• 【樱桃小丸子】第一回(6/7)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 小丸子受到欢迎…… [b]请小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 小丸子听写文中空白部分(不用写序号): [/b] いらっしゃい。あら、[b]—1—[/b]。 そ、そうなんでしょう。わたしも一緒に[b]—2—[/b]。 [b]—3—[/b]。 え?あ、あははは。 え、えへへへ。ありがとうございます。 丸ちゃんも来てくれたの。 クッキーなんかやきたいなあなんて。 丸ちゃんなら大歓迎よ。 欢迎,啊,把小丸子也带来啦。 是,是啊。我也想一起做曲奇饼干啊。 太欢迎你了,小丸子。 啊?啊哈哈哈。 呵呵呵呵。谢谢! 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第一回(3/7)

    小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 何してるの? 決まってるじゃん。 お弁当持って写生大会に行くんだよ。 何言ってるの。—1— そんなのお母さんが—2—にしたんでしょう。私には関係ないよ。 熱があるんだから、仕方ないでしょう。 熱なんか写生大会に行ったらなくなってる 私こんなに元気だもん。 今は元気でも後から—3—。 ならないったら。 待ちなさい、丸子。 私は行くって言ったら行くの。 —4—。 今今日はお休みするって先生に電話したわよ。 勝手 熱が高くなったりしたら。 いい加減にしなさい。 你在干嘛? 这还用说。当然是拿着便当去写生啦。 你说什么?今天你请假一天,刚才已经打电话给老师了。 怎么这样啊,妈妈你怎么能乱来。跟我没关系哦。 因为你发烧了,所以没办法。 这点小烧,去了写生大会就会退的。我很精神的。 现在虽然很精神,但是等会发烧变严重了呢? 不会的啦~ 等一下小丸子! 我说过了我要走才走的啊。 你给我适可而止。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第一回(1/7)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 小丸子要去写生大会~ [b]请听写文中空白部分(不用写序号): [/b] お母さん。 あら、丸子、お帰り。 お母さん、[b]—1—[/b] [b]—2—[/b]。 ええ、分かってるわよ。 お弁当、[b]—3—[/b] はいはい。 あ、でも、ハンバーグのお弁当もいいな。 あ、両方持って行きたいよ。 まあ、お弁当のことばかり言って だって、玉ちゃんたちとお弁当の話けっこうするって約束したんだもん。 それでね、[b]—4—[/b] わくわくするよ 早く明日がこないかな。ららら~~ 明日は写生大会だよ。 浜辺でお弁当食べるんだ。 サンドイッチにしてね。 写生が終わったら砂のお城を作って遊ぶんだ 妈妈~ 啊,小丸子你回来啦~ 妈妈,明天是写生大会,我要到海边吃便当~ 嗯,知道了。 便当要做三明治,但是有汉堡就更小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 小丸子好了~ 啊,两个都带就更好了。 净说便当的事 因为和小玉她们说好要分享便当的~ 写生完了我们还要一起堆沙城堡~ 明天快点来吧~~啦啦啦~ 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第五回(3/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 [b]请听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:周り 花輪 バザー [/b] 英:[b]—1—[/b]。 丸子:噴水なんてあるな、大きい公園か、花輪君うちくらいで。 玉ちゃん:[b]—2—[/b]ないんじゃないの? 丸子:そうだよ、[b]—3—[/b]。 花輪:ノーンノーン。見たことのないものが多くてとても[b]—4—[/b]よ。ね、英叔? 英:はい。お坊ちゃんまには新鮮で実に刺激的なのでございます。 花輪:じゃ、ゆっくり品定めしてくれたまえ。 英:それでは、桜さん、穂波さん、失礼いたします。 丸子:やっぱり花輪君はバザーの楽しみ方が普通の人とは違うね。 噴水の周りに置いていただくとよろしいかと存じます 花輪君はバザーで買うものなんて こんな庶民のとこ来たっておもしろくないじゃん 興味深い 英叔:我想,要是放在喷泉周围效果会比较好。 小丸子:有喷泉的地方,要么是大公园,要么是花轮同学的家。 小玉:花轮同学在跳蚤市场什么东西都没有买不是吗? 小丸子:是啊,这种普通百姓来的地方,很没劲吧? 花轮:不不~有很多没小丸子见过的东西觉得都很有趣哦。是吧,英叔。 英叔:是的。对少爷来说很新鲜也很刺激。 花轮:那么你们慢慢品评吧。 英叔:那么,樱同学。穗波同学,失陪了。 小丸子:果然花轮同学从跳蚤市场得到的乐趣和普通人不一样。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第五回(2/5)

