先ごろ人気アイドルグループ・関ジャニ∞の渋谷すばるが、今年の12月31日をもって事務所を退所することを発表して以来、依然ファンの悲痛な声は続いている。そのように、人気グループやバンドの脱退、結婚、卒業、解散といった重大な知らせの際に多用されるのが「大切なお知らせ」といった内容を予測できないタイトルだ。時に“あおり”や“釣り”にも使用されるエンタメ業界の伝統芸ではあるが、やはり同タイトルにトラウマを感じるといった声がSNSなどで散見される。SNSや公式サイト等の自己発信による告知が主流となった今、「大切なお知らせ」はどうあるべきなのか?

不久前,人气偶像组合关八的涩谷昴宣布,在今年12月31日将退出事务所,粉丝们悲痛欲绝的声音不绝于耳。如是,人气组合、乐队出现成员退出、结婚、毕业、解散等重大事件时,大多会使用名为“大切なお知らせ”(重要通知)这一无法预测内容的标题。虽然有时只是娱乐界内“煽动”或“吊胃口”的传统手段,但SNS上仍有不少意见认为这个标题一出现就令人觉得出事了。现在,在SNS或官方网站上自己发布通知已成主流趋势,那么“重要通知”到底该如何?

脱退、解散、結婚…「大切なお知らせ」を見る度に寿命が縮む思いのファン

退出、解散、结婚……每次看到“重要通知”就觉得寿命都要缩短了的粉丝们

渋谷すばるの脱退・退所報道の経緯は、(1)4月13日に『フライデー』(講談社)が脱退を報道、(2)4月15日午前9時半ごろ、「関ジャニ∞のメンバーから、大切なお知らせがあります」として、関ジャニ∞のファンクラブ会員に限定メールが届く、(3)予告していた午前11時にファンクラブ会員サイトで渋谷すばるの脱退・退所を発表、(4)安田章大以外のメンバーの記者会見が行なわれ、各種ワイドショーでも報道される、といった流れだった。

涩谷昴的退团、离开事务所的整个过程如下:(1)4月13日《Friday》(讲谈社)报道其将退团的消息。(2)4月15日上午9点半,将一封“关八成员有重要通知”为名的邮件,发送给了关八粉丝俱乐部的会员。(3)在预告后,上午11点在粉丝俱乐部会员网站发布涩谷昴退团、离开事务所的消息。(4)除安田章大外,其他成员举行了记者招待会,在各大情报节目中被报导。

この「大切なお知らせ」メールから公式発表まで間、SNSでは「もうあと20分…お腹痛くなってきた」、「お願いお願いすばるくんお願い」「報道の否定であってほしい」等々、ファンたちの悲鳴にも似たつぶやきで溢れ返ったのである。こうした「大切なお知らせ」方式をとるタレントは多く、最近ではダンス&ボーカルユニット・超特急のメンバー・コーイチの脱退、6人組バンド・Brand New Vibeの解散発表等々、それぞれの公式サイトで「大切なお知らせ」や「ご報告」といったタイトルが用いられている。

在收到这封“重要通知”的邮件到公开消息之间,SNS上的粉丝们发出了“还要20分钟……肚子都疼起来了”“拜托了拜托了昴君拜托了”“希望消息是假的”等等悲鸣声,碎碎念铺天盖地。像这样以这种方式进行“重要通知”的艺人不在少数,最近舞蹈&歌唱组合超特急的成员晃一退出,6人乐队组合Brand New Vibe解散等消息的发布,都是在各自的官方网站上使用了“重要通知”“告知”等标题。


もちろん、お知らせの内容が期待通りであったり、たとえばX JAPANのようにあえて頻繁に“重大発表”を予告したりする例もある。ファンたちはそのたびに「YOSHIKIがついに結婚!?」、「22年ぶりのスタジオアルバム発表!?」、「まさかの解散とか…」などとSNSで盛り上がるのだが、実際は映画の公開日や、サウンドトラックの発売など、「そこまで重要なのか…?」といったものも。“重大度”の高低差による“ズッコケ”にもファンたちも徐々に慣れ、今ではネタとして楽しむ包容力さえ見せているというレアケースもある。

