白くてもふもふの姿から“雪の妖精”と呼ばれる野鳥・シマエナガをモチーフにした柏餅がツイッターに投稿され、食べるのをためらうような可愛さだと反響を呼んでいる。

山鸟银喉长尾山雀因其雪白柔软的外形被称作“雪之妖精”,近来,有网友在推特上投稿了一款以银喉长尾山雀为原型的柏饼,其可爱到让人舍不得吃掉的样子引起热议。

シマエナガは、真っ白な羽毛をまん丸に膨らませた姿が人気の北海道にしか生息していない野鳥。羽の色と対照的な黒いつぶらな瞳やくちばしなどが相まって可憐な印象を醸す。そんな“雪の妖精”をモチーフにした柏餅は、白いふっくらとしたお餅に「●」「▼」「↓」を描くというシンプルなもの。しかし、それだけで、柏の葉に包まれて横たわるシマエナガに見えてくる。頬まで赤らめた愛らしさあふれる姿もみせた。

银喉长尾山雀只生活在在高人气的北海道地区,它雪白的羽毛蓬松滚圆的样子十分惹人喜爱。与羽毛的颜色形成鲜明对比的黑色的圆溜溜的眼睛和鸟喙,给人留下了楚楚可怜的印象。以这个“雪之妖精”为原型制作的柏饼,就是在雪白蓬松的年糕表面加上“●”“▼”“↓”符号的简单的东西。不过,这样的外形再包裹上槲树叶子,活脱脱就是一只横躺着的小山雀,脸颊上的一丝“腮红”显得十分可爱。


この柏餅は、シマエナガの魅力を伝える活動の一環で写真家の“やなぎさわごう”さんが公開。市販の柏餅に「100均のチョコペン黒」で目や口、足を描いたという。特に、目と口は、身体に対しての大きさや位置で「印象は大きく変わる」と話している。

向大家展示了这款柏饼的是摄影师“やなぎさわごう”,也是向大众传达银喉长尾山雀魅力活动的一环。做法就是在市面贩卖的柏饼上用“百元店的黑色巧克力铅笔”画出眼睛、嘴巴和脚。他表示,特别是眼睛和嘴巴,画在身体的不同位置“给人的印象就会大有不同”。

シマエナガ柏餅のあまりの可愛さにツイッターでは海外からも「Kaawwaiiiii! 」「too cute」といったコメントが殺到。「可愛すぎて、食べられない」「食べられへんやろ!でも、食べちゃいたい 葛藤が・・・」「挟まってる様子も表情も可愛いのに、頬染めちゃうんですか 反則的可愛さを垣間見てます」といったコメントも寄せられ、大きな反響となっている。

由于银喉长尾山雀柏饼过于可爱,他的推特中还收到了不少来自国外的评论:“可爱!!!”“太可爱了”。还有不少日本人评论称:“太可爱了舍不得吃”“这怎么舍得吃!但又想尝一尝,好纠结……”“被夹住的样子和表情很可爱,脸上还有小腮红,可爱到犯规了”,在网络上引起了很大的反响。

本翻译为沪江日语原创,严禁转载。

相关阅读推荐:

大熊猫香香即将回国!日本网友纷纷不舍

日网超200万播放量:超可爱的龙猫骑着橘子来了!