• 日语美文阅读(民间故事):狐狸与山羊

    日语阅读提示:双击或划选日语出了一个两全其美的方法,“你把你的前脚靠在墙上,角向前伸。我踩着你的背跳出去,然后就可以把你拉上去。”[/cn]   [en]そこで、山羊は、[wj]今度[/wj]も狐の言うとおりにしました。[wj]狐[/wj]は、山羊の足の方から飛び上がって、その背中に乗り、そこから、角を踏み台にして、井戸の口まで上がりました。そして、そのまま行ってしまおうとしました。山羊が狐に、[wj]約束[/wj]が違うじゃないかと、[wj]文句[/wj]を言うと、狐は、振り返って言いました。[/en] [en]「ねえ、山羊さん。あなたに、もう少し知恵があれば、出る道を調べるまでは、そんな所下りなかったでしょうね。」[/en] [cn]于是,这次山羊又照狐狸的话做了。狐狸顺着山羊的脚跳上去,踩着他的背,垫着角,跳上了井口。然后,就准备走。山羊抱怨说,你违反约定。狐狸回过头说:“我说,山羊老弟,你只要稍微聪明点,就不会在不知道怎么出去之前,就冒然下去了。”[/cn]   日语美文阅读系列文章点这里>> 全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(民间故事):竹取物语

    沪江日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习。 [en]竹取物語により[/en][cn]竹取物语(节选)[/cn] [en]昔、あるところに、お爺さんとお婆さんがいました。お爺さんは山へ行って[wj]竹[/wj]を取り、[wj]かご[/wj]を編んで暮らしていましたので、「竹取り」のお爺さんと呼ばれていました。ある日、竹取のお爺さんがいつものように、山へ行って竹を切っていると、[wj]側[/wj]の竹の[wj]根元[/wj]からまばゆい光がさしています。[/en] [cn]在很久以前,有一对老爷爷和老奶奶。老爷爷靠每天到山上取砍竹子、编竹篓为生,所以被人称为“砍竹子爷爷”。有一天老爷爷像往常一样上山取砍竹子,他发现旁边有根日语阅读提示:双击或划选日语竹子的根部发出耀眼的光芒。[/cn] [en]不思議に思って、その竹をそっと切ってみると、竹の中に小さな美しい女の子がにっこり[wj]微笑[/wj]んで静かに座っていました。竹取のお爺さんは女の子を手のひらに載せ、[wj]大事[/wj]に家へ連れて帰りました。お婆さんも[wj]大喜び[/wj]で女の子を大切に育てました。[/en] [cn]老爷爷觉得很奇怪,于是切开竹子一看,发现竹子里有一个漂亮的小女孩正微笑着静静地坐在那里。砍竹子爷爷将小女孩放在手掌上,十分小心地把她带回家。老奶奶也特别高兴,十分精心的养育着她。[/cn] 日语美文阅读系列文章点这里>> 全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(民间故事):狐狸与乌鸦

    。狐狸又说:“您的孩子好吗?”乌鸦还是不理它。[/cn]   [en]狐はまた言いました「みんな言ってるよ、[wj]君[/wj]の歌うのが一番うまいって、君の歌が好きさあ、[wj]一曲[/wj]やってくれよ!」カラスは狐の話を聞くと、とても嬉しくなって歌い出しました「カー」カラスが口を開いたとたん、肉が落っこちてしまいました。狐は肉を[wj]銜える[/wj]と逃げていきました。[/en] [cn]狐狸又说:“大家都说您唱歌唱得最好听,谁都爱听您唱歌,您唱一首吧!”乌鸦听了狐狸的话,高兴极了,就唱起来,“哇——”它刚一张嘴,肉就掉下去了,狐狸叼起肉,就跑了。[/cn]   日语美文阅读系列文章点这里>>   全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(民间故事):仙鹤报恩

    日语阅读提示:双击或划选日语留了她。[/cn] [en]次の夜も娘は泊まらせてほしいと頼みました。また男は泊めてやりました。その次の夜も同じように娘は男の家に泊まりました。男はその美しい娘に[wj]女房[/wj]になってほしくなって、[wj]夫婦[/wj]になりました。二人は貧乏でしたが、幸せで明るい[wj]家庭[/wj]でした。[/en] [cn]第二天,这个姑娘又来借宿,男子又收留了她。第三天她又来了。这名男子于是想娶这位漂亮的姑娘为妻,两个人就结婚了。虽然贫穷,但是他们却很幸福。[/cn] 日语美文阅读系列文章点这里>> 全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(文学篇):森欧外/舞姬

