你可能没听说过Tik Tok,但一定知道抖音。

2016年10月に中国版がリリースされ、昨年夏には日本を含むグローバル展開を開始したショートムービーアプリ・Tik Tok。日本上陸から1年にも満たない今年の春先より、このサービスが中高生を中心に急激なブームを起こしている。
2016年10月,音乐短视频App抖音率先登陆中国;2017年夏季,国际版(即Tik Tok)在其他国家相继上线。今年春季,日本年轻人群,尤其在中高学生一族里,掀起了一股强劲的“抖音热”。


抖音&Tik Tok

Tik Tok不仅位居iTunes日本区App下载排行第一,更是全球App下载榜的NO.1,超越YouTube、Facebook、推特、Instagram:

普通民众就不说了,这一风靡网络的现象也陆续开始在日本娱乐圈出现:

 

HKT48成员指原莉乃&田岛芽瑠、藤冈靛

佐藤健&永野芽郁

85岁高龄的黑柳彻子奶奶&花滑选手坂本花织

ダウンロード数は世界で約2億 日本のユーザーの66%が動画を投稿
Tik Tok全球约2亿下载量 日本66%用户有投稿行为

Tik Tokとは動画撮影からフィルター、エフェクト、音楽による編集、そして投稿までスマホ1台で完結するという、モバイル世代のユーザビリティに特化したサービス。さらに15秒動画という気軽さや、美顔や足長などの“盛れる”機能が充実していることから、自撮りが日常である世代にとっての「可愛く」「カッコよく」「面白く」自己表現ができる新たなツールとして人気を博している。

Tik Tok可通过视频摄影,加上后期滤镜、音乐加工等编辑,最后形成专属于自己的作品后上传,是移动社会中诞生的音乐短视频社交App。15秒轻量级的视频内容+美颜功能,对于喜欢自拍的年轻一代来说,Tik Tok能博得高人气是因为它是一款能够展现自己“可爱、帅气又有趣”的新工具。

音楽業界では、近頃の倖田來未「め組のひと」のヒットを生んだプラットフォームとして注目を集めている。同曲を使った動画はTik Tok内だけでも再生回数2億5000万超、投稿数55万4000件超(18年7月現在)と今年春から起こったムーブメントと考えれば、これがいかに爆発的な数字かわかるだろう。

从音乐界角度来说,值得瞩目的是,幸田来未《め組のひと》大热的背后,可以说是因为有了像Tik Tok这样的平台。该曲在Tik Tok内光是播放量就有2亿5000万多次,投稿数超55万4000个(截止2018.7月数据),如果说“抖音热潮”在日本出现才三、四个月,那么这个数据确实十分惊人。

挑战“アゴ乗せ”的(40代爱豆)中居正广

このブームは「仕掛けではなく、まったくの自然発生」
日本“抖音热”不是策划出来的,而是自然发生

Tik Tokの運営会社・Bytedanceの日本法人の事業開発部 本部長・井藤理人氏によると、このブームは「仕掛けではなく、まったくの自然発生」であるという。

Tik Tok运营公司・Bytedance的日本法人・井藤理人(事业开发部部长)认为,日本的“抖音热”并不是有意而为,而是自然现象。

「Tik Tokは基本的にユーザージェネレイティッドコンテンツ(以下UGC)であり、ユーザーが作った動画をユーザーがシェアや“いいね”をすることで、大きなムーブメントへと育っていくのが通常です。『め組のひと』もリリースは2010年と決して新譜ではないですし、ブームの起点も1人の“とあるユーザー”の投稿だったと考えられます。楽曲を高速再生して、面白さや可愛さを演出するという意外性のあるアイデアもまさにUGCならではですよね」(井藤氏/以下同)

井藤先生:“Tik Tok的内容模式主要由用户自发性地生产内容(UGC),然后其他用户通过分享和点赞的形式来孕育潮流运动。像是《め組のひと》,这首歌曲发售于2010年,已经称不上是新歌,之所以能够大热,正是因为有用户的存在。以加速形式播放音乐,将快视频可爱有趣又好玩的地方展现出来,这种创意只有UGC才做得到。”

“とある1人のユーザー”の1投稿がなぜここまでのバズを起こし得たのか。井藤氏は楽曲や振付のキャッチーさに加え、Tik Tokならではのエンゲージメントの高さを指摘する。

“1个用户的投稿,为何会引起爆发性热潮?”井藤先生觉得Tik Tok是凭借特有的属性而大获成功的。(配合音乐跳舞,有节奏性,能够很快上手的简单舞步)

「Tik Tokの月間アクティブユーザー数が世界で約2億(7月時点)。日本のユーザー(ユーザー数非公表)の66%が動画を投稿しており、さらに90%以上がシェアやコメント、“いいね”をしているといった非常にアクティブな使われ方をしています。SNS内でのコミュニティを大切にし、そこでの流行を信頼し、自分もこの流行に参加したいという現代の若者の趣向にTik Tokはマッチしたのだと思います」

