20代での結婚は勢いで進められることも多いのだが、30代後半、40代、50代と年を重ねていくと、結婚することに慎重になってゆく。年を経るごとに、結婚相手の候補者は年々少なくなっているというのに……。

20代选择闪婚的人不少,但随着年龄增长,到了35,40,50岁之后,人们对待婚姻的态度就变得越加慎重起来。然而结婚候补对象却是逐年减少……

仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「石橋をたたいていても渡らない人々。だから難しい中高年の結婚」について書く。

笔者作为婚姻介绍人活跃在相亲现场,每次聚焦一位相亲者,通过连载传递他们发出的有关烦恼或分享成功经验的真实声音。这次介绍的是关于“过于谨慎以至止步不前的人们。中老年人的结婚困难”的故事。

会員の内田洋子(39歳、仮名)は、昨年の10月に見合いをした早坂孝一(46歳、仮名)とクリスマスを一緒に過ごしたり、初詣に出かけたりと順調な付き合いを続けているようだった。

据说会员内田洋子(39岁,化名)和去年10月相亲认识的早坂孝一(46岁,化名)交往的很顺利,一起过圣诞节,在年初的时候也携手参拜神社了。

結婚相談所では3カ月を目安に、交際している相手と結婚に向かえるかの意思確認をする。そこで、年が明けて早々に個別面談をした。「早坂さんとのお付き合いはどう?」と私が聞くと、洋子はこう言った。

婚姻介绍所会在第三个月的时候向正在交往的对象确认结婚的意愿。因此,新年一开始立马就安排了个人面谈。“和早坂先生相处的怎么样?”,对于我的询问,洋子这样说道。

「うまくいっていると思います」

“我感觉很顺利”

とはいえ、さしてうれしそうでもなく、口調は落ち着いていた。

虽说如此,但她看起来并不是很高兴,语气很平淡。

■「真剣交際」に入れるのか?

■要开始“以结婚为前提的交往”吗?

「クリスマスは早坂さんが予約をしておいてくださった丸ビルの最上階のレストランでお食事をしました。年が明けて4日には、明治神宮に一緒に参拝してきました。三が日は混んでいるから4日にしたのですが、まだまだ人であふれていましたよ。そのまま公園通りを渋谷に抜けて、お食事をして帰ってきました」

“圣诞节那天,在早坂提前预约好的丸之内大楼顶层的餐厅一起吃了饭。新年第四天,参拜了明治神宫。因为头三天人很多,所以我们决定4号去,没想到人还是非常多。然后我们从公园大道穿过涩谷,吃过饭后我们就回去了。”

「そう、仲良くやっているのね。このまま結婚に向かえそう?そろそろ“真剣交際”に入ることを考えますか?」

“是嘛,关系挺不错呢。照这个趋势应该能踏入婚姻的殿堂?差不多该考虑“以结婚为前提的交往“了吧?”

結婚相談所には、“交際”“真剣交際”の区分がある。“交際”は、お相手のお人柄を見る期間。この期間は、別の相手と見合いをしても交際をしていてもよい。それを経て、“この人なら、結婚に向かえる”という気持ちが固まったら、“真剣交際”に入る。そのときは付き合う相手をその人1人に絞り、ほかは交際終了とする。そして、互いの気持ちを寄り添わせながら、結婚に向けてのより具体的な話を2人でしていく。

在婚姻介绍所中,“交際”和“真剣交際”是有区别的。“交際”指的是观察相亲对象人品期间的交往。在这期间,可以同时接触其他的相亲对象。考察期过后,如果产生了“是那个人的话,可以结婚”的想法的话,就进入“真剣交際”阶段。这时只能和这一位交往对象接触,要斩断和其他相亲对象的联系。接下来,两个人会在渐渐亲密的过程中,一起磨合走向婚姻的具体细节。

“真剣交際”という私の言葉を聞いて、洋子は言った。

听了我说的“以结婚为前提的交往”后,洋子这样说道。

「性格はまじめ一徹。面白みはないんですけど、結婚するにはチャラチャラした口先だけの男性よりも、早坂さんのような方のほうがいいと思っているんです。会社も安定している大手企業だし、結婚してから私が働くことも認めてくれています。そこは申し分がないんです。ただ……」

“他是一个非常严肃认真的人。虽然很无趣,但是相较于只会耍嘴皮子的轻浮的男性,像早坂先生这样的人更适合成为结婚对象。不仅在一家稳定的大企业工作,还同意我婚后可以继续工作。没什么可以挑剔。但是……”

