• 日语格助词详解:「を」的复合格助词(二)

    格助词系列文章,每周一期,为你详解日语中的格助词

  • 日语格助词详解:「が」

    体用「は」提示。 属性:大きい、高い、長い、早い、白い、同じだ、親切だ、静かだ。 感情:うれしい、悲しい、寂しい、恐ろしい、怖い、恋しい。 感觉:痛い、痒い、だるい、嫌だ。 1、感情形容词、形容动词除了把具有感情、感觉的主题作为主体(用「が」表示)外,其感情、感觉的对象通常是不可缺少的(用「が」表示对象)。 例:私は勉強がいやだ。 从上例可知,感情、感觉形容词、形容动词只能用在第一人称上,但要表示第三人称时,就得在形容词、形容动词词干下加上结尾词「がる」,对象语用「を」表示。 例:サリーさんは勉強を嫌がっている。 2、感觉对象用「が」表示,主体用「は」表示。 例:私は手が冷たい。 3、知觉、可能的对象用「が」表示。 例:合格者の中には、彼の名が見えなかった。 4、喜欢、讨厌的对象。「すき」、「きらい」这两个感情形容动词可以用在第一、第三人称上。 例:りさんはぎゅうにくがすきです。 5、属性形容动词的对象用「が」表示。 例:中国は人口が多い。 6、可能动词作谓语时的对象。 例:日本語のできない人でも十分にストーリーが分かります。 7、它动词存在态时的对象。 例:机の上に「人民画報」がおいてあります。 8、「がする」的形式表示感觉的对象(感觉器官捕捉到的对象)。 听觉:音、雷、鳥の鳴き声、歌声。 嗅觉:匂い、香り。 肉体、精神现象:痙攣、寒気、目眩、吐き気、嫌な予感。 其他外部现象:稲妻、地鳴り。 例:隣の部屋から、人の話し声がします。 用法3、疑问代词做主语时,用「が」表示主语。 例:そうではないと誰がいえよう。 用法4、体言「は」体言「が」用言(主谓结构做主语)。 例:春は物事が新しく始まります。かれたように見える木々からは、柔らかい緑の芽は顔を出し、やがて花が咲きます。 用法5、在表示“存在、位置,场所”的句子里的构成形式。 1、場所に ものが ある/ない(补语 主语 谓语) 2、場所に 人物/動物が いる/いない(补语 主语 谓语) 存在句中的主语往往用「が」表示。 例:清華大学に世界各国からの留学生がいる。 用法6、被动句中的被动主格助词系列文章,每周一期,为你详解日语中的格助词体用「が」表示,但叙述一般事实,没有必要提出动作「え」时,也往往把接受的行为对象「え」格用「が」表示。 例:選択幅が大きく拡大される。 用法7、使役句中的主体用「が」表示。 例:職員、労働者が職業選択意識を転換させる

  • 日语格助词详解:「と」

    小编的话:沪江日语正式推出日语格助词系列文章,每周一期,为你详解日语中的格助词,更好的巩固日语语法知识。请持续关注哦! 复习上期:日语格助词详解:「で」>>> 格助词「と」接体言、用言、副词。 例:王さんと町へ行く。   「行く」といった。 用法1、共同行为者、共同行为的对方。 例:中国人民は第二次世界大戦で日本と戦った。 用法2、比较的基准、对象。 例:昔と違って、今では、女の子も大勢外国へ留学します。 用法3、比喻。 例:たまが雨と降る。 用法4、行为、变化的结果。 例:塵も積もれば山となる。 用法5、动作、作用、状态的内容。 1、 观察、思考、意向、决心、命名、言表等思维内容。 例

  • 日语语法知识:格助词的用法

    间或时间点   そこで3年を過ごした。/就这样过了3年。   2時間を待ち続けた。已经等了2小时了。   五、表示出发点   私は毎朝八時に家を出て、学校へ行きます。/我每天八点从家里出去,去学校上学。   山田さんは今年の三月大学を卒業して、今、銀行に勤めている。/山田先生今年三月大学毕业,现格助词在在银行工作。   如果大家还有什么想知道的感兴趣的日语知识,不妨来沪江日语,学习资讯、考试信息、知识整理、培训课程,应有尽有。在日语的学习之路上,不要害怕面对困难,因为每个人都会遇到自己不懂的东西,希望大家有克服困难,战胜一切的决心。

  • 日语中格助词“ を ”的使用方法你了解吗?