当然,有通知的内容和预期一样严重的情况,也有像X JAPAN那样总是频繁地预告“重大发布”。粉丝们每每猜测“YOSHIKI总算要结婚了?!”“时隔22年发专辑?!”“不会要解散了吧……”在SNS上沸反盈天,而实际上不过是告知电影公映日、发售原声音乐带等,令人觉得“这算重大嘛?”由于这“重大性质”差异太大,时而令人大跌眼镜,所以粉丝们也渐渐习惯了。现在有了把这个当成段子看待的包容力。

しかし、実際は脱退や解散といった発表後のSNSでは「『大切なお知らせ』を見ると寿命が縮む…」「『大切なお知らせ』は一生しないでほしい」「大切なお知らせ怖い」「『大切なお知らせ』しんどい」と言った投稿が頻出。たびたび報じられる脱退や解散といった「大切なお知らせ」が寂しいお知らせの象徴として“トラウマワード”と化している。

然而,真的是发布了退出或解散这一类消息后,粉丝会在SNS上频繁表示,“一看到重要通知寿命都要缩短了……”“希望一辈子都不要有重要通知”“重要通知好可怕”“重要通知真是令人难受”。每每报导退出或解散的这一类“重要通知”,就如同宣告寂寞的通知,已成了粉丝们心中的“阴影词汇”。

“あおり”“釣り”のテロップやタイトル、エンタメ業界伝統芸の今昔

“煽动性”“吊胃口”的字眼、标题,娱乐圈传统技能的今昔

だが、“大切”や“重大”、“緊急”などの“お知らせ”形式は、テレビ業界やネットビジネスでは昔からある手法。特にテレビの場合は「正解はCMの後!」といった“あおり”や、ボクシングや格闘技中継でよくある「この後、ついに世紀の決戦!」はよく見ただろう。「この後」と言いつつ実際は試合開始が2時間後といった“釣り”はかつての常套手段だった。

不过,以“重要”“重大”“紧急”等字眼作为“通知”的形式,在电视业界、网络商务上并非新鲜事儿。尤其是电视上,“正确答案在广告后公布!”这种“煽动”词,在拳击、格斗技直播中也常见“之后,世纪决战即将开始!”等。说着“之后”,其实离比赛开始还有两个小时,这种“吊胃口”的手法也是过去的老套路了。

しかし、こうした露骨な“あおり”や“釣り”は、視聴者が「不愉快」と拒否反応を示すように。最近ではCMを入れるタイミングも自然になり、「あと○分で登場」といった表現に変化した。さらに、SNSで事前にタイムテーブルを発表するような親切さまで発揮している。

然而,对这种露骨的“煽动”或“吊胃口”,观众明显表现出了“不愉快”和拒绝。最近,广告的植入时机变得更自然,表述方式也改为了“之后x分钟后登场”。而且事前还在SNS上发布时间表,充分发挥了平易近人性。

また、その手の“ベタ”となったかつての“あおり”や“釣り”を逆手にとり、ネタとして昇華させるのも定番に。バラエティ番組などでタレントが話に詰まり、「続きはCMの後!」と逃げて笑いを取る…なんていう場面はよく見かける。他にも、かつては「重大発表!」とあおっていた番宣も変化。『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)などで、授業中に先生役の大学教授がいきなり「ところで〇〇さん(ゲスト出演者)の出ているドラマは…」と切り出すと、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也が「なに先生、勝手に番宣はじめちゃってるんですか!」と突っ込むという、“流れ”で告知する新しいスタイルも見られるようになった。