洋子は、有名私大を卒業後、大手保険会社に就職をした。向上心も強く、会社では総合職として男性と肩を並べて仕事をしている、いわゆるバリキャリタイプだ。それだけにどうも恋愛や結婚を頭で考えてしまうようなところがあった。

从一所有名的私立大学毕业后,洋子在一家大型的保险公司工作。工作的上进心很强,在综合职位上的工作表现也丝毫不逊于男性,属于女强人类型。也这么努力思考过恋爱和结婚的事情。

*日本公司的职位分为综合职位和一般职位。综合职位指担任管理职位或是将来可能晋升为管理职位的干部候补的正式员工,且男性居多。

■「親の介護」が気になる

■在意“父母的养老问题”

「1つ心配なことがあるんです。お父様が亡くなっていて、お母様は80歳に近い高齢なんですよ。今はお元気だから、埼玉北部のご実家で一人暮らしをなさっている。早坂さんは一人っ子だし、お母様のことが心配なんでしょうね。会話をしていても、『母親もいい歳だから』という言葉が頻繁に出てくるんです。“結婚後の同居はない”と言っていますが、数年後お母様を介護しないといけない状況になったら、どうなるのかなって」

“有一件让我担心的事。虽然他的父亲去世了,但母亲已经接近80岁的高龄。目前因为身体还很健朗,独居在埼玉北部的老家。但因为早坂先生是独生子,所以一直记挂着母亲的情况。聊天的时候也常提到“母亲也上了年纪“。虽然现在说“婚后不会和老人同住”,但过几年就不得不面临要照料老人的情况了,到时候该怎么办呢”

婚活者がアラフォー、アラフィフ世代の親の結婚は、夫の親との同居が一般的だった。嫁が嫁ぎ先の舅姑の面倒を見るのも至極当然のこと。その経験をして年を経ているので、“老いたら子どもの側にいたい”“介護は子どもにしてもらいたい”と思っている親は、とても多い。

和男方父母同住的状况在35岁至55岁的相亲结婚中是很常见的。与此同时,女方照顾男方父母也被认为是一件理所当然的事。因此很多父母因为自身的经历自然就产生了这样的想法,“老了之后想要呆在孩子的身边”“让孩子来照顾自己”。

しかし、今の婚活者は、親と同居したくない人が圧倒的だし、親が高齢なら将来的に待ち受ける介護の問題を先回りして心配する。プロフィールの“親との同居”を書く欄に、“相談したい”と書いている男性は、ほぼ“同居希望”と女性たちから見なされ、お見合いが組みづらくなっているのも現状だ。

但现在有压倒性数量的相亲者表示不愿意和父母同住,会预先考虑高龄老人的养老问题。现在的情况是,如果男方在个人简介中的“和父母的同住”一栏中,写了“想要商量”,基本就会被女性认为是“希望能和父母同住”,从而很难匹配到相亲对象。

その日は、「そんなに先のことを心配していたら、誰とも結婚できないわよ。まずはお人柄を見て、それで早坂さん自身がいい人なら、真剣交際に入ってもいいんじゃないの?」

那天,“如果担心这么长远的事情,和谁都结不了婚。还是先看一下早坂先生的人品吧,如果他是一个不错的人,就考虑一下以结婚为前提的交往怎么样?”

そう言って、面談を終えた。

我这么说着,然后结束了面谈。

そこから、数日後、早坂の仲人から連絡が入った。

在这之后,过了几天,早坂的介绍人联系了我。

「早坂と内田さん、いいお付き合いをさせてもらっているようですね。それで先日、“真剣交際”に入ることを勧めたら、早坂が、『1点、気になることがあります』って言うんですよ」

“因为早坂和内田女士的交往挺顺利的,所以前几天我向早坂提出了进入“以结婚为前提的交往”阶段的建议,但早坂却回答说“有一点我比较在意””

早坂は早坂で、“真剣交際”に進むことに懸念事項があるようだった。早坂は仲人にこんなことを言ったそうだ。

早坂自身好像对开始“以结婚为前提的交往”有一些比较担心的事。据传早坂对介绍人说了这样的话。

「洋子さんは話をしていても話題が豊富だし、頭の回転も早い。そうかといって自分ができることを鼻にかけたりしない。結婚したらお互いを尊重しあって生活できるパートナーになると思うんです。ただ彼女、39歳でしょう?妊娠するには、ギリギリの年齢。結婚したらすぐに子どもを作らないと手遅れになる。その前に、妊娠可能な体かどうかブライダルチェックを受けてほしいのだけれど、自分からなかなか言い出しづらくて。相談所を通じて言ってもらえませんか」

