• 日本畅销作家凑佳苗小说推荐:为了N

    本书的读者,能想起对自己最本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。 [en]『Nのために』は、湊かなえの推理小説。2010年1月29日重要的人。——湊佳苗 第83届日剧学院奖获奖作品《为了N》原作小说。为了N,宁愿牺牲自己;为了N,宁愿撒下弥天谎言;为了N,甘心做出一切,即便杀人也在所不惜! 《为了N》采用的是像《赎罪》那样的多人叙事手法,这使得“过去发生的事”立体起来;而回忆这种形式,又使得看待故事的视角更加客观。——日本书评网站BOOK JAPAN 善恶纠葛,什么样的犯罪都没有虚饰的人性更恐怖。因各自的欲望而动摇的真相,令人倒吸一口凉气。——三省堂书店 考证?留学?找工作?想提升日语口语能力先找专业老师制定学习方案

  • 日本畅销作家林真理子小说推荐:本を読む女

    主人公万亀从少女时代到其30多岁的故事。故事从昭和初期开始到太平洋战争战败日本开始战后复兴结束。万亀一方面内心想要极力摆脱母亲对她的操控,另一方面却没有勇气进行反抗,过着提线木偶般的生活。她在包办婚姻下本を読む女』—林真理子さんの歴史小説の出発点!自身の母をモデルにして、本嫁给了先前只有一面之缘的男人,还未来得及看清彼此的心意,丈夫就上了战场。她的长子在丈夫外出打仗时出生,不久便夭折。多年过去,丈夫也生死未卜......[/cn] [en]満たされることなく、幸福とは言えない万亀を救ってくれるのは、いつも「本」だった。[/en] [cn]一直以来是“书”治愈了生活惨淡不幸的万亀。[/cn] [en]この物語の章立てには、「一章」「二章」という数字の代わりに、本のタイトルが並ぶ。「赤い鳥」「放浪記」「斜陽」などなど。[/en] [cn]本书各章节也并非以“第一章”“第二章”来命名,而是以《赤鸟》《放浪记》《斜阳》等书名来命名。[/cn] [en]万亀のモデルは、林真理子の母親だそうだ。物語の中に、林真理子自身は登場しない。本を愛する人にとっては、味わい深い一冊だ。[/en] [cn]主人公的原型正是作者林真理子的母亲。在本书中,作者自身并未登场。对于热爱读书的人来说,这会是一部值得品味的佳作。[/cn] 考证?留学?找工作?想提升日语口语能力先找专业老师制定学习方案

  • 日本畅销作家凑佳苗小说推荐:《赎罪》

    发了一桩桩悲剧。[/cn] [en]湊かなえの真骨頂「誰かの主観」[/en] [cn]凑佳苗的绝技’主观描写’[/cn] [en]湊かなえは、基本的に誰かの一人称によって物語が紡がれてゆきます。「告白」「贖罪」もそうです。各章に語り部がいて、彼らの独白だったりで物語が進行します。そういうのが非常に多い。その手法自体はそれほど珍しいものではなく、よくある技術だとは思います。そして、この手法は比較的パターン化すれば書きやすいのではないかと思うんです。しかし、湊かなえは完璧のこの手法によって飛躍した作家だと思います。[/en] [cn]凑佳苗的作品基本上都是以第一人称进行叙述的。《告白》与《赎罪》都是如此。每一章为单独一个故事,又以每个主角的独白为一章节。这种叙事结构相当常见,并没有什么奇特之处,只不过是常见的技巧罢了,而且这种手法较为模式化有些套路。但是,凑佳苗却可以完美地借用这个手法,不落俗套,将作品完美呈现给读者。[/cn] 推荐理由: 比起推理小说《赎罪》更像是一部犯罪悬疑小说。本格推理小说的亮点更多在于作案手法而不是探究人性。而《赎罪》则恰恰相反。被一起凶杀案牵连的四位少女,为了赎罪虽做出了不同抉择但都同样走向了一条不本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。 [en]第63回日本归路。四位少女的支线又延伸出了很多社会问题,霸凌、囚禁、性侵…“腹黑女王”凑佳苗总是能够用细腻的笔触将人性本质的阴暗面昭然若揭。整篇故事深具启发性,热衷致郁系的读者们不容错过。 考证?留学?找工作?想提升日语口语能力先找专业老师制定学习方案

