高桥一生:在四重奏里找到的意义
作者:hyowan译|来源:oricon|2017年05月12日 06:30
  • 双语
  • 中文
  • 日语

から揚げにレモンを勝手にかける行為は絶対に許せない、お金はないのに1箱1600円のティッシュを愛用する――。TBS系ドラマ『カルテット』で、そんな“面倒くさい男”家森諭高を愛らしく演じた高橋一生が、質の高いドラマを表彰する「第7回 コンフィデンスアワード·ドラマ賞」で助演男優賞に選ばれた。同作は『最高の離婚』など、数々のヒット作で知られる坂元裕二氏が脚本を担当し、松たか子ら実力派キャストが一堂に介した意欲作。撮影を振り返ってもらうと、彼にとって今作は、役作りに対する考えを“再確認”できた場でもあったという。

绝对不允许在炸鸡上擅自挤上柠檬汁的行为、明明没钱还喜欢用一盒1600日元的纸巾。在TBS电视台电视剧《四重奏》当中饰演了这样一个“麻烦男”·家森谕高的高桥一生,在表彰高品质电视剧的“第7届 CONFiDENCE日剧年度大奖”当中被评为最佳男配角奖。本剧是由凭借《最完美的离婚》等数部大热作品为人熟知的坂元裕二担任编剧,松隆子等实力派演员集聚一堂的得意之作。我们请他回顾了拍摄过程,对于他来说,这部作品中有使他自己对于角色塑造的想法得到“再确认”的场景。

“から揚げにレモン”のシーンで、居住まいが決まった

因“在炸鸡上挤柠檬”的那场戏,找到了自己的定位

——「コンフィデンスアワード·ドラマ賞」では第1回(15年7月期)の『民王』に続いて、2度目の受賞となりますが、受賞された今のお気持ちをお聞かせください。

——这是你继第1届(15年7月)“CONFiDENCE日剧年度大奖”的《民王》之后第2次获奖,请你说一下你现在的心情。

高橋一生:嬉しいです。こうして助演男優賞として評価していただけるというのは、とてもありがたいことだと思っています。次に進んでいくための糧になると、僕は思っています。

高桥一生:非常开心。获得了最佳男配角的这个评价非常值得感谢。我想这将会成为我前进的动力。

——今作は、松たか子さん演じる早乙女真紀をはじめ、高橋さんが演じた家森、満島ひかりさんの世吹すずめ、松田龍平さんが演じた別府司の4人が中心の群像劇。なかでも家森という役はかなり特異なキャラクターでした。脚本を読まれた段階では、どのような姿勢で役に挑まれようと思いましたか?

——这部作品是以松隆子饰演的早乙女真纪、高桥一生饰演的家森、满岛光饰演的世吹雀、松田龙平饰演的别府司4人为中心展开的群像剧。当中尤其是家森这个角色的性格特别突出。在阅读剧本的阶段,你本身打算以什么样的姿态挑战这个角色呢?

高橋一生:脚本の坂元裕二さんやチーフ演出(監督)の土井裕泰さんは、僕ら4人のお芝居をとても良く観てくださっていて、キャラクターというか、人物造形みたいなものを緻密に、一緒になって作り込んでくださったと感じていました。それは、監督や脚本家だけじゃなく、プロデューサーの佐野亜裕美さんだったり、技術スタッフの皆さん、美術スタッフの皆さんが一丸となって、家森という人間を、あの4人を、一緒に作ってくださったという感覚がとても強くあります。そういう現場でしたから、自分だけで“役作り”をして作品に望まなくていいんだ、ということを改めて再確認できた場所でもありました。

高桥一生:编剧·坂元裕二和主导演·土井裕泰十分认真地观看我们4人的表演,与其说是人物性格,其实是像人物造型一样的东西,他们也和我们一起缜密地改善它。我强烈地感受到不仅仅是导演和编剧,还有制作人·佐野亚裕美、技术人员们、美术指导们,是大家团结一致才创作出了家森这个人物、那4个人物。正是这样的拍摄现场,也有让我可以重新对于“不用一个人独自‘塑造角色’、指望着作品”这一点再次得到确认的地方。

——今作で核となったのは4人の会話劇だと思います。その中でも印象に残っているシーンや、自分が演じている上で手応えを感じたシーンはありますか?