“洋子女士有很多话题,思维也很敏捷。不会炫耀自己能够做到的事情。感觉结婚之后她会是一个能够做到互相尊重的伴侣。但是,她已经39岁了吧?要怀孕的话,年纪已经很勉强了。婚后如果不立刻准备生孩子就太迟了。虽然我希望她能够进行婚前生育检查,但很难说出口啊。因此,我想要婚姻介绍所帮我提一下这个请求。”

私も、早坂の仲人も2人で深いタメ息をついた。そして、早坂の仲人が続けた。

我和早坂的介绍人都深深的叹了一口气。然后,早坂的介绍人又说。

「私、言ったの。『あなただって46歳なんだから、妊娠するかしないかは女性ばかりの問題ではない。責任は男性と半々ですよ』って。そうしたら、『あ、僕は結婚する前にブライダルチェックを受けます』と言うのね」

“我这样说了一句。“你自己不也46岁了吗,会不会怀孕已经不光是女方一个人的问题了。男方也有一半的责任。”然后,他又说道“我在结婚之前会接受生育检查”。”

これだから、アラフォー、アラフィフの結婚は難しいのだ。

正因如此,35岁至55岁的人结婚困难。

2人がもしも20代だったら、親はまだ現役で働いている。親の介護は20年、30年先の話で、“介護をどうしようか”というところにまで考えが及ばないだろう。

如果两个人都是20几岁的人,父母都还在工作。给父母养老的问题就是20年,30年之后的事情了,现在完全不需要考虑这个问题。

ブライダルチェックにしても、ひとまず結婚をして数年経っても子どもができなかったときに、“お互いに検査をしてみようか”という話になるのではないか。

即使做了婚前生育检查,如果婚后数年都没有孩子的话,自然会提出“两个人都去检查一下吧”的建议。


それがアラフォーの結婚となると、高齢の親の介護が気になるし、妊娠できる時間に限りがあるので、まだ結婚を決める前から、近い将来に起こりうる問題をあれこれと心配してしまう。

但是,如果是一位40岁左右的人想要结婚,在决定结婚之前,就会烦恼在不久的将来可能会发生的各种问题,除了要照顾高龄的父母,还要担心能够怀孕的时间问题。

■実家の近くに戸建てを建てたい

■想要在老家的附近建一幢独院住房

新年の面談から10日経った頃、洋子から、「やっぱり早坂さんとは、交際終了にしてください」というメールが入った。真剣交際をこちらが勧めるくらいうまくいっていたはずなのに、いったい何があったのだろうか。

自新年的面谈后过了10天,洋子发来了短信,“果然还是终止我和早坂先生的交往吧”。他们两的交往明明应该进行的很顺利,还是这边提出要进行以结婚为前提的交往的,到底发生了什么事。

その夜、電話で洋子と話をした。

当天晚上,我给洋子打了电话。

「早坂さん、今は都内で一人暮らしですが、結婚をしたら実家の近くに一戸建ての家を建てたいとおっしゃるんですよ。ご実家は新宿まで通勤特急に乗っても1時間半くらいかかる場所。私は東京で生まれて東京で育ちましたから、そんな不便な所には住みたくない。しかも、そこの地域は車を足代わりに使わないと生活ができない。私、免許を持っていないし。

“虽然早坂先生现在一个人在东京生活,但他说婚后想要在老家附近建一幢独院住房。可即使是乘通勤特急列车,从他的老家到新宿也需要1个小时30分钟。我是一个土生土长的东京人,不想住在这么不方便的地方。而且,在那里如果没有车作为代步工具的话,生活会很不方便。但是我没有驾照。”

今の会社への通勤時間を考えると1時間半はギリギリ通えなくはないけれど、年々体力は落ちていくのだし、子どもが生まれたら仕事を続けていくのは難しくなりそうだから」

考虑到去现在这个公司的上班时间,1个半小时虽然很赶但也不是不行,但随着年龄增长体力的下降,再加上生了孩子的话,继续坚持这个工作就变得很困难了”

私は、洋子に言った。

我对洋子说。

「でもね、“あれも難しい”“これも嫌だ”と頭で考えてバツばかりつけていたら、誰とも結婚できないわよ。実際に生活が動き出してみないとわからないこともたくさんあるのだし」

“但是,如果光想着“那个也很难”“这个也不喜欢”,全部否定的话,就结不了婚了。在生活中不付出实际行动的话,有很多事情是不会明白的。”