    间或时间点   そこで3年を過ごした。   就这样过了3年。   2時間を待ち続けた。   已经等了2小时了。   5.表示出发点   私は毎朝八時に家を出て、学校へ行きます。   我每天八点从家里出去,去格助词很难学,尤其是格助词学校上学。   山田さんは今年の三月大学を卒業して、今、銀行に勤めている。   山田先生今年三月大学毕业,现在在银行工作。   上述内容大家学会了吗?千万不要小看这些知识点哦,它可能在考试的时候成为你的拦路虎。所以我们要尽可能多地去汲取知识,要一点一滴的积累。不要怕麻烦,考试过不去会更麻烦。希望大家能够在日语学习中找到最适合自己的方法。

  • 由新年贺词「よいお年を」浅谈格助词结句现象

    要是「~から~へ」「~を~へ」结构的句式) 例:献血者  身元確認を徹底へ/贯彻确认献血者身份 本例句使用了「~を~へ」结构的句式,是厚生劳动省为了防止由于输血造成的HIV感染,决定彻底确认献血者身份的报道上的标题。句子省略了谓语成分,表示朝着某一方向努力。 (4)以格助词「で」结句的句子(主助词结句的句子有很多。日语助词要是「~は~で」「~を~で」结构的句式) 例:理想な家を、ス テキな町で/在美丽的街道建立理想之家 本例句使用了「~を~で」结构的句式,「で」表示动作进行的场所,谓语部分可以使用「建てる」。句子前后两部分形成对称,给人以生动、明快的感觉。  此外,还有很多以其他助词结句的情况,这里就不一一罗列。感兴趣的同学可以自己查阅一下! 以上,希望对大家有帮助。 想查看更多日语学习文章可扫下方二维码关注沪江日语教研↓ 本内容为沪江日语教研原创,未经授权严禁转载。 精彩内容推荐: 时光不虚度:年初值得一做的五件事! 令外国人头疼的六大日语难点 

