• 【樱桃小丸子】第七回(3/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:あたし 本当 お嬢様   玉ちゃん   年子   友達 丸子:ああ、—1—。おじいちゃん:お嬢様!友じいが参りましたぞ。 玉ちゃん:丸ちゃんのおじいちゃんだ。 年子:今お嬢様って言わなかった? 玉ちゃん:それに友じいって? 丸子:ちょっとおじいちゃん、何そのリヤカー。 おじいちゃん:おむかいの車でございます。さあ、お乗りくだされ。 年子:丸ちゃん、どうしたの? おじいちゃん:これは、これは、—2—おります。 丸子:お、おじいちゃん、—3—、さあ、行こう。 玉ちゃん:え?でも。 おじいちゃん:どうしたんじゃん?自転車失敗じゃだけど、ほら、これなら大丈夫、そうだ、—4—?さあ、どうぞ。 あたしも本当のお嬢様に生まれたかったね。 いつも丸子お嬢様がお世話になって あたし玉ちゃんと年子ちゃんとおしゃべりしながら帰るから お友達も一緒にいかがでしょう 小丸子:啊~我也想天生就是真正的小姐啊! 爷爷:小姐!友爷来了! 小玉:是小丸子的爷爷。 年子:刚才喊的是小姐吧? 小玉:而且还自称友爷? 小丸子:等一下,爷爷,那个两轮车是怎么回事? 爷爷:是接你放学的车。好了,请上车吧。 年子:小丸子,怎么了? 爷爷:哎呀,哎呀,小丸子小姐承蒙你们的关小丸子照了。 小丸子:爷、爷爷,我和小玉还有年子一起边聊边回家。好了,走吧。 小玉:诶?但是…… 爷爷:怎么了?虽然自行车不行,看,是这个的话就没问题了。对了,和朋友一起上来怎么样?好了,上来吧。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第七回(2/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 请小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:お姉ちゃん 何で  玉ちゃん   あたし 丸子:ううん~—1—。ね、玉ちゃん。 玉ちゃん:そうだね。 丸子:今日はだめだったけど、でも、—2—。 玉ちゃん:うん、楽しかった。 丸子:本当、きれいな虹だったね。 長山:あれ、桜、穂波。 丸子:あ、長山君、何しているの? 長山:—3—に来たんだよ。君たちは? 丸子:虹を追いかけてたんだ、もしかしたら触れるかもって。 長山:え?虹を? 玉ちゃん:うん、でもだめだった。途中で消えちゃったよ。 長山:—4—。だから、残念だけど、ちかえることも触ることもできないんだ。 丸子:ええ?そうなんだ。とっと疲れがってできたよ。 玉ちゃん:虹ってやっぱり遠くで見てるのがいいんだね。 虹はまたいつか出るよ、そしたら、今度こそ追いつこおうよ いっぱい走って気持ちよかったよ 昆虫採集 虹っていうのは、太陽の光の反射で見えるんだよ 小丸子:嗯~彩虹不知道什么时候再出来,所以,下次再来追吧。好吧,小玉。 小玉:好啊。 小丸子:今天虽然没追到,但是出来逛逛心情好多了。 小玉:嗯,很开心啊。 小丸子:真的呢,好漂亮的彩虹。 长山:啊,樱同学,穗波同学。 小丸子:啊,长山同学,在干嘛呢? 长山:来采集昆虫的。你们呢? 小丸子:在追逐彩虹,也许能摸到彩虹呢~ 长山:诶?彩虹? 小玉:嗯,但是不行啊,在途中就消失了。 长山:彩虹骑士是一种太阳光的反射现象。所以,虽然很遗憾,再接近也是摸不到的。 小丸子:诶?这样啊,哎,一下子觉得好累啊。 小玉:彩虹果然还是远看就好了啊。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第七回(1/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 请听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:お姉ちゃん 何で  玉ちゃん   あたし 姉ちゃん:あんなの今まで見た。。。 丸子:—1—。 姉ちゃん:ああ?教えられるわけないでしょう。良子さんちにいたんだから。 丸子:—2—。 姉ちゃん:そんなこと言ったって、へへ、あんたまた部屋で転寝て蒸してたんでしょう。 (—3—。) 姉ちゃん:ああ、やっぱり—4—は損するわねえ。あんなきれいな虹見逃したりして残念ね。 ずるい!お姉ちゃん何で教えてくれなかったのさ だって、玉ちゃんたちみんな見

