沪江日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习。

日本時間26日夜に行われたロンドンオリンピック、男子サッカー予選『日本-スペイン戦』の世帯平均視聴率は、前半(後10:45~11:34)が25.9%、後半(後11:37~0:35)が26.0%、瞬間最高視聴率は、前半終了間際(後11:29)の28.7%。日本は初戦で、5大会ぶりの金メダル獲得を目指す優勝候補の強豪、スペインに1‐0で競り勝ち、女子の“なでしこジャパン”に続いて初戦を白星で飾った。

日本时间26日夜晚举行的伦敦奥运会,男子足球预选赛“日本-西班牙”的世界平均收视率,上半场(22:45-23:34)为25.9%,下半场(23:37-00:35)我26.0%,瞬间最高收视率出现在上半场即将结束的时候(23:29),达到了28.7%。日本第一战就以1:0战胜了5次大会从没遇上过的金牌候补强队西班牙,继女子足球的“抚子日本”,均首战告捷。

日本は前半34分、コーナーキックからFW大津祐樹が右足で押し込んで先制。後半はFW永井謙佑らが再三チャンスを作るも追加点は奪えず、前半のリードを全力で守り切って、勝ち点「3」を獲得した。

日本队在上半场34分钟的时候,获得角球机会,由前锋大津佑树右脚踢进球门先得一分。下半场前锋永井谦佑接连创造了几次机会但始终没有破门,全力守住上半场的领先优势,最终赢得了3分。

声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

编辑推荐:

 

细数历届夏季奥运会开幕式的中国旗手

跟小D学新鲜热词:伦敦奥运会即将开幕篇

东京保住申办2020年夏季奥运会资格