履歴書の書き方    简历的写法

履歴書は職務経歴書と違い、年齢や職種などによる特色はありません。正直にありのままを書くので、絶対に受かる履歴書というものはないのですが、ちょっとしたケアレスミスで落ちてしまう履歴書というのがあります。つまり、履歴書では損をしないことが重要です。

简历与职务经历不同,不会有来自年龄或行业等的特色。如实填写,当然没有绝对能过的简历,却可能因为一点粗心的失误而被拒之门外。换句话说,不要在简历上失误很重要。

落ちない履歴書作成のポイントは、次の通りです。 制作一份不会被拒的简历的要点如下:

法则1、履歴書のフォームに従う     按照简历的样式

コンビニエンスストアなどで売っている市販の履歴書でも、インターネットで「履歴書フォーム」で検索すると出てくるような、一般的なものでかまいません。独自で工夫をしてオリジナル形式を作る人もいますが、これにはセンスが必要になります。企画職やプランナーなどの提案書を書く職業であれば、オリジナルの履歴書を作っていただいてもかまいません。それ以外の人は、フォームに従って書いたほうが無難。繰り返しますが、履歴書の書き方では落とされないことが目標です。

便利店买的简历或是网上检索到的“简历模板”这样一般性的样式就可以。也有人会花心思去独创,但这需要些审美意识。如果是应聘企划设计等需要写提案书的职业,做一份原创的简历没有问题。其他的人还是照一般的格式比较稳妥。再重复一遍,不因为简历的写法被拒才是目标。

法则2、誤字脱字をしない    不要错字漏字

誤字脱字があると印象が悪くなります。それだけで企業が書類選考で落としてしまうことがあります。文章をきちんと書けるかどうかを重視しているからです。誤字脱字がないことは基本中の基本。対策としては、自分で推敲をする、知人や友人、キャリアコンサルタントにチェックをしてもらうとよいでしょう。

如果有错字或漏字,印象就会变坏。甚至有些企业因此就会在材料审查阶段判不合格。因为重视是否具有认真写文章的能力。没有错字漏字是基本中的基本。作为对策,可以自己推敲,或者请朋友、职业顾问帮忙检查。

法则3、学校の入学、卒業年月日を間違えない  不要弄错学校的入学、毕业日期

案外多いのが学校の入学、卒業年月日の間違いです。浪人や留年などのブランクがある人は要注意。昭和51年は西暦では1976年になりますが、西暦に直した場合にミスをしてしまうということもあります。間違いがないように確認が必要です。

比较令人意外的是很多人写错学校的入学、毕业日期。有复读或留级之类空白的人需要注意。昭和51年是公历1976年,但也有改成公历时搞错的。需要确认一下以免出错。

法则4、会社の入学、卒業年月日を間違えないこと  不要弄错公司的入职、离职日期

学校と同様に、会社も離職期間が長いと間違ってしまう場合があります。気をつけましょう。

跟学校一样,离职时间长了,公司的入职、离职时间也会出错。也需要留意。

法则5、志望動機について  关于求职动机

履歴書の志望動機欄は小さい場合が多いもの。業界の魅力、会社の魅力、仕事の魅力のポイントだけを記載します。

简历上的求职动机栏通常很小。可以只写行业的魅力、公司的魅力、工作的魅力几个要点。也可参考『志望動機の書き方』一文。

法则6、自己PRについて    关于自我陈述

職務経歴書の自己PR欄は小さい場合が多いものです。自分の強みを2つまたは3つにして、コンパクトにポイントだけ記載します。

职务经历书的自我陈述栏通常很小。把自己的长处浓缩到两个或三个,紧凑一些,只写要点。也可参考『自己PRの書き方』一文。

法则7、手書きなのかワープロなのか? 手写还是打印?

手書きが指定されている場合は、手書きで作成します。そうでなければワープロでもかまいません。手書きが絶対条件になっている場合もあります。その場合、文字の丁寧さを見られていると思ってください。修正や間違いを修正液や訂正印で修正するなどはNG。間違えたら書き直しをするべき。きちんと書類が作成できるかが見られているのです。秘書職などは、手書きの履歴書が絶対条件になっている場合があります。

如果要求用手写就用手写。如果没有要求,打印也没有关系。有时会要求一定要手写。这种情况下,记住会看你写字的认真程度。用修正液或订正印等修改错误是不好的。写错了就重写。可以从中看出是否具有认真写材料的能力。秘书等职位,手写简历有时就会成为绝对条件。

履歴書は、ポイントをおさえて間違いのないように書くこと。現職中の人は、突然面接が入った場合に手書きの履歴書を作る時間がなくなる場合があるので、休日などを利用して書ける時は何枚かまとめて書いておくこともお勧めします。

写简历要简明扼要,避免出错。还在职的人如果突然收到面试通知,有时会来不及制作手写的简历,所以建议利用休息日,能写的时候就多写几份。

履歴書の書き方1つで印象が変わります。絶対に受かる履歴書はないのですが、落ちない履歴書はあります。履歴書でつまらないミスをしないようにしましょう。

有时候单靠简历写法就能改变印象。虽然没有百分之百能应聘上的简历,但却有不会被拒的简历。别在简历上犯无谓的错误。

如何把握日企面试中的“黄金五分钟”?

更多商务日语相关内容>>>

参加基础商务日语【春夏外教班】,学习更多商务日语知识>>>

双语文章中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。