“目前,全球的Tik Tok月活用户数是2亿人(截止7月数据),日本区用户(数据非公开)66%有过投稿,90%以上的用户有过分享、评论、点赞等活跃行为。我认为现在日本年轻一族的趣向和Tik Tok是匹配的,因为他们注重SNS上的交流沟通,对流行趋势十分敏感,自己也有‘要跟上潮流’的想法。”

過去に発生したTik Tok内での主なブーム
前段时间,“日本抖音”流行这样玩
(※截止2018年7月数据)

【#いいアゴ乗ってんね】
播放量:1亿2000万+次/投稿数:2万9000+件

白石麻衣&斋藤飞鸟

佐野ひなこ

【#だれでもダンス】
播放量:5亿3000万+/投稿数:16万7000+件

藤原敏史、木下优树菜夫妇

【倖田來未「め組のひと」】
播放量:2亿5000万+次/投稿数:55万4000+件

PIKO太郎&幸田来未

音楽アーティストとの連携キャンペーンも増加
今后会增加与音乐人的联合活动

また、Tik Tok動画に音楽は必須ではないものの、やはり音楽との親和性は高く、中国版ではNetEase、アメリカ版ではApple Musicといった音楽ストリーミングサービスとリンクした取り組みが始まっている。さらに、アーティストや楽曲のプロモーションにTik Tokを活用する事例も各国で増えている。

虽然说投稿一个Tik Tok小视频,音乐不是必要的存在,但归根结底来说,有了音乐的辅助,能让“成品”更添精彩。像是中国和网易云音乐,美国和苹果音乐,他们已经着手于流播放服务。有许多国家也逐渐开始利用Tik Tok来进行艺人和歌曲的推广。

上月,在生放送节目《THE MUSIC DAY》里狂刷“存在感”的Tik Tok广告

「国内でもピコ太郎さんやDA PUMPさん、倖田來未さんなどといったプロモーション活用事例が徐々に増えてきました。また韓国のYGエンタテインメントとはグローバル契約を結んでいて、BLACK PINKはPVではなく、自分たちの新曲を使った面白動画を限定配信するなど、Tik Tokユーザーにとって特別感を感じてもらえるような活用をされています。ユーザーはTik Tokをパーソナルなツールとして捉えてくれているので、上手に活用していただくことでアーティストとユーザーの深い関係を築くのにも貢献できるのではないかと思います。また、通常の動画は15秒ですが、公式アカウントを取得すると30秒の動画が配信できるようになります」

“从日本国内看,运用Tik Tok来做艺人宣传工作的事例也在慢慢增加,比如:PIKO太郎、DA PUMP、幸田来未等。韩国方面,和YG公司签署了国际合约,比如:在Tik Tok上限定配信BLACK PINK的新单曲,并且还不是普通的PV释出,而是做成了有趣的小视频公开,这样对于Tik Tok用户来说,会有特别的归属感。用户将Tik Tok当成一款私人工具使用,如果能很好地活用起来,我认为艺人和用户之间建立起深层次的关系也不是没可能。另外,App里可上传的视频时间是15秒,如果官方账号入驻,将获得30秒的配信功能。”

涩谷站的Tik Tok广告

なお、現在のユーザーは圧倒的に中高生だが、次なるボリュームが来るのは「20~30代のミレニアル世代」であると井藤氏は予測する。

日本现在使用Tik Tok的用户年龄层主要占比仍然以00后为主,不过井藤先生预测,下一波“日本抖音热”将出现在“20-30岁之间的年轻群体中”。

「すでにInstagramerと呼ばれる方々がTik Tokに興味を示しているのを感じています。やはり自分を可愛く盛れるTik Tokの機能は、この層にとって魅力なのでしょう。今後は各企業さんとのパートナーシップがさらに進んでいくと思いますが、一番重要なのはユーザーにとってパーソナルなツールであり続けること。UGCとしての原点を見失わずに、このプラットフォームを日本でも育てていきたいと思います」

“不少Instagram达人开始注意到Tik Tok的存在,对于玩转SNS的这一代人来说,能把自己变得更可爱,(Tik Tok)果然还是有着不小的魅力吧。接下来我们的方向会放在与各企业建立友好合作关系上,不过最重要的一点,则是要继续维持好‘隐私保护’的用户体验。不忘UGC的初心,充分利用这个平台,将Tik Tok在日本培养起来。”

如果你对日语文化感兴趣>>不如从掌握五十音来开启新世界的大门

适用于想简单学习一点日语的学习者:

新版日语初级入门全能【随到随学班】
新版标日初级上下册精讲连读【随到随学班】

适用于想从头开始系统学日语的学习者:

新版日语零基础至中级【0-N2签约名师通关班】
新版0-N1签约【3年随心畅学班】