• 【樱桃小丸子】第七回(4/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 请小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:あたし 本当 お嬢様   玉ちゃん   年子   友達 おばあちゃん:丸子、爺さんと一緒じゃなかったのかい?—1—。 丸子:だって、おじいちゃんだらさあ。そりゃ、—2—だけど、リヤカーって、みんな見るし、それで、みんなの前でお嬢様とか大きな声で。 おばあちゃん:やれやれ、爺さんだら、—3—じゃのう。—4—はないんじゃん、爺さんはいつだって丸子のために一生懸命なんじゃよ。 丸子を迎いに行くって出ていたから、でっきり一緒に帰ってくるとばかり。 確かに花輪君のこと羨ましいって言ったけど。 丸子を喜ばせたかっただけなのに、反対に困らせてしまった 悪気 奶奶:小丸子,没有和爷爷一起回来么?他说出去接小丸子了,一定会和小丸子一起回来的。 小丸子:但是,爷爷他……,那个……我确实说了羡慕花轮同学的话,但是,两轮拖车……大家都看见了,还在大家面前大声喊我“小姐”。 奶奶:啊呀啊呀,爷爷他啊,只是想让小丸子高兴,没想到却让你困扰了呢,他没有恶意的,爷爷无论啥时候都会为了小丸子努力的。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第六回(4/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:うち  熱い 素敵 いとこ おみやげ 丸子:こんなに熱いんだからうちで—1—してたいよ。  玉ちゃん:そうだよね。 丸子:でもまあ、—2—。 玉ちゃんちはいいね、クーラーがあってさ。 冬田:あら桜さん、うちはクーラーがなくても涼しいわよ。 丸子:え?冬田さん、どうして? 冬田:—3—。 玉ちゃん:素敵な風鈴? 丸子:それどんなの? 冬田:貝殻の風鈴よ。 丸子、玉ちゃん:貝殻? 冬田:ええ、そうよ。—4—。 丸子:ええ、貝殻の風鈴なんだあるんだ。 玉ちゃん:どんな形をしてるの? ごろごろ うちはクーラーないからさ、結局熱いんだけどね 素敵な風鈴のおかげなの いとこが南な島へ旅行に行っておみやげにくれたの 小丸子:这么热的天,只想呆在家里。 小玉:是啊。 小丸子:不过家里没有空调,结果还是热。小玉家真小丸子好啊,有空调~ 冬田:啊、樱同学,家里没有空调也可以很凉爽的哟。 小丸子:诶?冬田同学,为什么? 冬田:都是因为好看的风铃的缘故~ 小玉:好看的风铃? 小丸子:那是什么啊。 冬田:贝壳做的风铃哦~ 小丸子、小玉:贝壳? 冬田:嗯、没错~堂兄去南方岛上旅游给我带回来的特产~ 小丸子:诶~有贝壳做的风铃啊。 小玉:那是什么样子的啊? 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第六回(2/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 [b]请小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:心づけ なあ うち 私 [/b] お母さん:ちょっと買い物行ってくるわね。 お姉ちゃん:はい。 おじいちゃん:毎日忙しいの。 テレビ:これ、ほんの気持ちですが。まあ、ありがとうございます。 丸子:うん?あれ何?[b]—1—[/b]みたいだね。 おじいちゃん:ああ、[b]—2—[/b]。 丸子:お小遣い?こりゃいいね。ねね、お母さんにもさあ、夏休みあげようよ。 お姉ちゃん:ええ?お母さんに夏休み? 丸子:そう、[b]—3—[/b]。 お姉ちゃん:あんた、心づけが目当てだね。 丸子:違う、いや、いやだな。[b]—4—[/b]。 お姉ちゃん:でも、ちょっといいかもね。 お年玉 心づけじゃよ。お客さんが旅館の人にあげるお小遣いじゃなあ。 たとえば、うちを旅館みたいにするんだよ。それ名も桜旅館、で、お母さんがお客さん。 私はただお母さんに天国をプレゼントしたいだけだよ。 妈妈:我出去买点东西。 姐姐:好的~ 爷爷:每天都很忙啊。 电视:这是点我的一点心意。啊、非常感谢。 小丸子:嗯?那是啥?像是压岁钱啊。 爷爷:啊、那是小费。是客人给旅馆的人的小费。 小丸子:小费?这个不错啊。呐呐、我们也给妈妈一个暑假吧~ 姐姐:诶?给妈妈暑假? 小丸子:对啊,比如说,把我们的家当成旅馆,就叫樱旅馆,然后呢,妈妈就是客人。 姐姐:你的目标是小费吧~ 小丸子:不是啦,真是的。我只是想把天堂送给妈妈做礼物啦。 姐姐:不过这个不错啊。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第六回(1/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:私 お姉ちゃん 見て 丸子 [/b] 丸子:いいね、[b]—1—[/b]。 