• 【文学散步】探寻夏目漱石的足迹

    说中。在《心》里面,就有主角“先生”“出了猿乐町来到神保町街上,然后拐到小川町那边去”的场面。[/cn] [jp]早稲田[/jp] [cn]早稻田[/cn] [jp]東京都新宿区の早稲田南町には、漱石終えんの地があります。「漱石山房」と呼ばれた漱石晩年の住居があった場所で、現在は入り口に漱石の胸像が建つ「漱石公園」になっています。漱石は、この場所で『こころ』を発表しました。[/jp] [cn]东京都新宿区的早稻田南町,是夏目漱石临终的地方。在夏目漱石季年的居所,叫做“漱石山房”的这个地方,现在成了“漱石公园”,公园入口处建有夏目漱石的胸像。夏目漱石正是在此处发表了《心》。[/cn] [jp]乃木神社[/jp] [cn]乃木神社[/cn] [jp]朝日新聞に連載された『こころ』は、56の章から成ります。その第56章は、「先生」から主人公「私」への語りかけになっています。第56章のなかで、「先生」は、明治天皇大葬の夜の[wj]号砲[/wj]を「明治が永久に去った報知のごとく聞こえました」と書いています。併せて、「それが乃木大将が永久に去った報知にもなっていたのです」と記しています。[/jp] [cn]连载于朝日新闻的《心》由56章组成。在第56章中,是“先生”对主角“我”的对话。在56章当中,“先生”就明治天皇大葬夜里的午炮写到“感觉这就像是通报与明治时代永别似地”。同时还写道“这夏目漱石。漱石也是告知乃木大将永久离去的声音”。[/cn] [jp]東京都港区赤坂にある「乃木神社」には、明治天皇の大葬が執り行われた夜に[wj]自刃[/wj]した乃木夫妻が、乃木希典命(のぎまれすけのみこと),乃木静子命(のぎしずこのみこと)としてまつられています。[/jp] [cn]位于东京都港区赤坂的“乃木神社”祭祀着在明治天皇大葬当夜自杀的乃木夫妻,号曰乃木希典命、乃木静子命。[/cn] [jp]時の流れとともに、街の風景も、価値観も変わっていきますが、[wj]文豪[/wj]たちの足跡を探して、街を歩いてみませんか?[/jp] [cn]随着时间流逝,街上风景与价值观都改变了,尽管如此,也让我们来追寻着文豪们的足迹,来漫步街中吧。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 夏目漱石微型小说:梦幻的雪

    场下横町(今东京都新宿区喜久井町)一个小吏家庭。 23岁,夏目进入东京帝国大学英文系(现东京大学)。1895年,在爱媛县松山中学任教,后又去熊本县执教;这段经历后来体现在他的小说《少爷》(坊っちゃん)中。 1899年10月28日,33岁的夏目抵达伦敦,开始了在英国伦敦大学学院的留学生活。1902年12月5日,夏目启程归国,在东京帝大讲授英文,并开始文学创作。1905年的《我是猫》(吾輩は猫である)令他一举成名。1907年,开始为《朝日新闻》写连载小说(包括《虞美人草》、《三四郎》)。 1916年,因胃溃疡去世。夏目死后,家属将他的脑和胃捐赠给东京帝大的医学部。他的脑至今仍保存在东京大学。1984年,他的头像被印在日元1000元的纸币上。 夏目漱石在日本近代文学史上享有很高的地位,被称为“国民大作家”。他对东西方的文化均有很高造诣,既是英文学者,又精擅俳句、汉诗和书法。写作小说时他擅长运用对句、迭句、幽默的语言和新颖的形式。他对个人心理精确细微的描写开了后世私小说的风气之先。他的门下出了不少文人,芥川龙之介也曾受他提携。 本内容为沪江日语原创,转载请注明出处。 下载推荐:夏目漱石文学作品集

  • 【中日双语】特别展览“文豪・夏目漱石”

