日本人心声:如果有男性专用车,乘否?
作者:佐佐家的小黄鸡译|来源:spotlight|2017年10月10日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

電車内で痴漢をしたと言われ、線路を走って逃げた男性など、痴漢に関するニュースをよく目にする。痴漢に間違われる不安を抱く男性は多く、痴漢の冤罪事件に巻き込まれると、とても厄介なことも話題になっている。

在电车内被说成是痴汉而沿着铁路逃跑的男性等等,经常看到类似这样和痴汉有关的新闻。怕被误认成痴汉的男性们心中不安,怕被卷入痴汉的冤罪事件中,变成特别麻烦的事,这件事也成了一个热议的话题。

しらべぇの調査では、痴漢をされたことがある女性の割合は6割近く、泥沼化しているようにもみえる痴漢問題だが、近年は「男性専用車両」の導入を求める声も出ている。

根据调查,被痴汉过的女性的比例接近6成,痴汉问题似乎陷入了泥沼,近年,还出现了引入“男性专用车辆”的呼吁声。

実際、通勤・通学に電車を使う男性は、男性専用車両が導入されたら、どのくらいの人が利用したいと考えているのだろうか?

实际上,上班、上学途中使用电车的男性,如果引进男性专用车辆的话,有多少人会考虑使用呢?

男性専用車両が導入されたら利用したい?

如果引进男性专用车辆的话会想用吗?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の通勤・通学に電車を使う男性242名を対象に、調査を実施した。

调查编辑部,对242名全国20岁~60岁的上班、上学中使用电车的男性进行了调查。

男性専用車両が導入されたら利用したいと思うと答えたのは、47.9%。半数近くが実現を待ち望んでいるようだ。

如果引进男性专用车辆表示想用的占47.9%。接近半数的人似乎对此保持期待。

また、エリア別では、東京都民の中で利用したいと考えている人が43.8%に対し、神奈川県民は58.8%と15ポイントも高い。通勤距離の長さなどによって、関東の中でも利用したいと考える率が大きく異なっている。

另外,以地区区分的话,东京都的居民中表示想用的人占43。8%,神奈川县的居民则是58.8%高了15%。根据上班距离的长短等因素有关,就算是关东地区表示想用的人比例也大有区别。

なお、近畿地方では38.3%と、全体平均より9ポイント低い。

另外,近畿地方为38.3%,比全体平均要低9%。

■痴漢を減らす取り組みも

■减少痴汉的对策

JRや地下鉄では、車内での痴漢や犯罪行為の防止に役立てるため、都内を中心に車両に監視カメラの導入を発表。

JR和地铁,为了防止车内发生痴汉和犯罪行为,将以都内为中心在车上导入监视器。

山手線では、ステッカーを掲出することで、カメラが作動中であることを乗客に知らせるとしている。

山手线,则张贴告示,告诉乘客这里监视录像机正在运作。

監視カメラの設置により、痴漢の抑止効果があり、冤罪事件の減少にも繋がることに期待したい。

通过设置监视录像机,期待能抑制痴汉,也减少冤罪事件的发生。

本翻译为沪江日语原创,禁止转载。

相关阅读推荐为什么日本没有男性专用车厢

相关热点: 文化主题金田一

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
0
点赞
收藏
分享:
挑错
 
猜你喜欢

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP