• 有声日语文学作品:12 ごん狐⑧

    怔地在想着什么。奇怪的是兵十的腮帮子上还带着点伤。正在阿权猜想他受伤的原日因时,只听兵十喃喃嘀咕道:    “到底是谁把沙丁鱼扔进我家来的呢?结果让我被鱼贩子当贼好揍了一顿。”   阿权一听,心想:这下可糟了,可怜的兵十准是被鱼贩子揍得落下伤来的吧?它边想边悄悄绕到仓房那边,将栗子放在门口,便回去了。   后来,阿权又接连两天采了栗子送到兵十家去。再后来,它不但送栗子,每天还送两三个蘑菇去。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 有声日语文学作品:6 ごん狐②

    关键词:小川 網 黒子 ごんは、村の小川の堤まで出て来ました。あたりの、すすきの穂には、まだ雨のしずくが光っていました。川は、いつもは水が少いのですが、三日もの雨で、水が、どっとましていました。ただのときは水につかることのない、川べりのすすきや、萩の株が、黄いろくにごった水に横だおしになって、もまれています。ごんは川下の方へと、ぬかるみみちを歩いていきました。 ふと見ると、川の中に人がいて、何かやっています。ごんは、見つからないように、そうっと草の深いところへ歩きよって、そこからじっとのぞいてみました。 「兵十だな」と、ごんは思いました。兵十はぼろぼろの黒いきものをまくし上げて、腰のところまで水にひたりながら、魚をとる、はりきりという、網をゆすぶっていました。はちまきをした顔の横っちょうに、まるい萩の葉が一まい、大きな黒子みたいにへばりついていました。 阿权一直跑到村里的小河堤上。四周的狗尾巴草上还挂着晶莹闪亮的雨珠。河边的狗尾巴草和胡枝子的茎秆平时从来是浸不到水的。现在却也被浊黄的积水冲得倒向一起,显得零乱不堪。   阿权沿着泥泞的小路朝小河的下游走去,突然看见有个人站在河里正干着什么。阿权怕他发现,便悄悄钻进草地,一动不动地躲在那里窥视着外面的动静。   噢,是兵十呀!阿权想道。兵十将身上那件黑色破和服的下摆朝上卷起,浸在齐腰深的水中,晃动着一张捕鱼用的网。他头上缠着布巾,一片圆圆的胡枝子叶儿贴在一边脸上,就像一粒大大的黑痣。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 有声日语文学作品:3 和尚さんと小僧③

    关键词:御法事 留守番 団子 ある日、和尚さんは、御法事に呼ばれて行って、小僧が一人でお留守番をしていました。お経を読みながら、うとうと居眠りをしていますと、玄関で、「ごめん下さい。」 と人の呼ぶ声がしました。小僧があわてて、目をこすりこすり、行ってみますと、お隣のおばあさんが、大きなふろしき包みを持って来て、「おひがんでございますから、どうぞこれを和尚さんに上げて下さい。」 といって、置いて行きました。小僧はふろしき包みを持ち上げてみますと、中から温かそうな湯気が立って、ぷんとおいしそうな匂いがしました。小僧は、「ははあ、おひがんでお団子をこしらえて持って来たのだな。これを和尚さんにこのま

  • 有声日语文学作品:9 ごん狐⑤

    关键词:お百姓 家内 墓地 十日ほどたって、ごんが、弥助というお百姓の家の裏を通りかかりますと、そこの、いちじくの木のかげで、弥助の家内が、おはぐろをつけていました。鍛冶屋の新兵衛の家のうらを通ると、新兵衛の家内が髪をすいていました。ごんは、 「ふふん、村に何かあるんだな」と、思いました。 「何だろう、秋祭かな。祭なら、太鼓や笛の音がしそうなものだ。それに第一、お宮にのぼりが立つはずだが」 こんなことを考えながらやって来ますと、いつの間にか、表に赤い井戸のある、兵十の家の前へ来ました。その小さな、こわれかけた家の中には、大勢の人があつまっていました。よそいきの着物を着て、腰に手拭をさげたりした女たちが、表のかまどで火をたいています。大きな鍋の中では、何かぐずぐず煮えていました。 「ああ、葬式だ」と、ごんは思いました。 「兵十の家のだれが死んだんだろう」 お午がすぎると、ごんは、村の墓地へ行って、六地蔵さんのかげにかくれていました。いいお天気で、遠く向うには、お城の屋根瓦が光っています。墓地には、ひがん花が、赤い布のようにさきつづいていました。と、村の方から、カーン、カーン、と、鐘が鳴って来ました。葬式の出る合図です。 过了十来天,阿权走过农民弥助家的屋后时,看见弥助的妻子正在无花果村下染牙齿①;它又走过铁匠新兵卫家的屋后时,看见新兵工的妻子正在梳头。   嗯,村里有什么事了吗?阿权思忖道:是什么呢?是秋祭②吗?那应该听到大鼓和笛子声呀,更何况店铺还应挂旗子呢。   阿权边想边走,不知不觉间已来到门口有个红色井台的兵十家的门前,看见许多人聚在那又小又破的屋里。一些穿着日本式礼服,腰间挂着布手巾的妇女在门口的灶前烧火。大锅里咕嘟咕嘟地煮着什么。   啊,是葬礼呀!阿权想道:兵十家谁死了呢?天一过晌午,阿权便跑到村上的墓地,躲在地藏菩萨塑像的背后。今天天气真好,远处城堡的顶瓦在阳日光下闪闪发光。墓地上,石蒜花竞相开放,恰似给地上铺了一层红布。这时,村子那边传来了钟声,这是出殡的信号。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 有声日语文学作品:25 よだかの星(9)