  • 【樱桃小丸子】第五回(5/5)

    小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:うち 僕 今 もの [/b] 先生:[b]—1—[/b]。 学生:はい! 先生:では、山根君お願いします。 山根:はい! 丸子:山根ずいぶん[b]—2—[/b]じゃん、よっぽと当ててほしそうな顔してたんだね。 山根:[b]—3—[/b]。それは、大人になるまでに、一生懸命体を鍛えるからです。[b]—4—[/b]。 お父さん:よし、よく言った。 今日は宿題で書いてきてもらった「未来の自分」という作文をおうちの人に聞いてもらいましょう。 張り切ってる 未来の僕はきっと強い男になっているはずです 今は胃腸が弱いけれど、たくさん運動をして、好き嫌いをせずにいろんなものを食べて、父さんがびっくりするような強い男になりたいです 老师:今天把自己作为作业写好的作文《将来的自己》,让教室里的家长都听一下吧。 学生:是! 老师:那么,先有请山根同学。 山根:是! 小丸子:山根同学兴致非常高啊,一脸跃跃欲试的表情。 山根:将来的我一定会成为一个强壮的男人。为此,直到成为大人,我都会努力锻炼身体。虽说现在肠胃不好,但是做很多运动,不管自己喜欢不喜欢,各种东西我都吃。我要成为一个让父亲惊叹的强壮的男人。 父亲:说的好! 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第四回(4/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 [b]请小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:丸子ちゃん 三度 叶う[/b] 男:まあまあ、[b]—1—[/b]。 丸子:うん、うぁ~綺麗。 良子:ああ、流れ星! お姉ちゃん:ええ?ああ~何お願いしたの? 良子:内緒~ 丸子:流れ星ってさ、見えてる間に、[b]—2—[/b]。 おじいちゃん:そうじゃ、わしもお願いしたいことがあるんじゃ。もう一度流れ星見えんかのう、[b]—3—[/b]。 丸子:[b]—4—[/b] 男:それじゃ、さよなら。おやすみなさい。 みんな:さよなら。 丸子ちゃんもこれで星が見たいんだよね 三度お願いごとすると叶うんだよね 長生き、長生き、長生き わざわざ声に出さなくてもいいのに 男同学:没关系,小丸子也想在这里看星星吧? 小丸子:嗯、呵呵,哇~好漂亮!~ 良子:啊!流星。 姐姐:啊?啊~许了什么愿? 良子:秘密。 小丸子:流星啊,在看的时候许三次愿的话,就会实现。 爷爷:啊,我也有想许的愿。能不能再看到一次流星啊。长命百岁长命百岁长命百岁! 小丸子:还是不用特地喊出来的好。 男:再见,晚安。 大家:再见。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第三回(5/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:朝 ほう 来る [/b] 丸子:なんだ、そういうことだかのか。ああ、心配して損しちゃったよ。 城崎:[b]—1—[/b]。 丸子:ううん、ぜんぜん。でも、よかった。てっきり私がだらしないところ、城崎さんに嫌われたんじゃないかなってずっと心配してたんだ。 城崎:そんなことで嫌いになんてならないわよ。だって、友達でしょう。 丸子:そ、そうだよね。こちこそ疑ったりしてごめん。 城崎:うはははは。でも桜さん、友達として言わせてもらってもいい? 丸子:え?なに? 城崎:[b]—2—[/b]。 丸子:え?! 城崎:[b]—3—[/b]。 丸子:え、うん。 城崎:それから、スカートで手を拭いちゃだめ。ハンカチはちゃんと持ってこなくちゃ。女の子の[b]—4—[/b]よ。 勘違いさせちゃってごめんね 朝はもうちょっと早起きしたほうがいいんじゃないかしら 顔も洗わないで学校に来るのはよくないと思うわよ エチケット 小丸子:什么啊,原来如此啊,啊、白白担心一场。 城崎:让你误会了,对不起啊。 小丸子:唔嗯,没关系,但是,太好了。一定是因为我邋遢所以让城崎同学讨厌,一直好担心啊。 城崎:不会因为那些就讨厌你的,我们可是朋友啊。 小丸子:是、是啊,是我多疑了,对不起。 城崎:唔呵呵呵呵。但是,樱同学,作为朋友,有些话说了没关系吧? 小丸子:啊?什么话啊? 城崎:早上还是早点起床比较好不是吗? 小丸子:诶?! 城崎:我觉得不洗脸就来学校不小丸子好吧。 小丸子:呃、嗯。 城崎:而且,不能在裙子上擦手,一定要带好手帕。这是女孩子的礼仪哦。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第四回(1/5)

