• 中日对照:《欢迎来我家》小说(十八)

    上一期>>中日对照:《欢迎来我家》小说(十七) [en]玄関先に座り込んだまま、倉田はドアを見つめた。[/en] [cn]仓田一屁股坐在正门处,一直盯着门。[/cn] [en]再びインターホンが鳴り、倉田は心臓が絞り上げられるような緊張感に襲われた。磨りガラスの向こうに、人影が立っているのが見える。[/en] [cn]内线电话再次响起,心脏就像被绞了一样的紧张感向仓田袭来。通过磨砂玻璃,可以看到对面有人站着。[/cn] [en]玄関先にあの男がじっと立っている様が目に浮かび、全身に鳥肌が立った。同時に、倉田の視線がドアの一点で釘付けになる。[/en] [cn]脑海里一浮现出那个男的一动不动的站在正门处,仓田全身的鸡皮疙瘩都起来了。与此同时,仓田的视线紧紧盯着门的一处。[/cn] [en]鍵がかかっていないーー。[/en] [cn]没上锁。[/cn] [en]慌てて立ち上がった倉田が玄関の鍵に手を伸ばすのと、それが不意に開いたのはほぼ同時だった。そのときーー。[/en] [cn]慌慌张张站起来,想要伸手去够正门的钥匙时,门却突然开了。就在这时。[/cn] [en]きゃっ、という声が耳に飛び込んできた。[/en] [cn]耳朵里传入“啊”的一声尖叫。[/cn] [en]いや、もしかしたら、倉田のほうも声を上げていたかも知れない。倉田はのけぞり、それでも思わず鉢合わせしそうになった娘の顔を見て、胸を撫で下ろした。[/en] [cn]不,可能,仓田也发出了尖叫。仓田向后仰了一下 ,看到差点与自己头碰头的女儿,松了一口气。[/cn] [en]「なんだ、七菜か!」[/en] [cn]“什么呀,是七菜啊”[/cn] [en]「どうしたの」[/en] [cn]“怎么了”[/cn] [en]高校三年生の七菜は、再び玄関に座り込んだ父親を見て目を丸くした。「ねえ、ちょっとパパが変だよ」と背後に声をかけると、妻の珪子が長女の肩越しに顔を出して、「あらま」。[/en] [cn]高三的七菜,看到再次一屁股坐在正门处的父亲吓了一跳。“爸爸有点奇怪啊”她转到背后一说完,妻子珪子就越过长女的肩膀露出了脸,“啊啦”[/cn] [en]その背後からは、倉田のことなどどうでもいいといわんばかりの口調で、「おい、二人とも早く中に入れよ。蚊が入っちまうじゃないか」という長男の健太の声がする。健太は、今年私立大学の二年生で、いつもは花火なんてとバカにしているくせに、今日は彼女にでもフラれたか、珍しくボディガード代わりとかいって母妹の花火見物をエスコートしてきたのだった。[/en] [cn]“此时他们背后传来了长男的声音,他用一副仓田怎样都无所谓的口吻说到“喂,你们两个倒是快点进去啊”健太今年是私立大学的大二学生,虽然以前都很不屑烟花大会什么的,但是不知道今天是不是被女朋友甩了,竟然罕见的说要当保镖什么的。作为妈妈妹妹的护花使者跟着去看了烟花。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(十七) [en]玄関先に座り込んだまま、倉田はドアを見つめた。[/en] [cn]仓田一屁股坐在正门处,一直盯着门。[/cn] [en]再びインターホンが鳴り、倉田は心臓が絞り上げられるような緊張感に襲われた。磨りガラスの向こうに、人影が立っているのが見える。[/en] [cn]内线电话再次响起,心脏就像被绞了一样的紧张感向仓田袭来。通过磨砂玻璃,可以看到对面有人站着。[/cn] [en]玄関先にあの男がじっと立っている様が目に浮かび、全身に鳥肌が立った。同時に、倉田の視線がドアの一点で釘付けになる。[/en] [cn]脑海里一浮现出那个男的一动不动的站在正门处,仓田全身的鸡皮疙瘩都起来了。与此同时,仓田的视线紧紧盯着门的一处。[/cn] [en]鍵がかかっていないーー。[/en] [cn]没上锁。[/cn] [en]慌てて立ち上がった倉田が玄関の鍵に手を伸ばすのと、それが不意に開いたのはほぼ同時だった。そのときーー。[/en] [cn]慌慌张张站起来,想要伸手去够正门的钥匙时,门却突然开了。就在这时。[/cn] [en]きゃっ、という声が耳に飛び込んできた。[/en] [cn]耳朵里传入“啊”的一声尖叫。[/cn] [en]いや、もしかしたら、倉田のほうも声を上げていたかも知れない。倉田はのけぞり、それでも思わず鉢合わせしそうになった娘の顔を見て、胸を撫で下ろした。[/en] [cn]不,可能,仓田也发出了尖叫。仓田向后仰了一下 ,看到差点与自己头碰头的女儿,松了一口气。[/cn] [en]「なんだ、七菜か!」[/en] [cn]“什么呀,是七菜啊”[/cn] [en]「どうしたの」[/en] [cn]“怎么了”[/cn] [en]高校三年生の七菜は、再び玄関に座り込んだ父親を見て目を丸くした。「ねえ、ちょっとパパが変だよ」と背後に声をかけると、妻の珪子が長女の肩越しに顔を出して、「あらま」。[/en] [cn]高三的七菜,看到再次一屁股坐在正门处的父亲吓了一跳。“爸爸有点奇怪啊”她转到背后一说完,妻子珪子就越过长女的肩膀露出了脸,“啊啦”[/cn] [en]その背後からは、倉田のことなどどうでもいいといわんばかりの口調で、「おい、二人とも早く中に入れよ。蚊が入っちまうじゃないか」という長男の健太の声がする。健太は、今年私立大学の二年生で、いつもは花火なんてとバカにしているくせに、今日は彼女にでもフラれたか、珍しくボディガード代わりとかいって母妹の花火見物をエスコートしてきたのだった。[/en] [cn]“此时他们背后传来了长男的声音,他用一副仓田怎样都无所谓的口吻说到“喂,你们两个倒是快点进去啊”健太今年是私立大学的大二学生,虽然以前都很不屑烟花大会什么的,但是不知道今天是不是被女朋友甩了,竟然罕见的说要当保镖什么的。作为妈妈妹妹的护花使者跟着去看了烟花。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:更多欢迎来我家中日小说>>

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(十四)

    心想。[/cn] [en]残念ながら、倉田はもう若くはない。あの男の足だったら、逃げたところですぐに追いつかれてしまうだろう。有利なのは、土地勘があることだけだ。この港北ニュータウンに、倉田はかれこれ二十年以上も住み続けている。[/en] [cn]遗憾的是,仓田已经不再年轻了。如果是那个男子的脚力的话,刚一逃跑应该就会被追到了吧。唯一有利的就只有对地域的熟知度而已。仓田大约已经在这个港北新村住了二十多年。[/cn] [en]道の両側はマンションと一戸建てが混在する住宅地で、舗道からは見えないが左手の住宅地の奥に多目的公園がある。[/en] [cn]道路两侧是公寓与独户住宅的混合住宅地,虽然在道路上上看不出来,但是在左手边住宅地的里面有(一个)多功能公园。[/cn] [en]尾けてくる男をなんとか巻きたいが、そのためには遮蔽物がなにもないこの舗道を歩いていたのでは無理だった。[/en] [cn]虽然尾随的男子想法设法地想要藏起来,但是在这毫无遮蔽物的水泥路上行走,这点是绝对做不到的。[/cn] [en]どうする?[/en] [cn]怎么办?[/cn] [en]そんな問いが倉田の頭の中でぐるぐる回り始めた。[/en] [cn]仓田的脑海中不停地萦绕着这样的疑问。[/cn] [en]もちろん、振り返っていってやるのだ。[/en] [cn]当然是要回头质问啦。[/cn] [en]「いったい君はどういうつもりだね。人の後を尾けたりして」と。[/en] [cn]问他“你跟在我后面究竟想怎么样”[/cn] [en]だが、そんな剛胆な考えも、男が浮かべた薄気味悪い微笑の記憶とともに萎んだ。[/en] [cn]但是,一想起男子那抹渗人的微笑,这个大胆的想法就萎了。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(十三) [en]片側に閉めきった商店がちらほらあるだけの舗道を倉田は歩いていた。顔は前を向いていたが、全神経は背後に向けられている。[/en] [cn](马路)一侧商店紧闭,仓田走在还能稀稀落落看见(几家商店)的路上。虽然脸是朝着前方的,但是全身的神经却集中于背后。[/cn] [en]ときおり通り過ぎる車のへッドライトにまぶしげに目を細めながら、ともすれば振り向いてしまいそうな恐怖と、倉田は戦っていた。[/en] [cn]偶尔经过的汽车的前照灯太过耀眼使仓田眯上了眼睛。仓田正在跟一回头就会相遇的恐怖作斗争。[/cn] [en]走って逃げるべきだろうか。[/en] [cn]应该逃跑吗?[/cn] [en]それとも、このまま歩き続けるべきか。[/en] [cn]还是说,就这样继续走下去?[/cn] [en]いや、もし男に危害を加える意志があるのなら、どちらにしても同じだろうと倉田は思った。[/en] [cn]“不,如果男子有加害想法的话,不管哪种结果都一样。”仓田心想。[/cn] [en]残念ながら、倉田はもう若くはない。あの男の足だったら、逃げたところですぐに追いつかれてしまうだろう。有利なのは、土地勘があることだけだ。この港北ニュータウンに、倉田はかれこれ二十年以上も住み続けている。[/en] [cn]遗憾的是,仓田已经不再年轻了。如果是那个男子的脚力的话,刚一逃跑应该就会被追到了吧。唯一有利的就只有对地域的熟知度而已。仓田大约已经在这个港北新村住了二十多年。[/cn] [en]道の両側はマンションと一戸建てが混在する住宅地で、舗道からは見えないが左手の住宅地の奥に多目的公園がある。[/en] [cn]道路两侧是公寓与独户住宅的混合住宅地,虽然在道路上上看不出来,但是在左手边住宅地的里面有(一个)多功能公园。[/cn] [en]尾けてくる男をなんとか巻きたいが、そのためには遮蔽物がなにもないこの舗道を歩いていたのでは無理だった。[/en] [cn]虽然尾随的男子想法设法地想要藏起来,但是在这毫无遮蔽物的水泥路上行走,这点是绝对做不到的。[/cn] [en]どうする?[/en] [cn]怎么办?[/cn] [en]そんな問いが倉田の頭の中でぐるぐる回り始めた。[/en] [cn]仓田的脑海中不停地萦绕着这样的疑问。[/cn] [en]もちろん、振り返っていってやるのだ。[/en] [cn]当然是要回头质问啦。[/cn] [en]「いったい君はどういうつもりだね。人の後を尾けたりして」と。[/en] [cn]问他“你跟在我后面究竟想怎么样”[/cn] [en]だが、そんな剛胆な考えも、男が浮かべた薄気味悪い微笑の記憶とともに萎んだ。[/en] [cn]但是,一想起男子那抹渗人的微笑,这个大胆的想法就萎了。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:更多日剧欢迎来我家资讯>>

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(六)