——我认为本剧的核心部分是4人谈话的场面。其中有让你印象深刻以及反响比预想还好的场景吗?

高橋一生:クランクインから、かなり早い段階で4人の別荘のシーンの撮影があったのですが、そこでの“から揚げにレモン”のシーンです。4人のコントラストや、それこそ“カルテット”による“言葉のセッション”というか。そういうものを早い段階で経験できたので、その後は、フォーカスを絞りやすかったです。家森はこれでいいんだとか、4人の関係性はこれでいいんだ、こうやっていこうという感じで。また、それを受けて、脚本の坂元さんも“セッション”してくれていたような気がします。本当にあのシーンです、あのシーンで居住まいみたいなものが決まった感じはあります。

高桥一生:开拍之后,很早就拍摄了我们4个人在别墅的场景,(印象深刻的)是在那里拍摄的“在炸鸡上面挤柠檬汁”的戏。能看出4人的不同,这是“四重奏”的“语言演奏会”。因为很早就拍摄了这个场景,有了经验,之后也就容易锁定焦点了。家森这样演就可以了,这4个人的关系这样演就可以了,感受到就这样拍下去就行。再者,接受了这个步调,编剧·坂元也感受到了像看一场“演奏会”一样的感觉。真的是那场戏,那场戏让我感受到了像找到了自己的定位一样的东西的感觉。

演奏の練習は昨年の夏ころから

练习演奏是从去年的夏天开始的

——独特な会話のはどのように生まれていったのでしょうか?

——这种独特的对话氛围是如何诞生的呢?

高橋一生:エチュードなんです。アドリブのようでアドリブじゃない。実際にアドリブはほとんどありませんでした。家森のダメな感じとか、可笑しさみたいなものは、それを許容してくれる3人がいて成り立ったと思います。生々しい感覚で受け止めてくれたからこそ、家森の面倒くささも際立ったと思うし、あの空間で3人とお芝居ができたことは、本当に幸せな経験だったと思いますし、多分ずっと忘れないと思います。

高桥一生:练习的结果。像即兴表演一样但却不是即兴表演。实际上基本没有即兴表演。家森废柴的感觉和可笑的地方,正是因为有他们3人的包容才能够成立。正因为他们以鲜活的感受接纳了家森,家森麻烦的一面才显现,我想能够在那个空间和他们3人一起拍戏,真是非常幸福的经历,大概永远不会忘记。

——それが家森というキャラクターでもあったわけですね。

——这也是因为有家森这个人物的缘故吧。

高橋一生:家森に限らず、あの4人が4人とも、みんなダメダメで、みんな滑稽でしたよね。けれど、それぞれ突出したところが、とても人間らしくて、美しくて、格好良かったと思っています。格好良いということの定義だとか、ダメの定義は1つだけじゃないということも描かれていたように僕はどこかで思っていました。脚本が出来上がるたびに、「これでいいんだよ」、「胸張っていいんだよ」、「人間ってこんなんでいいんだよ」と、坂元さんからの手紙を受け取るような感覚もあって、それに対して、手紙の返事をお芝居でしていたような、とても充実していたし、幸せな現場だったと思っています。

高桥一生:不仅是家森,这4个人大家每个人都很糟糕、都很滑稽吧。但是,我认为大家各自突出的地方非常具有人情味、美好、帅气。我在某处还感受到了这部作品描绘了“帅气的定义、糟糕的定义其实不止只有一个”。每次剧本完成,读着就好像收到了来自坂元裕二编剧的信,说着“这样就很好啊”、“自信就好”、“人类就是这样,这样就好”的感觉,对此,我也像回信一般演戏,拍摄现场非常充实、非常幸福。