玉ちゃん:ええ、おしゃれだね。[b]—2—[/b]。 丸子:そうだよね、それじゃ。玉ちゃんの風鈴と私の風鈴一緒に吊るさ。 玉ちゃん:うん。 丸子:うぁ~なんだか楽しくなるような音だね。 おじいちゃん:ああ、[b]—3—[/b]があって、いいもんじゃのう。 玉ちゃん:貝殻がおしゃべりしてるみたい。 丸子:うぁ、玉ちゃんがロマンチックなこと言うね。 傍白:[b]—4—[/b]。 私もお姉ちゃんに作ってもらったよ。見て、貝殻の指輪だよ 貝殻でいろんなかわいいものになるよね 風情 海辺の涼やかな風を思い出し、楽しい気分になる丸子たちであった 小丸子:真小丸子好啊,我也得到了姐姐给我做的哦。看,贝壳做的戒指哟~ 小玉:诶~好漂亮!~用贝壳能坐车各种可爱的东西呢! 小丸子:是啊,那么,把小玉的风铃和我的风铃一起挂起来吧~ 小玉:嗯!~ 小丸子:哇~真是让人愉悦的声音呢~ 爷爷:啊~好有情调,真不错啊。 小玉:贝壳好像很爱说话呢。 小丸子:啊~小玉真是浪漫呢。 旁白:小丸子她们想起海边凉爽的风,气氛变得轻松多了。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第五回(4/5)

    听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:うち ポップコーン 一袋 バザー [/b] 丸子:ポップコーンマシン?[b]—1—[/b]?いいね、いいね、これがあれば先のポップコーン買わなくてもいいじゃん。[b]—2—[/b]。どれどれ、いくらなの。250円?!うそ!高い! おじさん:おや、丸ちゃん、[b]—3—[/b]。 丸子:ほしいけど。 おじさん:でしょう。 丸子:でも私235円しか持ってないからさ、買えない。 おじさん:おや、そうなの。うーん、分かった。いいよ、235円で。 丸子:ええ?! おじさん:せっかく来てくれたんだしいいよ。あ、でもそれ以上は[b]—4—[/b]よ、あははは。 これがあればうちでポップコーンができるの もう一生ポップコーンには困らないよ さすがお目が高いね、それ、一回しか使ってないんだって、コーンも一袋ついてるし、普通に買ったら、すごく高いんだけど、バザーだから、大サービス 負けられない 小丸子:爆米花机?有了这个的话就能在家做爆米花了么?真好啊真好啊,只要有了这个,刚才的爆米花不买也没关系,我一辈子都不会担心吃不到爆米花了。那个那个,多少钱?250日元?!不会吧,这么贵! 大叔:啊,不愧是小丸子,眼光真小丸子好啊。这个可以多次使用,还附赠一袋玉米,要是平时卖的话很贵,因为是跳蚤市场,所以大减价。 小丸子:我想买…… 大叔:是吧? 小丸子:但是我只有235日元,买不了…… 大叔:哦,这样啊,明白了。那么,就235日元卖个你吧。 小丸子:诶? 大叔:难得来一次嘛,啊、但是不能再便宜了啊。啊哈哈哈。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第五回(1/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 [b]请小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:丸ちゃん たし [/b] 丸子:ええ、バザーか。 おじさん:[b]—1—[/b]。焼きそばとか、綿飴もあるよ。 丸子:ええ、本当?行く行く、ね、玉ちゃん。 玉ちゃん:うん。 おじさん:じゃ、[b]—2—[/b]。 みんな:うん。 丸子:うん、5円だけ、[b]—3—[/b]、これじゃ、[b]—4—[/b]。 おじいちゃん:丸子、どうしたんじゃ、元気ないのう。 お母さん:何かあったの? 丸ちゃんたちが喜びそうなかわいい縫いぐるみおもちゃもたくさん出るから、ぜひ来てね 明日待ってるからね うそ 明日の小遣いの30円をたしても35円 小丸子:诶~跳蚤市场啊。 大叔:是小丸子你们啊,做了很多你们喜欢的布娃娃,请一定要光临啊。还有炒面和棉花糖哦。 小丸子:啊,真的?一定去一定去。对吧,小玉? 小玉:嗯。 大叔:那么,明天期待你们的光临。 小丸子、小玉:嗯。 小丸子:啊,只有5日元。不会吧。这样的话,即使加上明天的30日元零花钱也只有35日元。 爷爷:小丸子,怎么了?精神不好啊。 妈妈:怎么回事啊? 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第八回(1/5)

