日网新闻:

「前田敦子はキリストを超えた ─〈宗教〉としてのAKB48」―こんなタイトルの新書が、2012年12月7日に発売される。センセーショナルなタイトルだけあって、発売前からインターネット上で話題に。批判の声も多く上がっている。

「前田敦子はキリストを超えた ─〈宗教〉としてのAKB48」は社会学者でAKB48の熱心なファンでもある濱野智史さんの著書で、筑摩書房から出版される。Amazon.co.jpの商品ページを見ると、表紙には「『私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください。』この言葉に充溢するあっちゃんの『利他性』こそが、前田敦子がキリストを超えたアルファにしてオメガのポイントである。それはキリストの『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』に匹敵する、自らを犠牲にする者の利他性に満ちた言葉である」と書かれている。

濱野さんは11月13日、ツイッターで「挑発的なタイトルだと受け取られると思います。ただ、あとがきでもふれていますが、本書にはキリスト教自体を批判する意図はありません。それは本書を読んでもらえれば分かると思います。とにかく、本当に渾身のマジ論考ですので、ぜひ読んで欲しいと思います」と著書をアピールしている。

しかし、キリスト教信者でなくてもこのタイトルには強い不遜を感じる、などの批判が著名人からも多く寄せられているようだ。

これによる2ちゃんねるの反応
「こうして日本人が誤解される」
「これはひどい」
「原理主義者に殺されるんじゃないの」
「誰が買うんだよ!」
「社会学者w こんな奴が学者か」

点击右上角应用栏中“贡献翻译稿”,试试自己的实力吧!

小编吐槽:实在令人无语,高端黑吗==

中文相关资讯:

一本名为《前田敦子超过了耶稣基督—作为宗教的AKB48》的新书即将于12月7日出版发行(筑摩书房)。但是众多网民知道这个骇人听闻的标题之后,随即在网上掀起了批判浪潮。

《前田敦子超过了耶稣基督—作为宗教的AKB48》的作者是AKB的忠实粉丝&社会学家滨野智史。如果打开日本亚马逊网站,找到该书的商品网页的话,就可以看到书籍封面。封面除了书名,还写著前田在AKB总选举之后说的一句话“大家可以讨厌我,但请不要讨厌AKB”。

除了书名,书中还有“AKB是世界宗教吗!”(第四章)等,丝毫不逊于书名的章节high light。对於这一系列的冲击性文字,作者在推特上解释称,“我知道书名带著挑衅性,但是我并没有批判基督教的意图,如果通篇阅读的话就能认识​​到这一点”。

不过网民对他的解释似乎并不买账,许多人纷纷回复进行批评,“标题太狂了!你不是基督教,所以更让人感觉不愉快”,“把区区偶像捧成超过耶稣基督,你要做好被灭掉的准备!”。

本资讯转载RecordJapan

相关阅读推荐:

前田敦子出演《タマ子》 与山下敦弘导演再合作

前田敦子醉酒 佐藤健公主抱其回家

前田敦子CM第二弹:新被害者是大岛优子?!