同性婚が認められないのは憲法に違反するとして、同性カップル3組が国を訴えた裁判。原告や代理人弁護士は20日午後1時30分ごろ、判決が言い渡される大阪地裁(大阪市北区)に入った。

三对同性情侣集体起诉日本政府并要求赔偿,理由是政府拒绝承认同性婚姻的行为违反宪法。6月20日下午1点半左右,原告与其代理律师走进了大阪市地方法院(大阪市北区)等待最后的裁定。

香川県三豊市の田中昭全さん(44)と川田有希さん(37)、京都市の坂田麻智さん(43)とテレサさん(39)は、「結婚の自由をすべての人に」と書かれた横断幕を手にし、緊張した面持ち。駆けつけた支援者から、「がんばって」「いってらっしゃい」というかけ声と拍手があがると、少し笑顔を見せ、手を振ってこたえた。

香川县三丰市的田中昭全和川田有希,京都市的坂田麻智和Telasa,两对同性情侣举着写有“任何人都享有婚姻自由权”的横幅,表情凝重。当前来声援的民众喊出“加油”“祝好运”并为他们鼓掌时,四人微微一笑,挥手致谢。

予定通り午後2時に開廷すると、土井文美(ふみ)裁判長は「主文 原告の請求をいずれも棄却する」と述べて、原告側の主張を退けた。

下午两点准时开庭,裁判长土井文美表示法院驳回原告的诉讼请求,当庭宣判“判决如下 驳回原告所有诉求”。

その後、判断した理由の説明に移った。原告側にとっては、請求は棄却されても、裁判所が同性婚を認めていない現状を「憲法違反」と判断するかどうかも焦点だ。

随后,阐述了判决理由。对于原告来讲,即使索赔失败,法院对日本政府拒绝承认同性婚姻的行为是否违‘违反宪法’的裁定也是重点。

しかし、原告側が主張した「婚姻の自由」を定めた憲法24条、「法の下の平等」を定めた憲法14条にも「違反しているとは認められない」と述べると、満席の傍聴席からはため息がもれた。「違憲」と判断した昨年3月の札幌地裁判決とは異なる判断となり、原告席の川田さんは肩を落とし、机の下で手を握り合って聞いていた田中さんはぼうぜんとした表情だった。坂田麻智さん、テレサさんは困惑した様子で顔を見合わせた。

法院认为,“不能判定日本政府违反”宪法第24条规定的“婚姻自由”以及宪法第14条“法律面前人人平等”,满员的陪审席上发出叹息声。去年3月札幌地方法院裁定日本政府不承认同性婚姻是“违反宪法”,坐在原告席的川田先生沮丧至极,与他双手紧握的田中先生也是一脸茫然。坂田小姐与Telasa小姐同样露出无奈的表情。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:“同性婚姻”不被认可,日本社会少数群体的幸福何在?