  • 日本畅销作家吉本芭娜娜小说推荐:N•P

    杀了,这已是与此翻译相关的第3位死者了。5年后,风美再次和乙彦相逢,乙彦告诉她《N•P》有个疯狂读者,并预言此人必将出现在她的面前。这部作品描写的是一个由热烈的爱所产生的奇迹,是吉本芭娜娜的长篇杰作。[/cn] [en]吉本ばなながそれまで取り組んでいた、オカルト、宗教、テレパシー、シンパシー、近親相姦などのテーマをすべて盛り込んだ作品である。しかし本人はあとがきで「力不足でやはりうまく書けなかった」と語っている。[/en] [cn]这部作品包含了吉本芭娜娜曾经描写过所有主题,包括超自然、宗教、电波、共鸣、近亲男女私通等。但是吉本芭娜娜本人在后记中写本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。 [en]『N・P』は、吉本ばななの小説。[/en] [cn]《N・P》是吉本芭娜娜的小说上了这样一句话:“因为能力不足,没有写好这本书”。[/cn] 推荐理由: 哪里才能逃离悲伤呢,哪里又可以找到自由呢。向北走,有光,但是没有方向。——来自豆瓣短评 [en]百物語のようなお話。濃くて甘酸っぱくてちょっと不快。色んな要素を詰めこみすぎだけどそのゴタゴタしている感じがとても良い。[/en] [cn]百物语般的故事。又浓又酸又甜又有点不愉快。虽然要素过多,但是那种混乱的感觉很好。[/cn]

  • 日本畅销作家江国香织小说推荐:沉落的黄昏

    译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。 [en]『落下する夕方』は1996年に角川文庫にて発表された江國香織による長編小説である。[/en] [cn]角川书店于1996年出版的《沉落的黄昏》是一部由日本作家江国香织所著的长篇小说。[/cn] [en]『落下する夕方』は、合津直枝監督、原田知世主演による1998年の日本映画。江國香織の小説を原作とする。同年の第48回ベルリン国際映画祭正式招待作品。[/en] [cn]1998年上映的日本电影《沉落的黄昏》改编自江国香织同名小说,由合津直枝执导,原田知世主演。第48届柏林国际电影节参展作品。[/cn] 0元免费体验>>>看日剧学地道日语课程 日文书名:落下する夕方 中文书名:沉落的黄昏 作者:江国香织 类型:文学,恋爱,女性 本书简介: [en]坪田リカは同棲して8年になる恋人・薮内健吾から突然別れを告げられる。健吾は別に好きな人が出来たという。現実を受け止められないリカは、健吾をひたすら待ち続ける。それと入れかわるように押しかけてきた健吾の新しい恋人・華子と暮らすはめになった梨果は、華子を口実に健吾との繋がりを保っていたが次第に彼女の不思議な魅力にとりつかれていく。すると華子を追って健吾もリカのところへ来るようになる。奇妙な3人の生活が始まるのであった。[/en] [cn]与坪田梨果同居8年的恋人薮内健吾突然提出分手,因为他爱本翻译为沪江日上了另一个女人。无法接受被抛弃的梨果依旧等待着健吾。然而健吾的新恋人·华子却闯入梨果家中与其同住,起初梨果只是想利用华子与健吾保持联系但在不知不觉中被华子不可思议的魅力所吸引。健吾也追随着华子再次回到梨果的住处。三人开始了奇妙的同居生活。[/cn] 推荐理由: [en]すれ違う魂の物語[/en] [cn]一个关于灵魂擦肩而过的故事[/cn] [en]恋愛小説というと爽やかな「青い」恋愛をイメージしがちだが、江國の小説はそうではない。もっと言葉にし難い複雑な感情が絡む「大人の」恋愛を描くのが江國の小説の特徴である。『落下する夕方』という題名からも想像できるように、この小説の表紙は「橙色」を貴重とした絵が描かれている。「橙色の円」が五つ、上から下に向けて描かれており、落ちていく夕陽を想起させる表紙になっている。物語の内容も題名が端的に表しており、太陽が沈み一日が終わっていく夕方のように、一つの恋と一人の人間が終わっていく様が描かれている。あたたかくも静かで不思議な恋愛小説となっている。すれ違う魂のその一瞬の物語……[/en] [cn]谈到恋爱小说,读者往往会联想到清爽的“蓝色”浪漫故事,但江国香织的小说并非如此。她笔下所呈现的是一些难以用言语去描述的情感复杂的“大人们”的爱情故事。正如书名《沉落的黄昏》,本书的封面以“橙色”为色彩基调。五个“橙色的同心圆”自上而下,使读者不禁联想到黄昏时夕阳下落。故事也如书名一样,将一段感情与一个人物的灭亡娓娓道来,如同夕阳归山的傍晚。这是一个温暖又安静且不可思议的爱情故事,一个关于灵魂擦肩而过的故事……[/cn] 考证?留学?找工作?想提升日语口语能力先找专业老师制定学习方案