    迎来我家》小说(五) [en]「さてと。このヘンでやろうぜ」[/en] [cn]好了。就在这边钓吧。[/cn] [en]ふいに背後で野太い声がして、倉田は我に返った。[/en] [cn]突然一阵雄厚的声音从身后传来,仓田这才回过神来。[/cn] [en]二人組みの男だった。歳は父と同じぐらいか、もっと上だったかも知れない。大きなクーラーボックスを肩から提げた男達は、ちゃんと釣り用の格好をして、銜えタバコで父親と倉田を見下ろしている。[/en] [cn]是两个大男人。年纪似乎与父亲差不多,但也有可能比父亲大。将大冰桶挎在肩上的男子,穿着整齐的钓鱼装,叼着香烟,俯视着仓田和他父亲。[/cn] [en]男のひとりが、無遠慮にそのクーラーボックスを倉田のすぐ横に置き、微妙な空気が流れた。それまでの楽しい思いが萎み、警戒心が頭をもたげる。堤防なんだからどこで釣ってもいいのだろうが、それにしても、すぐ横に来てそれまで倉田たちが釣っている場所に無遠慮に竿を出すというのは、理屈より先に遊び場を占領されるような理不尽さを覚えた。[/en] [cn]其中一个男子毫不客气地把冰桶放在了仓田的旁边,气氛一下子变得微妙起来。至今为止的快乐劲一下子蔫了,心里也开始有了戒备。虽然说这是堤坝,在哪钓鱼都可以,但即便如此,马上就来到仓田身边并且还像那样毫不客气地抛竿,与其说是歪理,倒不如说是在占领他之前的游乐场,不讲道理极了。[/cn] [en]大きな男だった。左隣にいる華奢な父と比べたらその差は歴然で、銜えタバコにサングラスをした横顔はよく陽に灼けている。男が座って最初にしたことは、そのタバコを海に投げ入れることだった。それも、目の前ではなく、斜め左へ投げた。ちょうど父親のウキに向かって投げつけたように、倉田には見えた。[/en] [cn]男子十分的高大。跟左边纤弱的父亲相比,差距一目了然。叼着香烟,戴着太阳镜,他的侧脸被太阳晒的厉害。男子坐下后,做的第一件事便是把香烟扔入了海中。而且,并不是往自己眼前扔,而是斜斜地扔向了左边。在仓田看来,似乎就是故意要扔向父亲的鱼漂儿。[/cn] [en]倉田はちらりと隣を見たが、父は黙っている。だがもう笑ってはいなかった。表情を硬くして、成り行きを窺っているようにみえた。[/en] [cn]仓田瞥了一眼旁边,但父亲依然保持着沉默。但是脸上的笑容已经消失了。僵硬的表情似乎在观察着局势的发展。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(五) [en]「さてと。このヘンでやろうぜ」[/en] [cn]好了。就在这边钓吧。[/cn] [en]ふいに背後で野太い声がして、倉田は我に返った。[/en] [cn]突然一阵雄厚的声音从身后传来,仓田这才回过神来。[/cn] [en]二人組みの男だった。歳は父と同じぐらいか、もっと上だったかも知れない。大きなクーラーボックスを肩から提げた男達は、ちゃんと釣り用の格好をして、銜えタバコで父親と倉田を見下ろしている。[/en] [cn]是两个大男人。年纪似乎与父亲差不多,但也有可能比父亲大。将大冰桶挎在肩上的男子,穿着整齐的钓鱼装,叼着香烟,俯视着仓田和他父亲。[/cn] [en]男のひとりが、無遠慮にそのクーラーボックスを倉田のすぐ横に置き、微妙な空気が流れた。それまでの楽しい思いが萎み、警戒心が頭をもたげる。堤防なんだからどこで釣ってもいいのだろうが、それにしても、すぐ横に来てそれまで倉田たちが釣っている場所に無遠慮に竿を出すというのは、理屈より先に遊び場を占領されるような理不尽さを覚えた。[/en] [cn]其中一个男子毫不客气地把冰桶放在了仓田的旁边,气氛一下子变得微妙起来。至今为止的快乐劲一下子蔫了,心里也开始有了戒备。虽然说这是堤坝,在哪钓鱼都可以,但即便如此,马上就来到仓田身边并且还像那样毫不客气地抛竿,与其说是歪理,倒不如说是在占领他之前的游乐场,不讲道理极了。[/cn] [en]大きな男だった。左隣にいる華奢な父と比べたらその差は歴然で、銜えタバコにサングラスをした横顔はよく陽に灼けている。男が座って最初にしたことは、そのタバコを海に投げ入れることだった。それも、目の前ではなく、斜め左へ投げた。ちょうど父親のウキに向かって投げつけたように、倉田には見えた。[/en] [cn]男子十分的高大。跟左边纤弱的父亲相比,差距一目了然。叼着香烟,戴着太阳镜,他的侧脸被太阳晒的厉害。男子坐下后,做的第一件事便是把香烟扔入了海中。而且,并不是往自己眼前扔,而是斜斜地扔向了左边。在仓田看来,似乎就是故意要扔向父亲的鱼漂儿。[/cn] [en]倉田はちらりと隣を見たが、父は黙っている。だがもう笑ってはいなかった。表情を硬くして、成り行きを窺っているようにみえた。[/en] [cn]仓田瞥了一眼旁边,但父亲依然保持着沉默。但是脸上的笑容已经消失了。僵硬的表情似乎在观察着局势的发展。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(二十)

    在你后面,究竟想干嘛?”七菜问到。[/cn] [en]「頭にきたからなんか一言いってやろうとでも思ってたんじゃないか」と健太はいった[/en] [cn]健太说“他是不是生气了,想跟你说点什么?”。[/cn] [en]「だったらその場でいえばいいじゃん」[/en] [cn]“但是当场说出来不就好了”[/cn] [en]「気が弱いから、その場ではいえなかったんだよ、きっと。オタクっぽかったでしょ」[/en] [cn]“一定是太过弱懦,所以当场说不出来。那家伙一看就是宅男吧”[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(十九) [en]「もし、本当なら結構コワイけどな」[/en] [cn]“要是你说的是实话的话那就太可怕了。[/cn] [en]また健太がいった。[/en] [cn]健太接着说。[/cn] [en]「本当だっていってるだろ」[/en] [cn]“都说了是实话了。”[/cn] [en]むっとした倉田の言葉に家族は一瞬、押し黙ったが、「花火にくりゃよかったんだよ、パパも」という七菜の言葉で話題は、倉田からその日の花火へと変わった。[/en] [cn]仓田生气的回答使家人一瞬间都沉默了。“要是爸爸也去烟花大会就好了”七菜的一句话使话题从仓田身上转移到了当天的烟花大会。[/cn] [en]だがーー[/en] [cn]但是。[/cn] [en]何千発の花火がどうとか、どこのなんとかって店の混み具合が凄かったとか、そんな話に倉田はまったく関心が持てなかった。つい小一時間前にさらされた悪意の記憶は、あの男の薄気味悪い微笑とともに、倉田の脳裏にこびりついて離れようとはしない。[/en] [cn]仓田对多少千发的烟花怎么怎么样,哪里的店铺多么的拥挤等完全没有兴趣。就在一小时多之前自己处于危险中的充满恶意的记忆和那个男子渗人的笑容都在仓田的脑海里挥之不去。[/cn] [en]「もし、気になるんなら、警察に届けたら?」[/en] [cn]“要是这么在意的话,通知警察不就好了?”[/cn] [en]上の空で家族の会話を聞き流していた倉田に、ようやく珪子が気を遣っていった。[/en] [cn]珪子终于注意到了一直心神不定,充耳不闻家人的对话的仓田。[/cn] [en]「警察がまじめにとりあうもんか」倉田はいった。[/en] [cn]“警察才不会当做一回事”仓田说着。[/cn] [en]「被害もなにもないのに。ただ、尾けられたってだけで」[/en] [cn]“又没什么损失。就只是被跟踪了而已。”[/cn] [en]「でもさ、尾けてどうするつもりだったのかな、そのひと」七菜がきいた。[/en] [cn]“但是那个人跟在你后面,究竟想干嘛?”七菜问到。[/cn] [en]「頭にきたからなんか一言いってやろうとでも思ってたんじゃないか」と健太はいった[/en] [cn]健太说“他是不是生气了,想跟你说点什么?”。[/cn] [en]「だったらその場でいえばいいじゃん」[/en] [cn]“但是当场说出来不就好了”[/cn] [en]「気が弱いから、その場ではいえなかったんだよ、きっと。オタクっぽかったでしょ」[/en] [cn]“一定是太过弱懦,所以当场说不出来。那家伙一看就是宅男吧”[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(十五)