    可是见识“画家漱石”的才能的好机会。 漱石は、ミレーの水彩画のモノクロ図版を、愛読していた英国の美術雑誌で見て模写し、彩色したらしい。二つを並べると、かなり違う色調に仕上がっていることが分かる。ミレーの本物は海を渡り、今は山梨県立美術館が所蔵する。 据说漱石在爱看的英国美术杂志上看到了米勒的水彩画的单色图版,就模仿着画了下来,并着了色。现在两幅画并列放在一起,明显的让人感觉到两幅作品的色调的巨大差异。而米勒所画的真品也越洋来到日本,今为山梨县立美术馆所藏。 最晩年、漱石は2人の若い僧侶との交流を楽しみ、家を訪れてきた際に水墨画を1点ずつ描き与えた。今回並んで展示されており、こちらも普段は同時に見ることが難しい作品だ。 在漱石的迟暮之年,他与两个年轻和尚过从甚密,当僧人登门造访之时,漱石就会将一笔一笔地描绘出的水墨画送给他们。这些平时难得一见的画作,本次也被列出展示。 同展は11月18日まで江戸東京博物館(03・3626・9974)で開催。 同一展览还将于11月18日之前在江户东京博物馆(03・3626・9974)开幕。 注释: バルビゾン派:巴比松派Barbizon school,是巴比松畫派的簡稱,是1830年到1840年,在法國興起的鄉村風景畫派。因此畫派的主要畫家都漱石模写「鵞鳥を追う少女」(山梨県立文学館蔵) 特別展「文豪・夏目漱石住在巴黎南郊約50公里,楓丹白露森林(Fontainebleau Forest)附近的巴比松村,1840年後這些畫家的作品被合稱為「巴比松畫派」。 巴比松派的主要畫家是強調科學風景畫法的西奧多•盧梭(Theodore Rousseau)、柯洛、讓-弗朗索瓦•米勒和查理法兰斯斯瓦•杜比尼(Charles-Francois Daubigny):其中盧梭和米勒一生都在巴比松村終老。其他比較後期的有居勒•杜普雷(Jules Dupre)、斯坦•特羅雍(Constant Troyon)、查理-愛彌兒•查克(Charles-Emile jacque)、那西斯-維吉勒•迪亞茲﹙Narcisse-Virgile Diaz﹚等重要成員。 巴比松派是法國浪漫主義畫派轉向寫實與現代主義的一個起點。過去法國藝術界對風景畫的評價都很低,認為畫風景畫的畫家是比較不引人注目,也不值得注意的,但巴比松畫派的作品使世人被鄉村中的優雅感動,同時也因當時巴黎和歐洲都保受戰亂,人心趨向於隱居,所以巴比松畫派成功的為風景畫打下很好的基礎,也替後來1860年開展的印象派奠定了相當好的道路。

  • 辞世百年:回顾夏目漱石名言选

    夏目有的幽默感,同时,也是极具现实感的建议。[/cn] [en]「女には大きな人道の立場から来る愛情よりも、多少義理をはずれても自分だけに集注される親切を嬉しがる性質が、男よりも強いように思われます。」[/en] [cn]“我一直认为,对女人来说,相较出自人道立场的爱情,更能令她们喜悦,是纵使扭曲但仅钟情于自己的好感。她们所具的这种性质,比男人更加强烈。”[/cn] [en]『こころ』より[/en] [cn]出自《心》[/cn] [en]「君、弱い事を言ってはいけない。 僕も弱い男だが弱いなりに死ぬまでやるのである」[/en] [cn]“你绝不可以轻言放弃。我也是个软弱的男人,但即便软弱我也会坚持到最后。”[/cn] [en]『森田草平宛書簡』より[/en