    小丸子听写文中空白部分(不用写序号): [/b] (翌日) 玉ちゃん:うぁ~[b]—1—[/b]。 丸子:うん、あっ、ポップコーンだ! 玉ちゃん:おいしそうだね。 丸子:うん、30円か。 玉ちゃん:どうする?買う? 丸子:うーん、[b]—2—[/b]にしようか。 玉ちゃん:そうだね。 丸子:あ! 玉ちゃん:どうしたの? 丸子:あれ、[b]—3—[/b] 玉ちゃん:ええ~100円だって、安い! 丸子:売れるかな。 おばさん:あら、このカップいいわね。くださいな。 おじさん:はい、ありがとう。 玉ちゃん:うぁ~すごい、もう[b]—4—[/b]! なんだかお祭りみたいだね 食べたいけどほかも見てから うちの母さんも出したコーヒーセットだ 売れちゃったよ (第二天……) 小玉:哇~那么多东西像是庙会一样! 小丸子:嗯、啊!爆米花! 小玉:好像很好吃呢! 小丸子:嗯……30日元啊…… 小玉:怎么办?要买吗? 小丸子:嗯……虽然想吃但还是先看看别的吧~ 小玉:说的是啊~ 小丸子:啊! 小玉:怎么了? 小丸子:那个、是我妈妈也拿出来过的咖啡杯。 小玉:诶~100日元……好便宜! 小丸子:应该会卖掉吧。 阿姨:啊~这个杯子不错,我买了。 大叔:好的,谢谢。 小玉:哇~好厉害,已经买掉了呢! 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第四回(5/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 [b]请听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:桜さん 優しい 羨ましい 限り[/b] おじいちゃん:佐々木さん、おはようございます。 佐々木:ああ、桜さん。おはようございます。お散歩ですか? おじいちゃん:ええ、孫にこんなものをもらいまして。 佐々木:おや、[b]—1—[/b]ですか。 おじいちゃん:はい、[b]—2—[/b]と言われましてのう。 佐々木:そうですか。[b]—3—[/b]。 おじいちゃん:いや、あはははは。 丸子:ただいま~ おじいちゃん:お帰り、丸子

  • 【樱桃小丸子】第四回(3/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:明かり[/b] おじいちゃん:さささささ。 小山:このあたりでいいかな。 男:うん、[b]—1—[/b]。 小山:[b]—2—[/b]。 お姉ちゃん:素敵、ね、良子さん。 良子:うん。 丸子:あ、あそこに場所決めたみたいだよ。 おじいちゃん:じゃ、わしらもここらで一休み。 丸子:休んでだめだよ。おじいちゃん観察しなきゃ。 おじいちゃん:うん、それは抜かりなしじゃ。はい、[b]—3—[/b]。 丸子:ちっちゃいね。うん。 良子:あ、あの月、綺麗。 小山:[b]—4—[/b]はあっちだな。 男:晴るってよかったね、今夜は星がよく見えるよ。 お姉ちゃん:もう、100メートル以内に近寄るなって言ったのに。 ここなら明かりも邪魔にならないね 今夜は流れ星も見えそうだよ 望遠鏡 天の川 爷爷:快快快快快~ 小山:这个地方就不错。 男同学:嗯,这里的话就没有光线影小丸子响了。 小山:今晚也许会看到流星哦。 姐姐:真漂亮。是吧,良子。 良子:嗯。 小丸子:啊,好像决定在那块地方了。 爷爷:那么我们也在这里暂时休息一下吧。 小丸子:不能休息啊,爷爷快观察星星吧。 爷爷:嗯,那个绝对不会疏忽的。给,望远镜。 小丸子:好小啊。嗯…… 良子:啊,那个月亮,真漂亮啊。 小山:银河在那边。 男同学:天气晴朗太好了,今晚的星星能看的非常清楚。 姐姐:真是的,说了一百米范围内不许接近的…… 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第四回(2/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:ぺらぺら お姉ちゃん なん [/b] 丸子:な、何? お姉ちゃん:[b]—1—[/b]。 丸子:何も言ってないよ。 お姉ちゃん:言った、良子さんが来たから、ケーキがどこって。 丸子:だって、[b]—2—[/b]。 お姉ちゃん:誰もそんなこと言ってないよ。 丸子:言ったよね、年に一度のチャンスだって。 お姉ちゃん:は?年に一度?あはは、いやだ、それはケーキのことじゃないわよ。 