    有所成就。[/cn]   [en]舞姫[/en][cn]舞姬[/cn] [en]『舞姫』は明治二十三年『国民之友』に[wj]発表[/wj]された鴎外の出世作の短編[wj]小説[/wj]である。本作は明治新[wj]文学[/wj]の発生期を画する近代浪漫的[wj]精神[/wj]に溢れた名作で、従来の戯作調を排した清新な異国[wj]情緒[/wj]と典雅な和文体が当時の若い読者を魅力した。その美的な要素は運命[wj]悲劇[/wj]独特の感傷に基づいてもいるが、本作の内実する悲劇性の緊迫感は、主人公豊太郎の苦悩が青年鴎外の当年の内面的自画像投影である[/en] [cn]《舞姬》是发表于明治23年的《国民之友》的短篇小说,是森鸥外的出世之作。本作品洋溢着近代浪漫精神、是明治新文学具有划时代意义的名作。它排除了以前的剧作格调,其清新的异国情绪和典雅的和文体吸引了当时的年轻读者。其日语阅读提示:双击或划选日语美的要素是基于命运悲剧的独特感伤之上的,但是本作品内在的悲剧性的紧迫感,也是因为主人公丰太郎的苦恼正是年轻欧外当年内心自画像的投影。[/cn]   [en]夏目漱石と「坊ちゃん」[/en][cn]夏目漱石与《哥儿》[/cn] [en]坊ちゃん——明治初年、[wj]舞台[/wj]は田舎の城下町、江戸っ子の見た[wj]田舎[/wj]の人情風俗を通して、坊ちゃんの社会、風俗への批判精神が[wj]興味[/wj]深い。彼は日本人の好む典型的な性格だろう。[/en] [en]夏目漱石(1867-1961)は、英文学[wj]専攻[/wj]の学者として出発したが、1905年『吾輩は猫である』で文名があがる。他に『草枕』『三四郎』『それから』『門』『心』など。[/en] [cn]《哥儿》——作品借一个来到乡下的江户青年之所见,描写了明治初年乡下小镇的风土人情,批评了哥儿所处的社会、习俗。读来饶有风趣。也许,哥儿就是日本人喜爱的典型性格吧。[/cn] [cn]夏目漱石(1867-1916)起初专攻英国文学。1905年发表了《我是猫》,从而确立了他在文坛的地位。此外,他还著有《草枕》、《三四郎》、《其后》、《门》和《心》等作品。[/cn] 日语美文阅读系列文章点这里>> 全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(文学篇):与谢芜村/俳句

    沪江日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习。 [en]与謝蕪村[/en][cn]与谢芜村[/cn] [en]松尾芭蕉、小林一茶と並び称される[wj]江戸[/wj]俳諧の巨臣の一人であり、江戸俳諧中興の祖と言われる。また、俳画の[wj]創始[/wj]者でもある。彼は『芭蕉に帰れ』と[wj]主張[/wj]し、絵画の語である『去俗論』を俳諧にも[wj]適用[/wj]して、芸術的純粋を求めようとした。その句は客観的描写の中に感覚的な美しさを融和させた詩境を描くもので、古典趣味や空想的なロマン性を豊かにそなえたものも多かった。[/en] [cn]与松尾芭蕉,小林一茶并称的江户俳谐巨人之一,被称为江户俳谐中兴始祖。另外,他也是俳画的创始人。他主张“回归芭蕉”,绘画用语“去俗论”同样适用于俳谐,希翼追求艺术的纯粹性。他的俳谐在客观地描写中,表现了融合了感觉之美的诗境,多为古典趣味及具有丰富空想浪漫性之作。[/cn]   [en]俳句[/en][cn]俳句[/cn] [en]俳句は俳諧連歌の[wj]発句[/wj]に由来し、明治時代に正岡子規らによって始められた定型詩の一[wj]形式[/wj]である。五・七・五の音数率(モーラ)を持ち、[wj]特定[/wj]の季節を表す季語を含むのが特徴である。季語については和歌の[wj]影響[/wj]もある。「季語」や「切れ」の制約が存在する。広く俳諧を含めることもある。[/en] [cn]俳句来源于俳谐连歌的第一句,是明治时代由正冈子规等人开创的定型诗的一种形式。其特征为音律是五、七、五,包含表现特定季节的季节语。在季节语方面受到了和歌的影响。存在“季节语”、“断句”的制约。广义上说也包含俳谐。[/cn]   [en]小林一茶[/en][cn]小林一茶[/cn] [en]彼の句には、その[wj]逆境[/wj]の[wj]体験[/wj]から生まれた、独特の主観が強く示され、既成の風流間にとらわれない[wj]素材[/wj]や、[wj]俗語[/wj]・方言の使用などによって、近世には珍しい「生活派の俳人」として高く評価されている。[/en] [cn]从他的俳谐中,可以强烈感受到从逆境体验中产生的独特主观性,利用不拘于既有的风流观的素材、俗语、方言,成为今世罕见的“生活派俳人”,被高度评价。[/cn] 日语美文阅读系列文章点这里>> 全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(文学篇):万叶集/古今和歌集