    山君のことで。 丸子:おじいちゃん、チー。 お姉ちゃん:もう、[b]—4—[/b]してたね。 丸子:違うって、良子さんにお礼をね。そしたら、たまたま声が。 そんなことは言うまい。 このケーキが食べられるのも良子さんのおかげだよ。 ほら、お姉ちゃんのクラスのちょっとかっこいい人。 立ち聞き 爷爷:可没有那么说哦。 小丸子:能吃到蛋糕都是托良子姐姐的福。啊,对了,得谢谢她。 姐姐:不要,讨厌。一年一次的机会呢。就像织女和牛郎。 良子:是啊。 小丸子:织女? 爷爷:牛郎? 良子:但是,小山同学…… 小丸子:小山同学? 爷爷:是谁? 小丸子:啊、是姐姐班上非常帅的一个同学。 姐姐:嗯?在那里干嘛呢? 小丸子:那、那个…… 爷爷:啊、不是……刚才听你们说到有关小山同学…… 小丸子:爷爷,嘘——! 姐姐:真小丸子是的,原来在偷听啊! 小丸子:不是的,我是来向良子姐姐道谢的。于是,无意中听到…… 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第三回(3/5)

    にごめんなさい。 丸子:[b]—2—[/b]。 城崎:ええ?ああ、[b]—3—[/b]のこと? 丸子:ううん、そうじゃなくて。 城崎:じゃあ、何? 丸子:城崎は私のこと嫌いなんだよね。 城崎:ええ?どうして? 丸子:[b]—4—[/b]。 あんな取る気満々なふりして何で避けるのよ そんなに謝らないでよ。私だって城崎さんにたくさんいやな思いさせちゃったんだから 絵の具 正直に言ってくれていいんだ、悪いのは私なんだから 老师:帮忙把樱同学送到医务室去! 同学:好! 城崎:藤木!你那么想接,为什么要躲避呢?! 藤木:诶……怎,怎么会……啊! 城崎:樱同学。 小丸子:啊,城,城崎同学? 城崎:嗯,没事

  • 【樱桃小丸子】第三回(2/5)

    是的,真是太邋遢了。 小丸子:但是,睡过头了啊。 姐姐:那可不是借口,平时爱干净整洁的孩子,像你那么粗心大意的孩子肯定忍受不了。暗中说你坏话确实是不好,但是心情我能理解。 小丸子:哎。 姐姐:还有别的吗?心里还有什么不开心的吗? 小丸子:呃,我忘了带手帕,就在裙子上擦手的时候被她看见了。 姐姐:啊! 小丸子:但是,她借给我手帕了。 姐姐:那是实在看不下去了才借给你的。啊,真是的。有小丸子这样一个妹妹真让人难为情啊。 小丸子:姐姐,我明天该怎么办才好啊,教教我吧。 姐姐:嗯,那个……总之,要注意仪表,只有不被别人讨厌这样才行不是 吗? 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第二回(4/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:言う [/b] 丸子、丸子。何やってるの。 [b]—1—[/b]。 もう、なんでもっと[b]—2—[/b]くれないんさ。 お姉ちゃんと同じ時間に起こしたわよ。 あ、何その靴、お似合うじゃん。ちょっと[b]—3—[/b]。 いいでしょう、別に。 ずるい、お姉ちゃんだけ。 あんまり古いの履いてると笑われるでしょう。 [b]—4—[/b]。 そうじゃなくて。 いいよ、もう。 ちょっと待ちなさい丸子。丸子!もう。 早くしなさい、遅刻するわよ 早く起こして いつの間に買ってもらったの お母さん、私を笑われてもいいって言うんだね 小丸子,小丸子!在磨蹭什么呢!快点,要迟到咯。 真是的,为什么不早点叫我起床啊。 我是同时叫你姐姐和你起床的。 啊,什么,那双鞋是新的!这是什么时候买给你的? 不错吧,不告诉你~ 太狡猾了,只给姐姐买! 穿旧的话,会被笑话的。 妈妈,我被笑话就不要紧。 不是的…… 好了,真小丸子是的! 等等,小丸子!小丸子! 真是的…… 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>