  • 日本畅销作家宫部美雪小说推荐:杉村三郎系列—无名之毒

    含了3部长篇小说《谁?》《无名之毒》《圣彼得的葬礼》,2部短篇集《希望庄》《没有昨日,就没有明天》,以及收录在文库版《所罗门的伪证》第6卷中的短篇小说《负的方程式》。[/cn] [en]杉村三郎シリーズ第一弾!このドラマ「名もなき毒」は宮部みゆきの推理小説・杉村三郎シリーズの中から「誰か Somebody」と「名もなき毒」の二作品一つにしたドラマとなっている。小泉孝太郎主演でドラマ化。[/en] [cn]杉村三郎系列小说影视化第一弹!电视剧《无名之毒》改编自系列原著《谁?》、《无名之毒》两部小说。小泉孝太郎担任主演。[/cn] 0元免费体验>>>看日剧学地道日语课程 日文书名:名もなき毒 中文书名:无名之毒;无名毒 作者:宫部美雪 类型:推理;悬疑;社会 本书简介: [en]今多会長の娘婿の杉村三郎が所属する同コンツェルングループ広報室は、満足な仕事をこなせず、度重なるトラブルと軋轢を生みだすアルバイトの原田いずみを解雇した。[/en] [cn]今多财团会长女婿杉村三郎所任职的宣传部广报室有一位名为原田泉的临时工,因其工作效率不佳且好无事生非遭到了财团的辞退。[/cn] [en]しかし、いずみが「広報室の社員達から嫌がらせやセクハラをされた」と嘘八百を並べ立て、訴訟を起こすという手紙を会長の嘉親宛てに送ってきたことから、三郎は嘉親の命を受け、いずみの窓口として問題対処にあたることになる。三郎は、その最中に過去にいずみを調べていたという私立探偵の北見一郎、女子高生・古屋美智香とその母・暁子と出会う。[/en] [cn]然而原田泉一口咬定是受到了“广报室同事的欺凌和性骚扰”,并将诉讼状寄给了会长今多嘉亲,岳父请杉村出面调查并解决此事。杉村在调查过程中结识了一直调查原田泉的私家侦探北见一郎、女高中生·古屋美智香以及美智的母亲·晓子。[/cn] [en]暁子と美智香はさいたま市、横浜市、東京都で発生した連続無差別毒殺事件の第4の被害者の娘と孫だったが、事件全体の繋がりが不透明なところもあり、暁子は警察から犯人として疑いを持たれていた。やがて、いずみの悪意が広報室全体を襲い、やがては三郎個人に照準を定めていく。[/en] [cn]晓子和美智香是一起牵扯了琦玉市、横滨市、东京都连环无差别毒杀案件的第四位被害者的女儿及孙女,但每起毒杀事件之间却疑点重重,晓子甚至被认本翻译为沪江日定为犯罪嫌疑人。与此同时,原田泉开始向整个广报室恶意报复,三郎成为了攻击对象。[/cn] 推荐理由: [en]会問題となっている宅地の土壌汚染やシックハウス症候群などを取り入れた現代ミステリーです。本書『名もなき毒』は、首都圏で発生した無差別毒殺事件と、解雇された原田いずみが巻き起こす騒動が絡み合う形で構成されています。タイトルの毒に込められた意味も、単なる毒殺事件を指しているだけではありません。その人間の奥底に潜む「怒り」はやがて「毒」となり、他人だけでなく自分自身も犯してしまう……。[/en] [cn]这是一部融入了住宅用地土壤污染以及Sick House Syndrome(房屋综合症)等问题的现代推理小说。发生在首都圈内的无差别毒杀事件与被解雇的财团社员原田泉引起的骚乱,两起事件构成了《无名之毒》的故事框架。书名 “毒”所意旨的并非单纯的毒杀事件。隐藏在人心深处的“愤怒”久而久之就会变为“毒”,哪怕是自己也会深陷其中……。[/cn] 考证?留学?找工作?想提升日语口语能力先找专业老师制定学习方案

