减少到2014年的23%,减少了18%。

◆在日本、在海外の約50ヶ国の外国人転職希望者が日本勤務を希望

◆在日本、在海外有约50个国家的外国人希望能再日本工作

2014年11月にDaijob.comに登録した勤務地日本を希望する外国人転職希望者数を国籍別に表わしたところ、在海外で日本勤務を希望する外国人転職希望者が一番多いのはフィリピン、次いでインドという結果になった。在日本の場合は、中国出身の転職希望者が一番多く、次いで韓国となっている。2012年には約30ヶ国から外国人転職希望者が日本での就職先を探すために集まっていたが、2014年には1.6倍の50ヶ国と増加傾向にある。近年のクールジャパン等の取り組みにより、日本の魅力が世界により積極的に発信されるようになった事で、日本に興味を持ち、日本で働きたいと考える外国人転職希望者が増加しているのではないかと考えられる。

2014年11月为止在Daijob.com登录过的只希望在日本工作的外国人,根据国籍来区分一下后,其中希望在日本工作的外国人最多的是菲律宾,接下来是印度。在日本国内的话,中国人最多,接下来是韩国。2012年时已经有30多个国家的外国人来到日本找工作了,但到了2014年这个数字增加了1.6倍,有50个国家的人。最近的Cool Japan等政策,让全世界都感受到了日本的魅力了吧,所以对日本有兴趣的、想在日本工作的外国人也就增加了吧。

【調査概要】

■調査対象:2012-2014年の11月1日-11月30日にDaijob.comに登録し、履歴書を作成した外国人転職希望者

■調査期間:2014年12月1日-2014年12月19日

【调查概要】

■调查对象:2012-2014年的11月1日-11月30日在Daijob.com注册并填写简历的外国人想换工作者

■调查时间:2014年12月1日-2014年12月19日

相关推荐:

日本企业青睐中印韩留学生

【职场面试】日本企业面试注意要点