    看吧,因为你不是白天活动的鸟。”   夜鹰向太阳行个礼,岂知,头还未抬起,就感到一阵目眩,最后掉落在原野的草地上。之后就像是在做梦一样,感到身子一忽儿穿梭在红色与黄色的星际之间,一忽儿又随风飘荡,一忽儿又被老鹰一把抓住似的。   然后夜鹰感到有个冰冷的东西落在它的脸上。它睁开眼一看,原来是自一株幼嫩芒草叶子掉落下来的露水。四周已是夜晚,天空也变成蓝黑色,满天的星星正在一眨一眨地闪耀着光芒。夜鹰起身,直直日飞向高空。今晚,天边仍被烧荒之火映照得通红。夜鹰藉着山火的微光和冰清的星光,在夜空飞舞盘旋了一圈。之后又盘旋了一圈。然后再毅然决然地朝着西方上空那颗美丽的猎户星座方向,一边笔直飞去一边大喊:   “星星啊,西方那个银白色星星啊,请您引领我到您的身边,即使烧死我也心甘情愿。” 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 有声日语文学作品:16 ごん狐(12)

    进了他家。这时,兵十一抬头:呀,家里跑进一只狐狸!上次偷我鳗鱼的狐狸阿权又来捣蛋了!    “好啊!”兵十站起身,拿下挂在库房的火绳枪,装上火药,然后蹑手蹑脚地靠上前去,一枪打中了正要跑日出门来的阿权。   兵十跑了过来,一下看到进门处放着一堆栗子,不禁吃惊地将目光落在阿权身上。    “呀,一直给我送栗子来的是你吧,阿权?”   阿权闭着眼睛,无力地点点头。   兵十手中的火绳枪哐当一声掉到地上,那枪口还冒着缕缕青烟。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【有声日语文学作品】116 銀河鉄道の夜(88)

    关键字:銀河 鉄道 夜 それはだんだん数を増して来てもういまは列のように崖と線路との間にならび思わずジョバンニが窓から顔を引っ込めて向う側の窓を見ましたときは美しいそらの野原の地平線のはてまでその大きなとうもろこしの木がほとんどいちめんに植えられてさやさや風にゆらぎその立派なちぢれた葉のさきからはまるでひるの間にいっぱい日光を吸った金剛石のように露がいっぱいについて赤や緑やきらきら燃えて光っているのでした。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【有声日语文学作品】92 銀河鉄道の夜(64)

    关键字:神さま 匂い 髪 「わたしたちはもうなんにもかなしいことないのです。わたしたちはこんないいとこを旅して、じき神さまのとこへ行きます。そこならもうほんとうに明るくて匂いがよくて立派な人たちでいっぱいです。そしてわたしたちの代りにボートへ乗れた人たちは、きっとみんな助けられて、心配して待っているめいめいのお父さんやお母さんや自分のお家へやら行くのです。さあ、もうじきですから元気を出しておもしろくうたって行きましょう。」青年は男の子のぬれたような黒い髪をなで、みんなを慰めながら、自分もだんだん顔いろがかがやいて来ました。 青年又开导似地轻声轻语对姐弟俩说:“我们已经不必再为任何事而悲伤

  • 【有声日语文学作品】69 銀河鉄道の夜(41)

    关键字:十字架 鳥 鷺 まっ白な、あのさっきの北の十字架のように光る鷺のからだが、十ばかり、少しひらべったくなって、黒い脚をちぢめて、浮彫のようにならんでいたのです。 「眼をつぶってるね。」カムパネルラは、指でそっと、鷺の三日月がたの白い瞑った眼にさわりました。頭の上の槍のような白い毛もちゃんとついていました。 「ね、そうでしょう。」鳥捕りは風呂敷を重ねて、またくるくると包んで紐でくくりました。誰がいったいここらで鷺なんぞ喰べるだろうとジョバンニは思いながら訊きました。 十几只如同刚才的北十字架一般雪白、光滑的白鹭,平展的身体,紧曲的黑长细腿,像浮雕艺术品一样摞在一起。 “眼睛闭上了吧?”柯贝内拉用手指轻轻触了触白鹭那闭着的细长眼,头上的白冠毛仍完好无损。 “没错吧?”捕鸟人又用包袱皮将白鹭一层又一层地包上系好。焦班尼还在思索着,这里到底是哪些人吃白鹭肉,便问。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>

  • 【有声日语文学作品】93 銀河鉄道の夜(65)

    关键字:燈台 青年 一ぺん 「あなた方はどちらからいらっしゃったのですか。どうなすったのですか。」さっきの燈台看守がやっと少しわかったように青年にたずねました。青年はかすかにわらいました。 「いえ、氷山にぶっつかって船が沈みましてね、わたしたちはこちらのお父さんが急な用で二ヶ月前一足さきに本国へお帰りになったのであとから発ったのです。私は大学へはいっていて、家庭教師にやとわれていたのです。ところがちょうど十二日目、今日か昨日のあたりです。船が氷山にぶっつかって一ぺんに傾きもう沈みかけました。 “你们几位是从哪儿来?怎么了?” 刚才的灯塔看守总算看出了点眉目来,他问青年人。青年微微笑了笑,说:“是这样。我们乘坐的船撞到冰山上,沉没了。因为这孩子的父亲有急事,两个月前先回国了,我们是随后出发的。我在大学里读书,是他们俩的家庭教师。正好是第十二天,也就是今天或昨天。船一下子撞在冰山上,船体突然倾斜,然后就开始下沉。 这篇材料你能听出多少?点击这里做听写,提高外语水平>>