    出了手机,往自家打了个电话。没人接。也不知道响了几声后就变成自动录音电话了。[/cn] [en]舌打ちとともに携帯をカバンに戻したとき、それで良かったかも知れないという思いも胸にわいた。車のナンバープレートを覚えられたら、倉田の身元がわかってしまい。男がそこにまでやらないという保証はどこにもないからだ。電話を切ったとき、足音はまた一段と近くに聞こえた。その気配に首筋の辺りが粟立つ。[/en] [cn]咂巴着嘴把手机放回了包里的仓田又突然觉得这样反而更好呢。如果知道车牌的话就会知道仓田的身份了。因为谁也不能保证男子不会这么做。挂了电话,可以听到脚步声又近了一些。这个情况不禁让仓田脖颈附近起了鸡皮疙瘩。[/cn] [en]とっくに店じまいした商店のショーウインドーに前屈みになって歩く自分が映っていた。緊張して、喉はからからだ。[/en] [cn]早已打烊的商店的玻璃上倒映着身体前倾正在走路的自己。仓田紧张到口干舌燥。[/cn] [en]「なにを怖れているんだ。悪いのは向こうじゃないか」[/en] [cn]“我在害怕什么啊,有错的不是对方吗?”[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(十四) [en]悪意のある笑みだった。長年、仕事を通じて様々な人間を観察してきた倉田にはわかるのだ。男は、何かを企んでいて、ここまで倉田を尾けてきた。そうに違いない。[/en] [cn]充满恶意的笑容。仓田通过长年的工作观察了不少人,所以这个还是知道的。男子一定是有什么阴谋才尾随仓田至此的。一定是这样的。[/cn] [en]車の往来が途絶え、倉田は幾分足を早めた。[/en] [cn]没有车辆往来,仓田加快了几分步伐。[/cn] [en]スニーカーが立てる音が多少背後に遠ざかり、代わりに額から大粒に汗がしたたり落ちてくる。[/en] [cn]运动鞋的脚步声总算是有点远了,大滴大滴的汗水从仓田的额头上滴下。[/cn] [en]「そうだ、迎えに来てもらおう」[/en] [cn]“对了,让他们来接我好了”[/cn] [en]そう思いついてカバンから携帯を取りだし、自宅へかけた。誰も出ない。コールは何回目かで留守電話に変わった。[/en] [cn]这么想着他就从包里拿出了手机,往自家打了个电话。没人接。也不知道响了几声后就变成自动录音电话了。[/cn] [en]舌打ちとともに携帯をカバンに戻したとき、それで良かったかも知れないという思いも胸にわいた。車のナンバープレートを覚えられたら、倉田の身元がわかってしまい。男がそこにまでやらないという保証はどこにもないからだ。電話を切ったとき、足音はまた一段と近くに聞こえた。その気配に首筋の辺りが粟立つ。[/en] [cn]咂巴着嘴把手机放回了包里的仓田又突然觉得这样反而更好呢。如果知道车牌的话就会知道仓田的身份了。因为谁也不能保证男子不会这么做。挂了电话,可以听到脚步声又近了一些。这个情况不禁让仓田脖颈附近起了鸡皮疙瘩。[/cn] [en]とっくに店じまいした商店のショーウインドーに前屈みになって歩く自分が映っていた。緊張して、喉はからからだ。[/en] [cn]早已打烊的商店的玻璃上倒映着身体前倾正在走路的自己。仓田紧张到口干舌燥。[/cn] [en]「なにを怖れているんだ。悪いのは向こうじゃないか」[/en] [cn]“我在害怕什么啊,有错的不是对方吗?”[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:更多日剧欢迎来我家资讯>>

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(十三)