丸子:じゃ、何さ。 お姉ちゃん:あんたには関係ない。 丸子:そりゃ、[b]—3—[/b]聞こえてたけだん。 お姉ちゃん:あんた全部聞いてたんじゃない?でもだめ、つれて行かないよ。 丸子:え?どこへ? お姉ちゃん:あ! 丸子:そうか、へえ~小小丸子山君とどっか行くんだね。それでか、それで[b]—4—[/b]? お姉ちゃん:そ、そんなんじゃないわよ。 あんた余計なことをぺらぺらと お姉ちゃんもケーキが年に一度とかなんとか 織姫とか、彦星とか、小山君とかって デート 小丸子:干、干什么? 姐姐:你啊,就爱说废话。 小丸子:啊~什么都没说啊。 姐姐:说了!说什么因为良子姐姐来了就有蛋糕。 小丸子:可是,姐姐也说蛋糕只有一年一次之类的…… 姐姐:谁也没有说过那样

  • 【樱桃小丸子】第三回(4/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:話 前 香り [/b] 城崎:どういうこと? 丸子:実は聞いちゃったんだ。城崎さん、私のこと嫌いだって言ってたもん。 城崎:ええ?私そんなこと言ってないわよ。 丸子:[b]—1—[/b]。年子ちゃんに。 城崎:は?私は?土橋さんに? 丸子:うん。 城崎:あ!はははは。 丸子:うん? 城崎:いやだ、違うって。桜さんの勘違いよ。 丸子:え? 城崎:あれはね、消しゴムの話をしてたの。 丸子:消しゴム? 城崎:そう、消しゴム。 友達:丸ちゃんの誕生日に花の香りのする消しゴムプレゼントをしようかなって思うんだ。 年子ちゃん:あ、それなら、[b]—2—[/b]。 友達:うん、それでね、バラの香りなんてどうかなって。 城崎:バラはやめたほうがいいわよ。 友達:ええ?どうして? 城崎:桜さんは嫌いだからよ。 年子ちゃん:ええ?そうなの? 城崎:うん、[b]—3—[/b]、トイレの[b]—4—[/b](三个假名)がするって言ってたもの。 友達:へえ、それじゃ仕方ないか。 だって昨日給食の前に話してたじゃん 文房具屋さんにいろんな種類のが売ってるよ。 この前文房具屋さんで桜さんと会ったとき、バラの香りの消しゴムのこと におい 城崎:怎么回事啊? 小丸子:其实我都听到了,城崎同学说过讨厌我。 城崎:啊?我没有说过那种话啊?! 小丸子:但是,昨天午饭前说过的,对年子她们说的。 城崎:啊、我?对土桥同学? 小丸子:嗯。 城崎:啊、唔呵呵呵。 小丸子:嗯? 城崎:讨厌你搞错了~樱同学你搞错了哦。 小丸子:诶? 城崎:那是在说橡皮的事。 小丸子:橡皮? 城崎:对,橡皮。 朋友:我相送小丸子有花香的橡皮。 年子:啊、那样说来,文具店有好多种类卖哦。 朋友:嗯,那么,玫瑰花香味的怎么样啊? 城崎:玫瑰花香的话还是不要送为好。 朋友:诶?为什么? 城崎:因为樱同学讨厌啊。 年子:啊?那是为什么啊? 城崎:嗯,之前我在文具店遇见樱同学的时候,她说玫瑰花香的橡皮,有种厕所的味道。 朋友:啊,那么就算了吧。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第七回(5/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 请小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:丸子 お嬢様   今まで   友じい   取らせて 本当 丸子:おじいちゃん遅いなあ。どうしたんだろう?ああ、もしかして。 おじいちゃん:—1—。御機嫌よう。 丸子:まさか。そんなこと、でも、遅いなあ。 英爺:どうぞ。 おじいちゃん:ありがとうございます。 花輪:サンキュー、英じい。ううん~英じいが入れてくれる紅茶が一番おいしいね。 英爺:ありがとうございます。 おじいちゃん:ああ、—2—。 英爺:いいえ、まあ、—3—。 おじいちゃん:はい。 英爺:お坊ちゃまに—4—。 おじいちゃん:心。 英爺:ええ。 丸子お嬢様へ、今までお世話になりました。友じいはお暇を取らせていただきます これは本当に、やっぱり相当お高い紅茶なんでしょうな。 紅茶の種類やお湯の温度、入れ方なども大事ではございますが、一番大切なのは。 おいしい紅茶を飲んでいただきたいという心でしょうか 小丸子:好慢啊,爷爷。怎么了呢?啊、难道说? 爷爷:致小丸子小姐,迄今,承蒙关照。友爷这就告辞了。祝好 。 小丸子:怎么可能,那种事……但是,好慢啊。 英叔:请。 爷爷:非常感谢。 花轮:谢啦英叔。嗯~英叔泡的红茶是最好喝的了~ 英叔:谢谢。 爷爷:啊~这真是非常好的红茶呢。 英叔:没什么,红茶的种类,茶水的温度,以及冲泡的方式都是 非常重要的。但是,最重要的是…… 爷爷:嗯。 英叔:为了能让少爷喝道好喝的红茶的心。 爷爷:心…… 英叔:是的。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>