  • 格助词辨析:表示方向的に和へ

    要从“に”和“へ”选一个的话,似乎是“北へ向かっている”这样的表达更为恰当。但是现在, “に”和“へ”的区别非常的含糊不清。[/cn] [en]『日本語文法大辞典』によると、「へ」は、[wj]もともと[/wj]は、名詞、特に場所を示す語に付いて、「道の辺(へ)」「浦の沖辺(へ)」などと用いられた名詞「へ(辺)」が格助詞に転成したもので、奈良時代から平安時代にかけて成立したとあります。移動の意を持つ動詞とともに使われ、その動作の方向を示す働きが本来のものでした(万葉集の「新羅へか家にか帰る壱岐の島行かむたどきも思ひかねつも<新羅へ行くか家に帰るか、行く手がかりも思いつかない>」には、本来の「へ」と「に」の使い分けが示されています)。それが、平安時代中期頃からは、「へ」が、本来、動作の帰着・到着点を示す格助詞「に」の用法に侵入して、「帰着・到着点」を示すようになり、現代の「に」と「へ」の使い分けのあいまいさにつながっていると、同辞典では解説しています。[/en] [cn]根据《日本語文法大辞典》的解释,从奈良时代到平安时代,主要接在表示场所的词语后面比如“道の辺(へ)”、“浦の沖辺(へ)”等等的名词“へ(辺)”渐渐向格助词转化,最后形成了“へ”这个格助词。格助词“へ”本来是与移动性动词一起使用,表示这个动作的方向(万叶集中的“新羅へか家にか帰る壱岐の島行かむたどきも思ひかねつも<新羅へ行くか家に帰るか、行く手がかりも思いつかない>”这一诗句,给出了一开始的“へ”和“に”的区别用法)。但是,从平安时代中期开始,“へ”被本来表示动作的归结、着落点的格助词“に”所影响,变得也具备“に”的含义了,现在“に”和“へ”已经相互渗透,区分不清了,这些在《日本語文法大辞典》中均有说明。[/cn] [en]「明日、東京へ行く」と「明日、東京に行く」では、意味を伝えるうえでは、どちらを使っても[wj]支障[/wj]はありません。しかし、「へ」を使った前者は「方向としての東京」を示すのに対して、「に」を使った後者には、「ほかのどこでもない、東京」という到着点が強調されるニュアンスがあります。また、『明鏡国語辞典』(第2版)では、動きの展開をする方向を特に表す「前へ前へ突き進む」「公益法人、民営化の方向へ」などでは「に」は不自然になるとされています。場面によっては、こうしたニュアンスを考慮して、「へ」か「に」かを選ぶことも必要でしょう。[/en] [cn]“明日、東京へ行く”和“明日、東京に行く”这两种说法在意思的传达上都没有问题。不过,使用“へ”的前一种说法,表示的是“东京的方向”,而使用“に”的后一种说法,有强调“不是别的地方,正是东京”的细微差别。另外,《明鏡国語辞典》(第2版)中,强调动作进展方向的“前へ前へ突き進む”(不断前进)、“ 公益法人、民営化の方向へ”(公益法人,朝着民营化方向发展)之类的句子中,使用“に”则显得不自然了。因此我们有必要根据不同场合,推敲诸如此类的细微差异,之后选择使用“へ”还是“に”。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐: 选择困难:助词“の”和“な”之差 口语:如何用「ている」表示过去

  • 日语格助词详解:「より」

    小编的话:沪江日语正式推出日语格助词系列文章,每周一期,为你详解日语中的格助词,更好的巩固日语语法知识。请持续关注哦! 复习上期:日语格助词详解:「と」的复合格助词>>> 格助词「より」接体言、用言。 例:男性は女性より多い。   思ったよりたくさんあります。 用法1、比较的基准。 例:牛肉は豚肉より値段が高いです。 用法2、多用より仕方がない……、よりほかない等表示没有除此之外的事物。 例:バスもタクシーもないところだから、歩いていくより仕方がない。 用法3、表示时间、空间的起点。 例:満七歳より入学を許可する。 用法4、经由、通过地点(可用から代替) 例:校門よりお入りください。 用法5、构成要素或原材料。 例:日本酒は、アワより作る。 用法6、选择 例:僕はビールよりワイスキーのほうが好きだ。 用法7、限制场所、时间的的范围。 例:ここより西へ行けば、小学校がある。 用法8、加在形容词及副词等前面表示“更”的意思,作副词用。 例:次の会には、より多くの方々にお集まりいただきと思う。

  • 日语格助词详解:「から」

    小编的话:沪江日语正式推出日语格助词系列文章,每周一期,为你详解日语中的格助词,更好的巩固日语语法知识。请持续关注哦! 复习上期:日语格助词详解:「より」的复格助词系列文章,每周一期,为你详解日语中的格助词合格助词>>> 接体言、部分助词。 例:日本語は五十音図から勉強し始めた。   学校から駅まで(は)遠いですか。 接接续助词て+から。 例:朝起きてから何をしますか。 接后续词。 例:戦友からの手紙。 用法1、时间的起点、基点。 例:昨日から降り続く雨がまだ止めない。 用法2、空间的起点、经过点、抽象事物的基点、出处、行为动作的出处。 例:校門から入る。 用法3、支付、选择的来源。 例:引き出しから参考資料を取り出す。 用法4、顺序

  • 泡娃老师的语法教室:日语格助词

    助词 (1)が:表示主语。       宾语+を+他动词