    车站。站在位置上的仓田,走到下车处前面站着的时候,不经意间看到男子正朝着自己这边走来。[/cn] [en]思わず振り返ってしまった倉田が、しまった、と思ったとき、男の顔に不気味な笑みが広がるのが見えた。[/en] [cn]无意中回头看了一眼的仓田正想着完蛋了的时候,他看到了男子渗人地笑了。[/cn] [en]どっと冷や汗が吹き出し、背筋を冷たいものが走った。[/en] [cn]突然之间(仓田感觉)后脊发凉,冷汗直冒。[/cn] [en]降車タラップをぎこちない動きで降りた倉田は足早に歩き出す。前は向いていたが、全神経は背中のはうへと集中していた。[/en] [cn]哆嗦着扶着下车扶手下了车的仓田开始加快了步伐。虽然是朝前走,但是他的全部神经却集中于背后。[/cn] [en]そのとき、倉田の靴音にもう一つの靴音が重なった。[/en] [cn]此时,伴随着仓田的脚步声的还有另外一个脚步声。[/cn] [en]スニーカーのゴム底がたてるきゅっきゅっという音だ。あの男が、尾けてくる。[/en] [cn]是轻便运动鞋橡胶鞋底发出的咻咻声。男子,正在尾随。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(十二) [en]座席に座り、ぼんやりと車内を眺める気のない視線で、倉田は男を改めて観察した。[/en] [cn]坐在位置上的仓田用一种发呆的,无意观望车内的眼神再次好好观察了男子一番。[/cn] [en]間違いなく代々木駅のあの男だ。髪を両側から垂らし、銀縁の眼鏡を掛けていた。眼鏡は、両側がちょっと上につり上がったようになっている細めのレンズだ。ブルーのシャツにだぶっとした紺系のパンツ、それに黒っぽいスニーかーを合わせている。[/en] [cn]千真万确就是代代木车站的那个男的,带着银框眼镜,头发从两颊垂下来。眼镜的镜片很细,两侧有点稍微往上吊的感觉。蓝色的衬衣,肥硕的藏青色裤子,还搭配了一双类似黑色的轻便运动鞋。[/cn] [en]年齢は三十代に間違いないだろうが、そのラフな格好をみれば堅い仕事でないことがわかる。もしかするとフリーターのようなことをしているのかも知れないと倉田は勝手に想像した。[/en] [cn]肯定是30多岁的人,从这么随便的穿着打扮可以看出他一定不是从事很死板的工作。他可能是自由打工者,仓田随意揣测着。[/cn] [en]バスはさらに倉田の自宅から遠ざかり、また次の停留所がアナウンスされた。誰も降車ボタンを押さなかった。男もまた、まっすぐ顔を窓へと向けている。やがて、フロントガラス越しにバス停が見えたギリギリのタイミングで、倉田は降車ボタンを押した。もちろん、降りるのは倉田一人のはずである。[/en] [cn]公交离仓田的家越来越远,广播又开始播报下一停车站了。谁也没有按停车按钮。男子也还是一如既往的直勾勾地盯着窗户。最终,仓田在透过挡风玻璃还可隐约以看见车站的时候按下了停车按钮。当然,下车的应该只有仓田一个人。[/cn] [en]ブレーキが踏まれ、バスが停留所に滑り込んでいく。席を立った倉田が、降車口の前に立ったとき、ふいに男がこちらに向かって車内を歩いてくるのが視界に入った。[/en] [cn]公交减速开进了停车站。站在位置上的仓田,走到下车处前面站着的时候,不经意间看到男子正朝着自己这边走来。[/cn] [en]思わず振り返ってしまった倉田が、しまった、と思ったとき、男の顔に不気味な笑みが広がるのが見えた。[/en] [cn]无意中回头看了一眼的仓田正想着完蛋了的时候,他看到了男子渗人地笑了。[/cn] [en]どっと冷や汗が吹き出し、背筋を冷たいものが走った。[/en] [cn]突然之间(仓田感觉)后脊发凉,冷汗直冒。[/cn] [en]降車タラップをぎこちない動きで降りた倉田は足早に歩き出す。前は向いていたが、全神経は背中のはうへと集中していた。[/en] [cn]哆嗦着扶着下车扶手下了车的仓田开始加快了步伐。虽然是朝前走,但是他的全部神经却集中于背后。[/cn] [en]そのとき、倉田の靴音にもう一つの靴音が重なった。[/en] [cn]此时,伴随着仓田的脚步声的还有另外一个脚步声。[/cn] [en]スニーカーのゴム底がたてるきゅっきゅっという音だ。あの男が、尾けてくる。[/en] [cn]是轻便运动鞋橡胶鞋底发出的咻咻声。男子,正在尾随。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:更多日剧欢迎来我家资讯>>

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(九)

    到了海中。[/cn] [en]いまから考えてみると、理不尽なことをされても黙って引き下がってくるのは、生涯一企業で勤め上げた父の生き方と結びついているような気がしないでもない。父は物静かで、忍耐強い人だった。感情をむき出しにすることなど一度として見たことがないぐらいだった。[/en] [cn]现在想想的话,总感觉碰到不讲理的事情就那样默不作声地作罢的做法可能跟一生都在一个企业中工作的父亲的生活方式有关。父亲是一个稳重且善于忍耐的人。仓田甚至一次都没见到父亲情绪爆发。[/cn] [en]しかし、このとき父は、手に握りしめていたものを力任せに地面に叩きつけた。ショートホープの空き箱が足元で撥ね、防波堤の端まで転がって止まる。さらにそれを父は靴の踵で踏みつけ、ぺちゃんこにした。[/en] [cn]但是这次父亲却将手中紧握的东西重重的锤在了地上。一脚把shorthope的空盒踢到了堤坝的边上。不仅如此,父亲还用脚跟狠狠地把它踩扁了。[/cn] [en]倉田ははっと顔をあげ、父の怒りを激しさに動けなくなった。悲しくなり、どうしようもなく涙がこみ上げてくる。しゃくり上げはじめた倉田の視界の中で、父が投げつけたタバコの箱の輪郭が染み始めた。錆の浮いたコンクリートの上で踏みつけにされたのはホープの空き箱ではなく、自分たちのほうだ。[/en] [cn]看见仓田突然抬起了脸,父亲的怒气也就不好发作了。好难过,无可奈何到连眼泪都涌出来了。父亲扔的香烟盒深深地印入了逐渐开始抽泣的仓田的眼帘。被踩扁在锈迹斑斑的混凝土建材上的不是hope的空盒,而是自己。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(八) [en]「ねえ、父さん。あいつらひどいよ」[/en] [cn]‘爸爸,他们好过分啊’[/cn] [en]「ああ、そうだな」[/en] [cn]‘嗯,是啊’[/cn] [en]「ぼくたち、あいつらに負けたの?」[/en] [cn]‘我们输给他们了吗’[/cn] [en]返事はない。[/en] [cn]父亲没有回答。[/cn] [en]父は竿を出さず、胸ポケットからショートホープの箱を出して、中から一本抜く。[/en] [cn]父亲没有投竿,而是拿出了胸前口袋里的shorthope的香烟盒,从中抽出了一根香烟。[/cn] (小编我已经找不到配图了… 求赶紧钓完鱼) [en]百円ライターを擦ったときの父は今まで見たことのないほど青ざめていた。[/en] [cn]父亲阴沉着脸点着打火机,仓田从来没有见过父亲这样。[/cn] [en]唇に挟んだホープを吸い込み、それを右手の指先で挟もうとした父の手がどうしようもないほど震えているのを見て、倉田は目をそらした。それが怒りによるものなのか、恐怖によるものなのか、そのときの倉田には見分けがつかなかった。[/en] [cn]父亲抽着烟,想用右手指尖夹住香烟,但却怎么也办不到,看着右手一直颤抖的父亲,仓田不忍心地把头转开了。[/cn] [en]一本を急速な勢いで灰にし、二本目を取り出そうとして空だと気づき、青ざめた表情のまま暗い視線を海へと投げた。[/en] [cn]很快,一支烟抽完了,刚想拿出第二支的父亲发现香烟盒已经空了,就阴着脸恨恨地将烟蒂扔到了海中。[/cn] [en]いまから考えてみると、理不尽なことをされても黙って引き下がってくるのは、生涯一企業で勤め上げた父の生き方と結びついているような気がしないでもない。父は物静かで、忍耐強い人だった。感情をむき出しにすることなど一度として見たことがないぐらいだった。[/en] [cn]现在想想的话,总感觉碰到不讲理的事情就那样默不作声地作罢的做法可能跟一生都在一个企业中工作的父亲的生活方式有关。父亲是一个稳重且善于忍耐的人。仓田甚至一次都没见到父亲情绪爆发。[/cn] [en]しかし、このとき父は、手に握りしめていたものを力任せに地面に叩きつけた。ショートホープの空き箱が足元で撥ね、防波堤の端まで転がって止まる。さらにそれを父は靴の踵で踏みつけ、ぺちゃんこにした。[/en] [cn]但是这次父亲却将手中紧握的东西重重的锤在了地上。一脚把shorthope的空盒踢到了堤坝的边上。不仅如此,父亲还用脚跟狠狠地把它踩扁了。[/cn] [en]倉田ははっと顔をあげ、父の怒りを激しさに動けなくなった。悲しくなり、どうしようもなく涙がこみ上げてくる。しゃくり上げはじめた倉田の視界の中で、父が投げつけたタバコの箱の輪郭が染み始めた。錆の浮いたコンクリートの上で踏みつけにされたのはホープの空き箱ではなく、自分たちのほうだ。[/en] [cn]看见仓田突然抬起了脸,父亲的怒气也就不好发作了。好难过,无可奈何到连眼泪都涌出来了。父亲扔的香烟盒深深地印入了逐渐开始抽泣的仓田的眼帘。被踩扁在锈迹斑斑的混凝土建材上的不是hope的空盒,而是自己。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(五)

