小室圭さんNY司法試験に合格 3度目の挑戦でついに 23日の眞子さん誕生日前に朗報

小室圭通过纽约司法考试,终于赶在23号真子公主生日前“三战上岸”!

 

秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(30)の夫、小室圭さん(31)が、3度目の挑戦をしていた米ニューヨーク州の司法試験についに合格した。

秋筱宫夫妇的长女真子公主(30岁)的丈夫小室圭(31岁)终于通过了美国纽约州司法考试,此次是他第三次参加该考试。

小室さんが21日、日本の関係者に合格を報告したという。同州司法試験委員会は20日、7月の試験の受験者に合否を通知していた。

据悉,该州司法考试委员会于10月20日向参加7月考试的考生通报了合格与否,10月21日,小室向日本的相关人士报告了自己考试合格这一消息。

小室さんは同州弁護士資格の取得を目指し、眞子さんとの結婚関係の諸儀式が延期になった後の18年夏に米フォーダム大ロースクールに留学。昨年5月に修了し、現地の法律事務所で法務助手として働きながら試験を受けてきたが、昨年7月、今年2月と失敗し、正念場を迎えていた。ついに夢をつかみ、23日の眞子さんの31歳の誕生日、同26日の1周年の結婚記念日に華を添えた。

小室以取得该州律师资格为目标,在与真子结婚的各种仪式延期之后,于2018年夏天前往美国弗丹大学法学院留学。去年(2021年)5月结业后,在当地的法律事务所作为法务助手参加了考试,但是去年7月和今年2月两次考试都以失败告终,随即迎来了本次考试这一关键时刻。本次考试,他终于实现了梦想,如愿合格,而10月23日正是真子公主31岁的生日,26日是小室夫妇结婚一周年纪念日。

 

小室さんの合格を報じる速報から数分後、ツイッターでは「小室圭さん」「アメリカ・ニューヨーク州の司法試験」がトレンド入り。「おめでとうございます!」「こんなプレッシャーの中、この人よく。。。おめでとうございます」「ほっとした」「相当なプレッシャーだった思います 眞子さんを大切にお願いします」「自分のことのように嬉しいニュース」「試験の結果を全国民に知られるというプレッシャーの中よく合格されたな…すごいわ…」「小室圭さん眞子さん幸せになってくれー!」など、3度目というプレッシャーがかかる状況で見事に合格した小室さんへのねぎらいの声が続々と上がっている。

小室通过考试的消息发布几分钟后,“小室圭”“美国纽约州司法考试”成为推特上的热门话题。“恭喜!”“在这样的压力下,居然通过了考试…恭喜你!”“松了一口气”“我觉得真子公主压力很大,希望你能好好照顾她”“就像我自己的事情一样令人高兴”“在要被全国人民知道考试结果的压力下终于合格了。太棒了……好厉害啊……”“小室圭,真子,祝你们幸福!”等等,对于在“三战”压力下顺利合格的小室,日本民众的慰劳声不断。

同委員会は、7月26、27日に行われた試験のデータも公表。今回は計9609人が受験。うち6350人が合格し、全体の合格率は66%だった。昨年7月の試験に比べて3%高かった。

该委员会还公布了7月26、27日进行的考试数据:此次共有9609人参加考试,其中6350人合格,全体合格率为66%,比去年7月的考试高出了3%。

2日間の日程で行われる同試験は1日目が記述式、2日目が選択式の内容で、400点満点中266点以上が合格。小室さんのような2度目以上の再受験者の合格率は毎回、初めての受験者より低い傾向にあり、英語が母語でない人らにはさらに厚い壁との指摘もある。今回の初受験者の合格率は75%。2度目以上の再受験者は全体の17%にあたる1610人だったが、合格率は23%だったといい、昨年7月に比べて5%増加したという。合格者のリストは、米東部時間21日に同委員会サイトで一般公開される予定。

该考试共进行两天,第一天为记述式,第二天为选择式,满分为400分,266分以上为合格。也有人指出,像小室这样参加第二次以上的考生的合格率每次都低于首次参加的考生,对于英语非母语的人而言,更是一道难以逾越的高墙。据悉,此次首次应试者的合格率为75%,第二次以上重考的考生占全体的17%,达到1610人,但合格率却达到23%,比去年7月增加了5%。合格者名单将于美国东部时间21日在该委员会网站公开。

弁護士となれば、採用初年度の年収は約2000万円とされている。

成为律师的话,被录用第一年的年收入大约是2000万日元。

小室夫妻のマンハッタン生活も間もなく2年目に入るが、生活設計もようやく安定しそうだ。

小室夫妇的曼哈顿生活即将进入第2年,生活规划也终于趋于稳定。


日本网友评论:

 

首先祝贺你合格。因为是第三次考试,所以在很大的压力下学习,一定很累吧。从结婚之初开始就因为家世的事情受到各种关注,被大家议论估计也是很身心俱疲吧。现在可以说是站在了新的起点上。今后公主夫妇要建立自己的家庭,希望你们不要太在意周围的事情,自己走重要的人生。真子公主也很信任丈夫,真是太好了。


我不知道小室是否真的有实力
可能第二次落选后,就会本能地想避免第三次失败吧。

我认为当律师需要信任和资质,
可对小室先生来说,好像这两种印象都没有。

但真子公主的自尊心得到了满足,她可能在想:
“今后我们的生活,可以用小室赚的钱来维持生计了”吧

不要再指望来自遥远日本的税金了, 为这个两个人的生活做规划什么的, (我)已经不需要再看到关于这两个人的报道了……


如果是普通人,那么合格与否无所谓。但为什么过去两次都落选……我是感到很疑惑…… 国民关心的不是是否合格,而是真子夫妇的警卫费用是用税金支付的。我看到报道说他们每年的警卫费居然超过8亿日元,如果这是事实,就太说不过去了:不应该把如此高额的税金用在普通夫妇身上吧。 本来皇室制度本身就有被人说过 是“不必要”,这很奇怪。我个人敬爱天皇皇后两位陛下,认为皇室制度是必要的,但为了节税,我认为应该重新评估皇室相关预算并向大众公开。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:第三次司考结果并不被看好,真子夫妇赴美最后悔的可能是这件事...