    日本最古の歌論としても文学的に[wj]重要[/wj]である。[wj]平安[/wj]中期の国風文化[wj]確立[/wj]にも大きく寄与し、『枕草子』では古今集を[wj]暗唱[/wj]することが平安中期の[wj]貴族[/wj]にとって教養とみなされたことが記されている。[/en] [cn]《古今和歌集》是奉醍醐天皇的皇命编著而成的敕选和歌集。延喜五年(905年)左右完成。简称《古今集》。真名序由纪淑望,假名序由纪贯之执笔。不单是作为和歌集,古今和歌集假名序作为日本最古老的歌论,在文学史上都具有重要的作用。对平安中期国风文化的确立贡献也很大,在《枕草子》中记载到,背诵古今集被看作是平安中期贵族的一种修养。[/cn] 日语美文阅读系列文章点这里>> 全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(文学篇):芥川龙之介/井伏鱒二

    を[wj]受章[/wj]した。他の代表作に、『黒い雨』『山椒魚』など。[/en] [cn]井伏鱒二(1898~1993年)小说家。原名井伏满寿二。出生于广岛福山市。从早稻田大学中途退学。1937年以《约翰万次郎漂流记》获得第六届直木奖,1966年获得文化勋章。其他的代表作有《黑雨》《山椒鱼》等。[/cn]   日语美文阅读系列文章点这里>>   全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(文学篇):太宰治/三岛由纪夫

    ] [cn]大江健三郎(1935—)作家、小说家。[/cn] [cn]毕业于东京大学法文科。上学期间,在1957年以小说《奇妙的工作》入选《东大新闻》五月节奖。除了以一个天生残疾的长子出生为主题的《个人的体验》,还有《万延元年的足球队》《洪水淹没我的灵魂》《同时代的游戏》等代表作。评论有《广岛纪事》、《冲绳纪事》等。1994年10月13日继川端康成以后,成为第二位获得诺贝尔文学奖的日本人。获奖时发表的讲演的题目是《暖昧的日本的我》。[/cn]   日语美文阅读系列文章点这里>>   全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日语美文阅读(文学篇):平家物语/松尾芭蕉

    れている。[wj]人生[/wj]は旅であるとの[wj]認識[/wj]があり、また、自然を愛し、風雅の誠を極めるため、しきりに旅を繰り返したと言う。『奥の細道』には芭蕉が[wj]東北[/wj]各地を[wj]旅行[/wj]したときの風物、人情などが簡潔な文章によって書かれていて、紀行文の典型と言われている。文中には51句の俳句がはさまれている。[/en] [cn]松尾芭蕉被称为俳圣,不只作为日本的诗人,作为世界的诗人,他的作品被广泛传诵。他认为人生就是旅行,热爱自然,为了探究风雅之情,他经常反复旅行。在《奥州小路》中,芭蕉用精炼的文笔,描绘了东北旅行中的风土人情。这篇游记堪称游记文的典范。文中还插有51首俳句。[/cn] 日语美文阅读系列文章点这里>> 全日语阅读站>>    日语原版小说下载站>> 去沪江论坛读写译版>> 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。