  • 日本名作赏析:夏目漱石《我是猫》

    也有结构松散、内容庞杂、议论较多,调子偏向阴沉、描写有油滑低俗之弊。尽管有这些不足,究竟是瑕不掩瑜。《我是猫》可以说是日本近代文学中讽刺文学的典范之作。 《我是猫》是日本文学大师夏目漱石的代表作,向被奉为世界名著之一。小说通过猫的视觉观察明治维新后的日本社会,以幽默辛辣的语言,嘲笑和鞭挞了人类固有的弱点和金钱世界的社会时弊,还大量引夏目漱石用了古今东西哲人达士的名言,外外闪射着机智和文采,喜笑怒骂皆成文章。作品语言则典俚合炉,雅俗共赏,读来令人在笑声中抑制不拄惊叹。  更多内容阅读>> 想和更多同好交流,点击进入社团 声明:本文转自沪江社团- 从零开始学日语。无原作者同意,禁止二次转载。 相关阅读推荐: 称呼夏目漱石时加“さん”为何不自然? 文学散步:探寻夏目漱石的足迹

  • 大文豪夏目漱石追过的少女偶像

    上了小土佐(当时娘义太夫的成员·竹本小土佐)”,此外,他还在自己的作品《俳谐师》中,将主人公描写成爱上了一个娘义太夫的人。[/cn] [en]芸能という大きな[wj]くくり[/wj]の中では、いつの世もアイドルと彼女たちに憧れる人たちがいるという図式は、何ら変わらないように思える。おそらく現代のアイドルシーンも、数百年後には同様に、語り継がれているのかもしれない。そのためにも現代のアイドルたちを目に[wj]焼き付け[/wj]ながら、彼女たちを改めて応援してみたくなった。また、当時の文豪たちが現代に生きていたら、それぞれどのユニットやメンバーを推していたのかも、ひじょうに気になるところだ。[/en] [cn]可以说在娱乐界这个大圈子里,任何时代都存在着偶像和崇拜她们的粉丝们。恐怕现代的偶像现象数百年后还会流传下去。因此现代的这些偶像们才会如此夺目,让人想要重新支持她们。还有,要是当时的文豪们生活在现代,他们各自会推选哪个偶像团体或成员呢?这个非常令人在意哦。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关推荐: 商务邮件写作教学:结束语大变身

  • 称呼夏目漱石时加“さん”为何不自然?

    名人などにも人間関係が無ければ基本的には「さん」や「さま」は付けてはいけないのである。もし付けたりするとその人と人間関係があることを[wj]示唆[/wj]することになってしまう。日本語教師になる前はこんなこと意識したことも、また考えたこともなかったのだが。[/en] [cn]说到底就是敬语的用法问题。日语学习中敬语的使用是很重要的,敬语教会你如何更好地处理人际关系。正因为这样,当不需要注重人际关系时自然就不需要使用敬语了。不论是有名的历史人物还是伟人、名人,只要不涉及人际关系的处理层面,就不需要在人名后加「さん」或「さま」,如果加上了的话就等于暗示说话人要与那个人处理好人际关系。在成为日语教师之前我都从未思考或意识到这个问题。[/cn] [en]しかし[wj]例外[/wj]もある。いわゆる皇室用語である。いくら人間関係が無いからといって、まさか「雅子」とは言えない。「雅子さま」である。[/en] [cn]但也有例外,即皇室用语。不管是否涉及处理人际关系,直接称呼「雅子」是说不出口的,必须要称呼「雅子さま」。[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 【NHK】大雨肆虐 夏目漱石旧宅被毁