另外,这种老套的“煽动”“吊胃口”的手法反其道而行,升级成了段子。如在综艺节目中,当艺人说话语塞时,就会用“预知后情在广告后!”取笑来逃避,这样的场景也是不胜枚举。还有,“重大发布”还成了节目宣传的代名词。如“世界第一想要上的课”(日本电视台)中,作为授课老师的大学教授突然来了句“话说xx(嘉宾)出演的电视剧……”,此时主持人奶油炖菜的上田晋也插话道“啥老师,就这么突然开始宣传了啊!”顺着节目“进行”将告知融入其中,成了电视节目的一种宣传新形式。

「大切なお知らせ」がネタ扱い? “本当の”大切なお知らせに求められる直球タイトル

“重要通知”被当成了段子?希望“真正的”重要通知能简单点儿

では、ネット上にある「大切なお知らせ」はどうだろうか。一見無難な「大切」「お知らせ」「ご報告」は興味をそそり確実にクリックさせる“マジックワード”でもある。しかし、一般ユーザーのブログであえて「大切なお知らせ」とタイトルをつけて節目の報告をしてみたり、エイプリルフールに「大切なお知らせ」で“ウソの発表”をしたりと、もはや公式発表を飛び越えて一般ユーザーの間でネタとして常態化してしまっている状況だ。

那么,网络上的“重要通知”又是怎样的呢?乍看之下无可厚非的“重要”“通知”“告知”等词的确是吸引人的“魔法词汇”。不过,普通用户反而会以“重要通知”为标题报告节点,在愚人节以“重要通知”为题说个小谎,这或许已是超越了官方发布的性质,成了普通用户之间常态化的发段子手法。

だからこそ、タレントの節目の発表に“ベタ”なネタと化しつつある「大切なお知らせ」を使い続けている点に、ファンも疑問を抱くのだろう。むしろ「“大切なお知らせ(脱退)”みたいにタイトルでわかるようにしてほしい」、「タイトルで心の準備を整えてから詳しく読みたい」のように懇願されている状況だ。

正因为如此,艺人宣布重要事件时还以“重要通知”这个已经用烂的段子,粉丝们当然会持疑。网民们恳请官方“将标题改成重要通知(退出)这样一目了然的样子”“标题就能让我们做好心理准备,再阅读详细内容”。

そして、かつては「大切なお知らせ」「ご報告」を多用していたアイドル大所帯のハロープロジェクトやAKBグループも、ここ最近はメンバー名を入れて「休養のお知らせ」「卒業に関するお知らせ」といった具体的なタイトル表記をすることも増えた。事実、ファンも「その方がありがたい」「できるじゃん」と好意的に受け入れているようだ。

近来,过去常用“重要通知”“告知”的偶像大家庭Hello!Project和AKB组合,也会以加入成员名字的“进入休整期”“毕业通知”等具体的标题来发布。事实上,粉丝们也觉得“这样就挺好的”“不是做得到嘛”表示这样更容易接受。

「大切なお知らせ」のように、人の心をざわつかせるキーワードを使った“あおり”や“釣り”の手法はテレビや雑誌、そしてインターネットへと受け継がれてきた。それを受け止めるユーザーも今ではエンタメとして楽しむようになっている。しかし、その一方で、便利で速報性の高いネット社会の今だからこそ、本来の意味の「大切なお知らせ」をするときには、思わせぶりに頼らずストレートな表現で確実に伝えることも効果的な手法なのかもしれない。

如同“重要通知”那样,使用闹得人心惶惶关键词的“煽动”“吊胃口”手法,从电视、杂志一直沿用到了网络。而接受这些的用户现在也当作娱乐一般在享受。不过,另一方面来说,正因为当下是方便快捷、讯息效率高的网络社会,在真正要传达“重要通知”的时候,不妨别掩掩藏藏的,用直接一点的方式表达出来,可能效果会更好。

本翻译为沪江日语原创,转载请注明出处。

相关阅读推荐从昭和到平成:回溯日本“偶像”的变迁史