横浜港に着岸中のクルーズ船で新たに41人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。これで国内で確認された感染者は86人となりました。

靠岸在横滨港口的游轮再次发现41例确诊新型冠状病毒。至在此日本国内被确诊的人数上升至86人。

6日までに102人分の結果が出て20人の感染が判明していましたが、厚生労働省は7日午前に残り171人分について結果を発表し、そのうち41人の感染が確認されたと発表しました。この後、感染者をクルーズ船から下ろして、東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡の医療機関に搬送するということです。

到6日为止102人的检测结果中20人确诊,而7日上午厚生劳动省又公布了剩余171人的检测结果,其中41人确诊(共计61人,其中日本人有27人,其他国籍未全部公开)。之后,确诊者将离开游轮,送至东京、神奈川、琦玉、千叶、静冈的医疗机构。

また、厚労省は6日までに感染が確認され入院中の乗客1人が重症だと発表した。持病があるという。残りの乗客・乗員については、厚労省は、14日間、船内にとどまるよう求めていて、下船できるのは19日以降になる見込み。

此外,厚劳省还公布信息表示6日前确诊入院的乘客中有1人病情严重,是有慢性病史的患者。对其余乘客、乘务人员,厚劳省要求他们在14天内继续留在船内,预计19日后准许下船。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:

日本钻石公主号游轮:确诊新型肺炎20例,今日靠岸补给

世界卫生组织宣布新型肺炎为“国际关注的突发公共卫生事件”