安倍総理大臣はNHKの番組で2020年夏のオリンピックとパラリンピックの東京開催の決定について「消費税は直接関係ない。経済成長には明らかにプラスだ」と述べたうえで消費税率の引き上げは今後の経済指標などを踏まえて判断する考えを改めて示しました。

据日本媒体报道,日本首相安倍晋三在NHK的节目中针对东京成功成为2020年夏季奥运会和残奥会的举办城市,表示“和消费税没有直接关系。经济肯定会变为正增长”,此外他还再次声明,今后消费税率的上调将以今后的经济指标等为依据进行判断。

この中で安倍総理大臣は2020年夏のオリンピックとパラリンピックの東京開催の決定が消費税率の引き上げの判断に与える影響について「開催決定と消費税は直接関係ない。しかし目標と希望と未来が与えられたのだから、これからみんなで成長していこうという気持ちになっていくと思うし、その意味において成長には明らかにプラスだ」と述べました。

日本首相安倍针对东京成功成为2020年夏季奥运会和残奥会的举办城市对于提高消费税率的判断带来的影响表示,“举办城市的决出和消费税没有直接关系。但是因为它给我们带来了目标、希望和未来,我认为今后大家肯定会团结在一起加快经济的增长,从这个意义上来说,经济转为正增长是很明显的事”。

小编推荐:安倍东京申奥演说全文

そのうえで安倍総理大臣は消費税率の引き上げについて「経済指標などを分析するとともに集中点検会合の議論を参考にしながら適切に判断していきたい」と述べ、今後発表される経済指標や有識者から意見を聞いた「集中点検会合」での議論などを踏まえて判断する考えを改めて示しました。

另外,安倍还就提高消费税率表示,“在分析经济指标等的同时,我们还会参考集中检查会谈的讨论以做出适当的判断”,再次重申了今后将会以发表的经济指标以及汇集了专家意见的“集中检查会谈”的讨论为依据做出判断。

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。