    小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:私 後   つかなっかた  丸子:—1—。 (—2—。) 玉ちゃん:大変だったね、丸ちゃん。 丸子:ねえ、玉ちゃん。隕石って清水にも落ちてくると思う? 玉ちゃん:ええ?どうだろう? 長山:ほら、—3—。 丸子:やっぱり落ちてくるかもしれないんだ! 長山:大きさもいろいろあって、—4—に落ちた巨大隕石は1万メートルくらいあったんじゃないかっていわれてるんだ。 私テレビを見た後、空から隕石が落ちてくるような気がして勉強が手につかなっかたよ。 それはテレビのせいではない、あんた自身の問題である。 隕石が落ちた後は世界中にたくさんあるから、清水に落ちてきても不思議ではないよね。 メキシコ 小丸子:我看完电视后总觉得天上会掉下陨石来,都不能专注在功课上了啊。 (那不是电视的关系,是你自己的问题吧。) 小玉:一定很难过吧,小丸子。 小丸子:对了小玉,你觉得陨石会掉在清水么? 小玉:怎么说呢? 长山:看,陨石掉落的痕迹在世界各地都有呢。 小丸子:果然有可能掉在清水啊。 长山:大小也有不同,掉在墨西哥的巨大陨石直径有1万多米呢。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第六回(5/5)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 请小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:私 丸子:ああ、 —1—。 玉ちゃん:—2—。 丸子:あ、なるほどね。—3—。 おじいちゃん:丸子や、何をしてるんじゃん。 丸子:今日冬田さんに聞いたんだけど、貝殻でできた風鈴があるんだってさ。どんな音がするのかなと思ってね。 おじいちゃん:なんと、—4—(两个汉字~)が風鈴に。 丸子:—4—じゃなくて、南の島の貝殻だよ。ああ、行きたいなあ、南の島。 涼しくてロマンチックね もしかして、海の中にいるみたいな気持ちになれるのかな 私もちょっと聞きたくなってきたよ。貝殻の鳴る音 浅蜊 小丸子:啊~清凉又浪漫啊。 小玉:也许会有在大海中的那种感觉吧。 小丸子:啊,原来如此。我也想听一下那种声音呢。贝壳碰撞的声音。 爷爷:小丸子啊,你在干嘛呢? 小丸子:今天听冬田同学说有用贝壳做的风铃,真想知道那是什么声音。 爷爷:什么?!用蛤仔做的风铃? 小丸子:不是蛤仔,是南方小岛的贝壳。啊~好想去南方小岛啊! 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第二回(2/7)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 约好去浜治家烤苹果。。。 [b]请小丸子听写文中空白部分(不用写序号): 关键词:林檎 [/b] うん? へえ、そんな林檎なら俺も食べてみてえな。 [b]—1—[/b]。 ええ?あんたそんなに林檎食べてるの? ああ、今うちにもらいものの林檎が箱いっぱいあるんだ。 箱いっぱい。それじゃさあ、浜冶のうちで[b]—2—[/b]して焼き林檎作るってどう? おお、いいぜ、やろう、やろう。 あははは。 焚き火は暖かいじゃん。おいたも行きたいじゅん~ おお、山田もこいよ。じゃ、明日でいいか? うん、いいんじゃない。えーと、[b]—3—[/b]。 普通の林檎は食べ飽きちまったからよ 焚き火 お砂糖とバターと干し葡萄を用意しなくちゃね 嗯? 诶~那样的苹果我也想尝尝啊,普通的苹果,已经吃腻了。 啊?你有那么多苹果吃啊? 啊啊,现在家里有别人给的苹果,满满一箱。 满满一箱…… 那么,到浜治家用篝火做烤苹果吧,怎么样? 哦,好啊,来吧来吧。 啊哈哈哈。 篝火暖暖的,俺也想去。 哦,山田也来吧。那么明天怎么样? 嗯,好啊~ 嗯……要准备砂糖、奶油和葡萄干。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【樱桃小丸子】第一回(6/7)

    故事围绕着小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 小丸子受到欢迎…… [b]请小丸子以及其家人和同学展开,有关于亲情、友谊等,或是一些生活趣事,但当中有笑有泪,令人回想起童年的稚气。 小丸子听写文中空白部分(不用写序号): [/b] いらっしゃい。あら、[b]—1—[/b]。 そ、そうなんでしょう。わたしも一緒に[b]—2—[/b]。 [b]—3—[/b]。 え?あ、あははは。 え、えへへへ。ありがとうございます。 丸ちゃんも来てくれたの。 クッキーなんかやきたいなあなんて。 丸ちゃんなら大歓迎よ。 欢迎,啊,把小丸子也带来啦。 是,是啊。我也想一起做曲奇饼干啊。 太欢迎你了,小丸子。 啊?啊哈哈哈。 呵呵呵呵。谢谢! 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>