    多条黑鲷鱼。父亲解释说一定是因为潮界发生了改变,虽然我什么都不懂,但我还是点头表示赞成。没有比这更开心的了。父亲看着开心到捧腹大笑的我也开心的笑了。寂静的海港,两个人的笑声也像涟漪般荡漾开来。但就在这时——[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(四) [en]「あっ」[/en] [cn]“啊”[/cn] [en]慌てて竿を上げたがタイミングが遅かった。釣れると信じていたら、その一投で釣れたかも知れない。だが、頭のどこかで釣れるはずはないという考えがちらちらしていた。だから、合わせそこねた。魚は、一瞬だけ重い振動を倉田の手に伝えて消え、力任せに上げた反動でウキが真っ青な空へ抜けた。[/en] [cn]手忙脚乱的错过了收杆的最佳时机。因为一直坚信能钓得到,所以可能这一竿就钓到了呢。但是,脑海中又一直闪过不可能钓到的念头。因此,在收杆时失误了。仓田只在瞬间感受到鱼的重力震动后,鱼便消失了。太过用力反而把鱼漂儿抛向了湛蓝的空中。[/cn] [en]「いるよ、父さん」[/en] [cn]“爸爸,有鱼哦”[/cn] [en]震える声で倉田はいい、「そうみたいだな」と父がいったとき、今度は父のウキが海中に吸い込まれた。竿がしなり、興奮して覗き込んだ倉田の視界で、黒と銀色の縞模様がきらりと反転する。[/en] [cn]仓田带着颤抖的声音说着,“好像是呢”爸爸回答道。话音刚落,这次轮到爸爸的鱼漂儿被卷进了海中。鱼竿被压弯了,兴奋地一直注视着的仓田看到一条黑白条纹模样的鱼正闪闪的跳跃着。[/cn] [en]あがったのはクロダイだった。三十センチほどもあっただろうか。子どもの目には随分大きく見えた。[/en] [cn]钓上来的是一条黑鲷鱼。大约有30厘米长。在孩子看来已经相当的大了。[/cn] [en]「いるよ、太一」[/en] [cn]“有鱼哦,太一”[/cn] [en]今度は父がいい、倉田も興奮で震える手でエサをつけ海中に投げ込む。[/en] [cn]这次是父亲开口说道。仓田也兴奋到手都颤抖起来了。颤抖着挂上鱼饵,他将鱼竿抛入了海中。[/cn] [en]倉田がうまれてはじめて魚を釣り上げたのは、それから間もなくのことだった。[/en] [cn]不久之后,仓田钓到了平生以来的第一条鱼。[/cn] [en]「釣れたーっ!釣れたよ!父さん!」[/en] [cn]“爸爸。我钓到了!我钓到了!”[/cn] [en]手に伝わってきたぶるぶるする感触とともに、そのうれしかったことはいまでも覚えている。その後二人で立て続けた何匹かのクロダイを釣った。きっと潮目が変わったんだろう、というようなことを父が説明して、わけもわからず頷く自分がいる。最高に楽しかった。あまりの楽しさに笑いこけ、それを眺めて父も笑う。静かな港に、二人の笑いがさざ波のように伝わった。そのとき——[/en] [cn]那种传递至手心的震动的感觉以及开心之前至今为止都还记忆犹新。这之后,两个人也接连不断地钓到了好多条黑鲷鱼。父亲解释说一定是因为潮界发生了改变,虽然我什么都不懂,但我还是点头表示赞成。没有比这更开心的了。父亲看着开心到捧腹大笑的我也开心的笑了。寂静的海港,两个人的笑声也像涟漪般荡漾开来。但就在这时——[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。 相关阅读推荐:2015年春季剧推荐:《欢迎来我家》

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(二)