「それはそうなんです。でも、不利な条件をのんでまで結婚したいかというと、早坂さんにはそこまでの情熱が持てない。ものすごく好きならば、気持ちで押し切れるんですけど。

“你说的也没错。但是,我对早坂先生的感情没有热烈到能够在容忍不利条件的情况下也想要结婚的程度。如果是非常喜欢的话,我倒是能够克服这些困难。

婚活を始めてみて、結婚って本当に難しいなと思っています。条件が整っていても、生理的に受け付けない人とは、結婚できないですしね。私、結婚不適合者でしょうかね」

开始相亲之后,我才发现结婚真是一件相当困难的事。即使各方面条件都很符合,也做不到和生理上接受不了的人结婚。我,好像是一个不适合结婚的人。”

婚活がうまくいかないときに、“私は結婚できない人間なのではないだろうか”と自分にダメ出しをし始めるのも、アラフォー、アラフィフ婚活者の特徴だ。

相亲活动进行的不顺利的时候,开始质疑自己“是不是一个结不了婚的人”,也是35岁到55岁相亲者的特征。


「不適合者ではないですよ。行き詰まると皆さん、そっちに考えが振れてしまうの。そうすると、お見合いをしても、お相手を見る目が曇ってくるし、お相手を好きになるスイッチが入らなくなる。そして、婚活疲れを起こすという負のスパイラルに巻き込まれていくんですよ。

“不是不适合喔。陷入僵局的时候,大家很容易就会产生这种想法。但是这样一来,相亲的时候就不能正确的看待对方,何谈喜欢上对方了。最后就会卷入消极的厌倦相亲活动的漩涡之中。

わかりました。早坂さんとは交際終了にしましょう。気持ちを切り替えて、前向きな気持ちで新たなお見合いをしましょうね」

我知道了。那就结束和早坂先生的交往吧。转换一下心情,用积极的心态去面对下一次的相亲活动吧。“

そう言って、電話を切った。

这样说完以后,我们结束了通话。

■相手を“好き”というガソリンがないと…

■如果没有喜欢这个燃料的话

翌日、交際終了の連絡を入れようと、相談所のサイトに入ったら、こちらが入れる前に、早坂のほうから“交際終了”の通知が来ていた。早坂の仲人とは親しくしていたので、まずは連絡を取った。

第二天,正当我想要登录介绍所的网站,发送结束交往的通知时,早坂先生先一步发来了“结束交往”的消息。因为我和早坂的介绍人挺熟的,立马联系了对方。

早坂の仲人は言った。

早坂的介绍人说道。

「内田様は自立していてとてもすてきな女性だと言ってました。でも、結婚してからも仕事をセーブするお気持ちがなかったようで。早坂としては、結婚したら仕事を続けてもいいけれど、家庭を第1に考えてくださる女性がよかったようです。あと、39歳という年齢がやっぱり気になったって。仕事はこれまでどおりに続けたい。でも、子どももほしい。それは無理ではないかと判断したんですって」

“早坂认为内田女士是一位很棒的独立女性。但他好像没有让她在婚后继续工作的想法。对于早坂来说,虽说婚后可以让女方继续工作,但更倾向于把家庭放在第一位的女性。另外,他果然还是很介意内田女士已经39岁的事实。内田女士想要继续工作。但也想要一个孩子。他仔细考虑了一下觉得结婚的话还是有点勉强。”

このカップルの場合、お互いが、自分の理想を追い求めすぎてはいないだろうか。そして、行動を起こす前に、頭で考えてストップをかけてしまう。石橋をたたいても、渡らない。

这两个人都太过于追求自己的理想条件。没有展开实际行动,在考虑了一番之后就选择了放弃。正所谓过度的谨慎会导致事情止步不前。

結婚は、どこか勢いと“なんとかなる”というおおらかさで突っ走らないとできないものだ。ただ、そうするには、相手を“好き”というガソリンがないと、アクセルが踏み込めない。年を重ねていくと、人を好きになる情熱もなだらかになってきている。

没有干劲和“总会有办法的”的这种乐观大方的心胸和勇往直前的气势的话,是不可能结婚的。但没有“喜欢”这种燃料,也加快不了结婚的步伐。然而随着年龄的增长,喜欢上一个人的心情也变得越来越平淡了。

 

だからやっぱり、中高年の結婚は難しい。

因此中老年人结婚不出所料是真的难。

本内容为沪江日语原创翻译,严禁转载。

相关阅读推荐:

不是中国才有相亲角!日本父母代理相亲是怎样的操作?

日本女性最新择偶条件:“普通男性”标准引争议!