    NHK在线听写是沪江新部落的一个在线学习新系统。听写系统有专门的主持人负责一天的NHK新闻稿件(1分半钟左右)的听写和翻译校对,保证听力原文和参考译文的质量。 2010年7月12日新闻: [jp] 日语原文:[/jp] [jp]大雨の影響で、松山市にあり、[wj]夏目漱石[/wj]の[wj]下宿[/wj]を復元した「愚陀佛庵」という建物が倒壊しました。松山市にある「愚陀佛庵」は、明治の文豪、夏目漱石が英語教師として松山に赴任した際に下宿していた木造2階建ての建物を昭和57年に復元したものです。 今日午前8時ごろ、管理人が、[wj]敷地[/wj]内の[wj]見回り[/wj]をしたところ、裏山が崩れて建物が全壊しているのを見つけたということです。建物は、本来の場所から10メートルほど押し流されていたということです。怪我人はいませんでした。夏目漱石は、小説「坊っちゃん」を「愚陀佛庵」での体験を基に書いたとされ、それを復元した現在の建物も観光[wj]名所[/wj]として人気を集めていました。「愚陀佛庵」の管理人は「とても残念です。再建されることを望みたい」と話していました。[/jp] [cn]参考翻译:[/cn] [cn]受大雨影响,位于松山市的夏目漱石旧宅“愚陀佛庵”倒塌。松山市的“愚陀佛庵”是在昭和57年,根据明治时期的文豪夏目漱石到松山担任英语教师之时借宿的一栋两层木质建筑复原修建而成的。 今天上午8点左右,管理员在该地巡逻的时候发现后山坍塌导致房屋全毁。房屋被冲离原地10米左右。无人员受伤。由于夏目漱石的小说《少爷》是以在“愚陀佛庵”的生活为背景著作的,因此复原后的该建筑物也是一个热门的旅游景点。“愚陀佛庵”的管理员表示“对房屋的倒塌感到很遗憾。希望能够重建愚陀佛庵”。[/cn] 如果你想听到更多最新NHK新闻,那就来参加沪江日语听力系统吧! 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 二宫和也化身"少爷”演绎夏目漱石代表作

    成为本剧外景地。2016年新春“二宫少爷”将备受瞩目。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 小编补充:夏目漱石《少爷》简介 《少爷》是夏目漱石1906年4月在《杜鹃》杂志上发表的中篇小说,故事内容取材自漱石当年在四国市的松山中学担任英语教师的生涯经验,以幽默诙谐的文笔,塑造出“江户精神” ──纯真、正直、勇敢的“少爷”,但是在现实生活中却尽是冒失、莽撞、幼稚的“鲜师”模样,让读者又气又笑,又爱又疼。该小说自刊行以来始终畅销,更曾荣获日本百年文学名选榜首。 原著中的故事描写了一位来自江户的少爷,在四国爱媛县松山市担任中

  • 2016年秋季日剧推荐:夏目漱石之妻

    中直人/馆博 剧情简介: [en]裕福な家庭に育った中根鏡子(尾野真千子)は、厳格な父・重一(舘ひろし)から学問は不要と育てられ19歳の時、夏目漱石(長谷川博己)と見合いする。鏡子は漱石に一目ぼれ、漱石は屈託の無い鏡子の笑顔に魅了され二人は結婚、漱石が高校の教師として赴任した熊本での新婚生活が始まる。[/en] [cn]在富裕的家庭中长大的中根镜子(尾野真千子),从小就被严格的父亲·重一(馆博)教育学问是无用的。19岁的时候,与夏目漱石(长谷川博己)相亲。镜子对簌石一见钟情,漱石为镜子天真无忧的笑容所倾倒。之后二人结婚,夏目漱石作为高校的老师到熊本赴任,在那儿开启了他们的新婚生活。[/cn] [en]漱石は、帝大出のとびきりの知性派ではあるが、実は幼少時に養子に出され、家庭の温もりを知らずに育った過去を持ち、情緒の不安定な気難しい人物あった。鏡子は夫を理解しようと、夫が読むものを読み、夫の友人達に交わって難しい会話に入って行こうとするが、その世界のハードルは高くとても及ばない。やがて鏡子は初めて身ごもった子どもを流産、孤独から自殺未遂騒ぎを起こす。夫婦にとっての最初の危機の到来。果たして二人の前途はどうなる!?[/en] [cn]漱石出身帝国大学,是个出色的知性派,但实际上在小的时候,漱石就成为了养子,在不知家庭温暖的环境下成长起来。由于这样的经历,漱石情绪不稳定,难以取悦。镜子想要理解丈夫,于是读漱石读的书,与漱石的朋友交往,想要加入他们高深的谈话中,然而,那个世界的门槛太高,镜子怎么也够不着。不久,镜子的第一个孩子流产,由于孤独,自杀未遂,引夏目漱石之妻 | 夏目漱石起了大骚动。夫妇间最初的危机到来了。最终两个人的前途会怎么样呢!?[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。