翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

『TUGUMI』は、吉本ばななの代表作である青春小説。英題はGoodbye Tsugumi。

《TUGUMI》是吉本芭娜娜创作的青春小说,也是她的代表作。英文书名是Goodbye Tsugumi。

1990年に『つぐみ』のタイトルで市川準監督によって映画化された。

1990年,本作被市川准导演改编成电影,片名为《鸫》。

雑誌『マリ・クレール』1988年4月号~1989年3月号に連載された。1989年3月20日、中央公論社より刊行。

1988年4月至1989年3月,本作在杂志《marie claire》上连载。1989年3月20日,中央公论社发行了单行本。

1989年に第2回山本周五郎賞を受賞した。その後英語などに翻訳されて各国にも紹介されており、高い支持を得ている。

1989年本作获得了第二届山本周五郎奖。之后被翻译成英语等语言介绍给各国,获得了很高的人气。

本書は1989年年間ベストセラーの総合1位を記録した。初版の部数は30万部。日本における平成時代初のミリオンセラーを記録した単行本となった。読者カードによれば、読者の92%が女性で、そのうち24歳以下が70%を占めた。累計発行部数は単行本167万部。1996年1月の大学入試センター試験では現代文の問題としても使われた。

本书在1989年年度畅销书排名中获得了综合第一名。初版册数为30万册。这是日本平成时代首部创下百万销量记录的单行本。据读者卡显示,92%的读者为女性,其中24岁以下的占70%。累计发行册数为167万册。还出现在了1996年1月的大学入学考试中。

声调、敬语、动词变形:7门免费课程助你攻克语法难点 

日文书名:TUGUMI(つぐみ)

中文书名:

作者:吉本芭娜娜

类型:温馨 治愈

剧情简介:

病弱で生意気な美少女つぐみといとこのまりあ。 ある夏、旅館を経営するつぐみの家は、海辺の旅館をたたみペンションを経営することに。 つぐみとつぐみの姉の陽子、そして まりあ。 三人が一緒に育った海辺の街で最後に過ごした一夏の出来事。

体弱多病且娇蛮的美少女鸫和表亲玛丽亚。某个夏天,经营旅馆的鸫家决定关闭海边的旅馆并重新经营一家简易旅馆。讲述了鸫和鸫的姐姐阳子,还有玛丽亚在海边城市(三人都是在这里长大成人)度过最后一个夏天的故事。

推荐理由:

看的时候脑中一直浮现着恬静的海边小镇,美丽的少女,朴实的人们,画面宁静美好,吉本的书总是那么清新治愈。——摘自豆瓣

移動の時間を利用してこれを読んだとも言えるでしょう。よそより早く読み終わった。こういう年でこんな小説を読むのもなかなかと。でもその純粋で向くな感情は心を温める。

用零碎时间读完了这本书。比我想象的要快。我现在这个年纪还看这样的小说也不常见了。但是那种纯粹的感情温暖了我的心灵。