「日本の映画界全体が危機感を持つべき。もう何年か、このままいくと手遅れになると個人的には思っています」――5月28日(日本時間29日)にフランスで行われたカンヌ映画祭の授賞式で、日本を代表する映画監督のひとり、是枝裕和監督(59)がそんな話をしていた。

“整个日本电影界都应该有危机感。我个人认为再这样下去几年就晚了。”——5月28日(日本时间29日),日本著名导演是枝裕和(59岁)在戛纳电影节颁奖典礼上这样说道。


 

自身初となる韓国映画「ベイビー・ブローカー」(6月24日公開)で、主演のソン・ガンホ(55)が韓国人俳優初の男優賞を受賞。是枝監督は「自分の映画に出た役者が褒められるのが一番うれしい」と笑みを浮かべていたが、一方で「日本の映像産業、映画文化も含めて変えなければいけないところは、明快になってきている」などと語っていた。

在他的首部韩国电影《掮客》(6月24日上映)中,主演宋康昊(55岁)获得韩国首位戛纳影帝。是枝导演笑着说“我非常高兴出演自己电影的演员能得到肯定”,但他说“日本电影行业以及电影文化必须改变,这一点越发明显了”。

3月に授賞式が行われた米アカデミー賞では、濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」が、2009年の「おくりびと」以来、13年ぶりとなる国際長編映画賞(旧外国語映画賞)に選ばれたばかり。日本の映画界は朗報続きのような気もするが、そんなに危機的な状況なのか。

在3月举办的奥斯卡颁奖典礼上,滨口龙介导演的《驾驶我的车》自2009年《入殓师》后时隔13年再次获得奥斯卡最佳国际电影长片奖(原名为最佳外语片)。日本电影界看起来喜讯连连,但其中是否有暗含危机?

日本映画製作者連盟の資料によると、2021年の国内の興行収入は全体で1618億9300万円。そのうち邦画は1283億3900万円と8割近くを占めている。全体でも2020年(1432億8500万円)と比べて13%増と「コロナ禍の“傷”は癒えつつある」(映画会社関係者)ように映るのだが。

根据日本电影制作人协会的资料来看,2021年日本国内整体票房收入为1618.93亿日元,其中日本电影票房1283.39亿日元,约占八成。比2020年(1432亿8500万日元)增长了13%,总体趋势似乎是“因新冠疫情受到的冲击正在恢复”。

「もっとも、過去最高を記録した2019年の興収は全体で2611億8000万円ですからね。今はまだまだ本調子とは言えないし、危機的な状況にあることに変わりはありません。それに“稼げる映画”に偏りがありすぎますよ」(前出の映画会社関係者)

“不过,历史最高票房收入记录是2019年,整体2611.8亿日元。如今还没有恢复常态,依旧处于危机状态,而且过于偏向‘能挣钱的电影’了。”(上述电影公司相关人士)

2021年の興収トップ3は「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(102億8000万円)、「名探偵コナン 緋色の弾丸」(76億5000万円)、「竜とそばかすの姫」(66億円)と、いずれもアニメ。4位でようやく実写がランクインとはいえ、「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」(45億5000万円)。アイドルグループ「嵐」の初のライブフィルムだ。

2021年票房前三是《新世纪福音战士剧场版》(102.8亿日元)、《名侦探柯南:绯红的子弹》(76.5亿日元)、《龙和雀斑公主》(66亿日元),全部都是动漫。第四名终于是纪录片入榜,是《ARASHI 周年巡演 5x20 FILM“回忆录”》(45.5亿日元),是偶像团体“岚”的首部演唱会电影。

5位の「東京リベンジャーズ」(45億円)も、6位の「るろうに剣心 最終章 The Final」(43億5000万円)も実写だが、原作はいずれも人気コミック。

第五名《东京复仇者》(45亿日元)、第六名《浪客剑心最终章》(43.5亿日元)也是真人电影,但原作也都是人气漫画。

「要するに、是枝監督のように脚本も手がける“プロの映画人”によるオリジナル作品に、なかなか足を運んでもらえないというわけです。名前でお客さんを呼べる映画監督も是枝さんなど、ごく一握りしかいない。日本で映画一本で食べていける人なんてほとんどいませんし、それでは次代の映画文化を担う人材だって育ちません。そういう意味も含めて、是枝監督は〈危機感を持つべき〉と言ったのだと思います」(映画ライタ―)

“总之,像是枝裕和导演那样的从剧本着手的‘专业电影人’出品的原创作品几乎是无人问津的。仅凭名字就能卖座的电影导演也就只有是枝等一少部分人。日本电影界几乎没有能独当一面的人,而且也没有培育下一代肩负电影文化的人才。这种意义上是枝导演才说‘应该有危机感’。”(电影作者)

そもそも韓国のエンタメ業界は世界を意識して発信している。日本の映画界はといえば……世界で勝負できるのは、やはりアニメだろう。それだって立派な日本の文化だが、確かに偏りがありすぎるか。

韩国娱乐界意识到这一点,积极向世界发扬自己的文化。而日本电影界能与世界抗衡的大概就是动漫了。那也是优秀的日本文化,但是否过于偏激呢?

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

精华阅读推荐:第75届戛纳电影节开幕片《丧尸不要停》翻拍自日影《摄影机不要停》