——演奏シーンも多く、この点では大変苦労されたのではないでしょうか。

——演奏的场景很多,这点非常辛苦吧。

高橋一生:演奏については去年の夏くらいからずっと練習をしていました。最終的には、「死と乙女」を弾くのですが、自分も含めて、わりとみんな弾けるようになっていました。シーンとしては最初に「モルダウ」を弾いたんですけれど、とにかくこれが難しくて(笑)。「モルダウ」という高い壁を最初に作ってくれたことによって、その後がわりとやりやすくなっていました(笑)。先生も本当に親身に教えてくださいましたし、そういう意味では全然不安もなく、演奏とお芝居が両立できていたんじゃないかと思います。

高桥一生:演奏是从去年的夏天开始一直在练习的。最后弹奏了《死亡与少女》,也包括自己在内,最后竟然大家都能够弹奏下来了。一开始的场景中弹奏了《莫尔道河》,总之这个太难了(笑)。因为一开始就给我们创造了《莫尔道河》这么高的障碍,比较起来之后的就变得容易多了(笑)。老师也亲自教我们,我想正因如此我们才完全没有不安,能够演奏和演戏同时进行。

——彼ら4人の恋愛については、どのように感じていましたか。

——对于他们4人的爱情,你是怎么想的呢?

高橋一生:恋って本当にわからないものだって思います。家森が(満島さん演じる)すずめちゃんに抱いていた感情は、最初からあって、それは脚本の中にも散りばめられていたように思います。けれど、演じている僕もはっきりとはわからなくて。多分観ている方たちも、“かも?”って思っても確信は得られないままお話が進んでいったように思います。そこにリアリティを感じます。恋ってそんなにわかりやすいものじゃないし、人が人のことを好きになるとか、愛してるという感情はとても複雑で、わかりづらいものだと思います。坂元さんの脚本では、そこを、絶妙に余白を残しつつ描かれていました。1人の人をずっと思い続け、ストーカーのように追いかけていたのに、自分の会社の人と寝てしまうとか(笑)。やけに生々しいリアリティが、でも「そんなもんだよね」って言わせてしまう。別府くんがベランダでラーメンを食べるシーンもすごく印象的でした(笑)。

高桥一生:恋爱真的是让人搞不明白的东西。家森对(满岛光饰演的)雀抱有的感情是从开始就有的,在整部剧中也有时不时显露。但是饰演他的我也不是清楚地明白。大概观看的各位也是即使“也许?”这样想着,也无法得到确认,就这样继续看下去了吧。在这里感受到了真实感。恋爱不是这么容易了解的东西,人对于喜欢一个人还是爱一个人的感情是非常复杂的,是很难理解的。在坂元裕二的剧本当中,将它的描述绝妙地留下了空白。明明一直不断地想一个人,像跟踪狂一样追寻,却和自己公司的人一起睡了(笑)。虽然具有非常鲜活的真实感,但是也让人感叹“(人)就是这样的呗”。别府在阳台上吃拉面的场景也让人印象十分深刻。

——最後に今後の抱負をお願いします。

——最后请说一下你今后的抱负吧。

高橋一生:ちょうど2年前ですか?『民王』でいただいたのと同じ「助演男優賞」をいただけて、とっても嬉しいです。これからも自分らしく、自分の受け取り方で周りの方たちと一緒にお芝居や作品作りに携わっていきたいと思っています。本当にこのように評価していただけるということは、感謝しかないです。ありがとうございます。今後も充実させていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

高桥一生:正好在两年前吧,凭借《民王》同样获得了“最佳男配角”,非常开心。我想从今往后也要有自己的风格,用自己接受的方式和周围的人们一起创作电视剧和作品。对于获得这样的评价真的很感谢。谢谢。今后也想让自己充实起来,请多指教。

本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。

相关阅读推荐:

高桥一生:让女性着迷的真面目是?
高桥一生:我只想隐藏在角色里

相关热点: 日剧娱乐日剧主题AKB48

您感兴趣的课程有优惠啦,快去看看:
6
点赞
收藏
分享:
挑错

请输入错误的描述和修改建议,非常感谢!

错误的描述:

修改的建议:
展开导航
我的收藏
我的课程
TOP