    上了。[/cn] [en]ゆっくりと電車が動き出した。頭痛がするほどアドレナリンが回っている。まだ誰かに見られているような気がして落ち着かなかった。短く息を吸い込み、ふとそれまで立っていたホームを見下ろす。気を落ち着かせようとしたそのとき、倉田の視線がある物をとらえた。[/en] [cn]电车缓缓地开动了。肾上腺素不断上升甚至到了让人头疼的地步。仓田总有种被人盯着看的感觉,心情无法平静。稍吸一口气,不经意间低头看了眼刚刚站过的站台。刚想使自己平静下来的仓田,视线就被某个东西吸引住了。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(一) [en]ひどい順番抜かした。[/en] [cn]插队简直太过分了。[/cn] [en]いつもの倉田だったら、ただ眉を顰める程度で見過ごしたかも知れない。元来倉田は攻撃的な性格ではないし、どちらかというと見て見ぬフリをする臆病なタイプである。[/en] [cn]如果是平常的仓田的话,可能就只是皱皱眉然后就置之不理了。因为他本来就不是一个非常具有攻击性的人。说的更准确点的话,他就是看到了也会假装没看到的胆小鬼。[/cn] (不是故意把AIBA酱截成这样的QAQ) [en]ところがこのときは違った。気づいたとき、倉田は割り込んできた男の胸の前に腕を突き出していたのだ。「順番を守りなさいよ!危ないじゃないか!」という言葉と共に。[/en] [cn]但是那个时候却不一样。“请排队,你这样是很危险的。”话音刚落,仓田才注意到他的手臂已经挥舞在插队男子的面前了。  [/cn] [en]その直前、この男のせいで若い娘がよろめいたのを見てしまったのも倉田の背を押した原因だったかも知れない。まるで自分の娘が危ない目に遭わされたような憤りを感じたのである。[/en] [cn]也有可能是跟不久之前因为这男的,女的差点摔倒,然后推了一下仓田的背有关。就好像是自己的女儿遭遇到了危险的事情一样,愤怒感油然而生。[/cn] [en]ところが、男は無視してそのまま乗り込もうとした。そこで倉田が、がんばった。腕にかかった男の体重を押し返し、手を振り払う。今度は男のほうがよろけ、その胸ポケットの中味が飛び出して足下に落ちた。[/en] [cn]但是,男子还是无视了他,打算继续乘车。事到如今,仓田已经努力了。他使了把劲,甩开了手。这下轮到男子有些踉跄,胸口袋子里的东西也都飞了出来,掉落在了脚下。 [/cn] [en]たたらを踏んだ男が、物凄い形相で倉田を睨み付けてきた。[/en] [cn]重心不稳的男子用十分可怕的眼神瞪着仓田。[/cn] [en]三十代だろうが、長い髪を顔の両側から垂らし、眼鏡をかけた浅黒い顔をした男だった。身長百七十センチ程の、痩せた体つきだ。[/en] [cn]男子应该30多岁了,长长的头发垂在脸庞两侧,戴着眼镜,皮肤略黑。 大概一米七左右,体格瘦小。[/cn] [en]倉田は自分の心臓の鼓動をきいた。首筋の辺りがぴくぴくして、自分も相手を睨み付けようとしたが、その目に力は湧いてこなかった。だが、そのとき背後から、「そうだ、順番守れ」という声が聞こえて凍り付いたような睨み合いの呪縛が解けた。[/en] [cn]仓田感受到了心脏跳动的厉害。他的脖颈也在颤动着。虽然自己也想瞪回去,但是眼神却很无力。但是就在那时,身后传来了“就是啊,好好排队啊”的声音,化解了僵持对峙的局面。[/cn] [en]男は諦めたようにその場を離れて向こうのドアへ歩いていき、乗客がぞろぞろと車両に吸い込まれていく。何か保護者のような気持ちになって浴衣姿の娘さんたちに順番を譲った倉田は、最後に乗り込んでドア側に立った。[/en] [cn]男子似乎是放弃了,准备离开往对面的门走去。期间,乘客们接连不断的上车。以一种护花使者的心情,仓田还让穿浴衣的姑娘们先上了车,自己最后一个上车并站在了门边上。[/cn] [en]発車のメロディが鳴り終わり、まだ心臓をばくばくさせている倉田の目の前でドアが閉まる。[/en] [cn]发车的旋律已经停止,仓田还是心跳不止,电车的门也在他眼前关上了。[/cn] [en]ゆっくりと電車が動き出した。頭痛がするほどアドレナリンが回っている。まだ誰かに見られているような気がして落ち着かなかった。短く息を吸い込み、ふとそれまで立っていたホームを見下ろす。気を落ち着かせようとしたそのとき、倉田の視線がある物をとらえた。[/en] [cn]电车缓缓地开动了。肾上腺素不断上升甚至到了让人头疼的地步。仓田总有种被人盯着看的感觉,心情无法平静。稍吸一口气,不经意间低头看了眼刚刚站过的站台。刚想使自己平静下来的仓田,视线就被某个东西吸引住了。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:相叶雅纪《欢迎来我家》初回收视13.0%

  • 中日对照:《欢迎来我家》小说(三)

    将是快乐的暑假回忆。仓田和父亲都对此深信不疑。[/cn] [en]どこまでも晴れ渡る空と海がはるか彼方で一直線に融合している。凪いでいる海はそれ自体鏡面のようになめらかで、空の青さを忠実に映し込む鏡のようであった。[/en] [cn]晴空万里的天空和一望无际的大海在遥远的天际融为一体。风平浪静的海面好像它原本就是个镜面一样平滑,像镜子般真实地照映出了天空的蔚蓝。[/cn] [en]釣り宿で道具一式とバケツを借りて、防波堤での釣りだった。倉田が船酔いしたりするのを心配したのだと思う。乗り合いの船にシロウト二人が乗り込んではどんな迷惑を掛けるかもわからない。そんな遠慮もあったかも知れない。[/en] [cn]在钓鱼人旅馆处,父子俩借了一整套的道具和铁桶,决定要在防波堤上钓鱼。仓田还担心自己会晕船。也不知道两个门外汉会给共同乘船的人们带来怎样的麻烦呢。这样的远虑也是有的。[/cn] 更多《欢欢迎来我家》小说(二) [en]タバコの箱だ。[/en] [cn]是香烟的盒子。[/cn] [en]ショートホップ。[/en] [cn]Short hop 。[/cn] [en]そういえば、さっきの男の胸ポケットからなにかが飛び出したなと思ったとき、なぜだろう、忘れかけていたある記憶がまざまざと蘇った。そひて、唐突に蘇ったその記憶の断片にふれた瞬間、倉田はその小さな箱から視線を逸らすことができなくなった。[/en] [cn]话说回来,自己还在想刚刚男子胸口口袋什么东西飞出来的时候,也不知怎地,那些都快忘记的记忆却清清楚楚的回想了起来。然后,仓田被那些突然恢复起的记忆碎片搞得神经恍惚,视线怎么都没法从那个小盒子移开。[/cn] [en]あれは——あれは、たしか小学四年生の夏休みのことだった。宿題をがんばるからと頼み込み、仕事が忙しい父に無理をいって釣りに連れていってもらったのは。[/en] [cn]记得那好像是小学四年级暑假的事情。以会好好做作业为理由死命恳求工作繁忙的父亲抽空带自己去钓鱼。[/cn] [en]父は東京の下町にあった会社で経理をやっていた真面目な男だった。ちょうど日本が高度成長期にさしかかっていた頃、製造業全盛の時代で仕事は忙しく、帰りは毎晩終電近い。いまのように週休二日ではなかったし、父は、日曜日もほとんど休み無く働いて家にいなかった記憶がある。[/en] [cn]父亲是东京下町某公司的会计,是一个非常认真的男人。日本恰好进入经济高度发展期,又因制造业处于繁盛时期,所以父亲每天工作都很忙,每天都是坐末班车回家。[/cn] [en]夏休みだというのに家族で遊びに行く計画はまるで無くて、倉田は日々を持て余していた。毎日ラジオ体操へ行き、学校のプールへ行く。でも、それだけ。[/en] [cn]明明是暑假,但是完全没有全家人一起出游的计划,仓田难以打发无聊的每日。他每天都是去学校做做广播体操,游游泳。也就只有这样而已。[/cn] [en]そんなとき、友たちの誰かが父親に海釣りへつれていってもらったことを自慢しているのを聞いて、自分も無性に行きたくなった。[/en] [cn]那时,也不知道听到朋友中的哪位很骄傲的炫耀着父亲带他去海边钓鱼的事情,自己也不由得变得想去钓鱼了。[/cn] [en]「じゃあ、一日だけだぞ。」[/en] [cn]那就只能去一天哦 。[/cn] [en]頼み込んだ倉田に父はそういうと翌日には日程を決め、あちこち釣り好きの人に聞いてどうすれば道具が揃えられるのかとか、どこで何が釣れるのかといったことを調べてきた。約束はしたものの、山育ちの父はそもそも海釣りというものをしたことが無かったのだ。[/en] [cn]面对一再恳求的仓田,父亲一说完此话就马上决定好了第二天的日程,还问了很多喜欢钓鱼的人如何准备工具,在哪里能钓到鱼等,做了很多调查工作。虽说已经约定好了,但在山中长大的父亲也从来没去海边钓过鱼。[/cn] [en]しかし、一旦こうと決めると、それに向かってこつこつと準備をするのが父の性分で、約束の日までにはおおよその手配を済ませていた。[/en] [cn]但父亲的性格就是一旦决定好了就会朝着那个方向认真的准备。到了约定之日,大体的准备也都结束了。[/cn] [en]その日、まだ夜が明けきらぬ頃に父に起こされた倉田は、始発のバスと電車を乗り続いで館山の海へと出掛けた。[/en] [cn]那天那还没亮,仓田就被父亲叫醒,连续乘着第一班公车和电车向着馆山的海洋出发了。[/cn] [en]房総半島を下る列車の窓から海を眺めながら、倉田ははしゃいでいた。[/en] [cn]仓田一边从经过房总半岛的窗户向外眺望海边,一边欢闹着。[/cn] [en]「父さん、どんな魚が釣れるかな」[/en] [cn]爸爸,我们会钓到什么鱼呢?[/cn] [en]「目標、何匹?ぼく、百匹。すっごく、釣れるんだって。」[/en] [cn]目标是几只呢?我要钓一百只哦,据说能钓到超级多呢。[/cn] [en]「釣れたら、その場で料理して食べるらしいよ。ねえ、うちにも持って帰るけど、ぼくたちのお昼ご飯はそれにしようよ」[/en] [cn]如果钓到的话据说可以在那里直接做了吃哦。虽然也带回家,但是我们的午饭就吃那个吧。[/cn] [en]座席でぴょんぴょん飛び跳ねんばかりに興奮している倉田に話を合わせながら、父も楽しそうに笑っていた。[/en] [cn]父亲也很开心的笑着跟在座位上都快要蹦跶着飞起来了的超级兴奋的仓田说话。[/cn] [en]楽しい夏休みの思い出。そうなることを倉田も父も疑っていなかった。[/en] [cn]这将是快乐的暑假回忆。仓田和父亲都对此深信不疑。[/cn] [en]どこまでも晴れ渡る空と海がはるか彼方で一直線に融合している。凪いでいる海はそれ自体鏡面のようになめらかで、空の青さを忠実に映し込む鏡のようであった。[/en] [cn]晴空万里的天空和一望无际的大海在遥远的天际融为一体。风平浪静的海面好像它原本就是个镜面一样平滑,像镜子般真实地照映出了天空的蔚蓝。[/cn] [en]釣り宿で道具一式とバケツを借りて、防波堤での釣りだった。倉田が船酔いしたりするのを心配したのだと思う。乗り合いの船にシロウト二人が乗り込んではどんな迷惑を掛けるかもわからない。そんな遠慮もあったかも知れない。[/en] [cn]在钓鱼人旅馆处,父子俩借了一整套的道具和铁桶,决定要在防波堤上钓鱼。仓田还担心自己会晕船。也不知道两个门外汉会给共同乘船的人们带来怎样的麻烦呢。这样的远虑也是有的。[/cn] 更多《欢迎来我家》中日对照小说翻译>> 声明:本双语文章的中文翻译系沪江社团爱翻不凡原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐:相叶雅纪主演春季月9《欢迎来我家》