  • 日本畅销作家凑佳苗小说推荐:境遇

    本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。 [en]『境遇』は、湊かなえによる日本の小説。テレビドラマ化を前提に書き下ろされた作品である。[/en] [cn]《境遇》是凑佳苗所写的日本小说。是以拍摄电视剧为前提而写下的作品。[/cn] >>>想学日语,但不确定自己能否坚持下去怎么办? 日文书名:境遇(きょうぐう) 中文书名:境遇 作者:凑佳苗 类型:推理 悬疑 剧情简介: [en]政治家の妻であり、息子のために描いた絵本『あおぞらリボン』がベストセラーとなった高倉陽子と、新聞記者の相田晴美は親友同士。共に幼いころ親に捨てられ児童養護施設で育った過去を持つ。ある日、「息子を返してほしければ、真実

  • 人气日本青春小说推荐:蜜蜂与远雷

    14回本屋大賞を受賞しました。 直木賞と本屋大賞のダブル受賞及び同作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初。また第5回ブクログ大賞で小説部門大賞も受賞しています。[/en] [cn]恩田陆的小说《蜜蜂与远雷》在2017年(平成29年)同时获得第156届直木奖和第本翻译为沪江日14届书店大奖,是史上第一部同时获得两项文坛大奖以及作家两次拿下书店大奖的小说。此外,《蜜蜂与远雷》还获得第5届Booklog奖小说部门大奖。[/cn] 推荐理由: [en]かなり本格的な音楽小説でありつつ、青春物語でもある読みやすい作品です。 この小説の感想を一言で表現するなら『圧倒的な臨場感』。 文字を目で追っているはずが、いつのまにか客席でピアノの演奏を聴いているような錯覚にとらわれる…恩田陸さんの表現力にはまったく脱帽です。[/en] [cn]《蜜蜂与远雷》是一本很专业的音乐小说,同时也是青春群像小说,不是晦涩的作品。如果用一句话来描述这本小说,那就是“压倒性的现场感”。本来是用眼睛看文字,不知不觉间仿佛置身于观众席亲耳听着钢琴现场演奏一般。恩田陆的文字表现力非同一般。[/cn] 梦想是什么,天才又是什么? 音乐对人们来说究竟是什么?这是一本由文字魔法师恩田陆,构思12年,取材11年,写作7年才完成的小说。希望看过书的你能在此书中找到未来的方向以及那些儿时的梦想。 日本读者热血好评:“让我想起自己那些未完成的梦想,也很羡慕能为了目标全力前进的他们。每个人都有软弱或想放弃的时候,但如果你有想追求的梦想,这本书会推你一把!” 考证?留学?找工作?想提升日语口语能力先找专业老师制定学习方案  

  • 推荐几本日本推理小说

    134届直木奖、第6届本格推理小说大奖及日本3大推理小说排行榜年度总冠军一并收入囊中。 模仿犯 东京大川公园出现一截女人的手臂。警方开始调查,发现了更多女性被害人,引发社会广泛关注。凶手给电视台打电话,炫耀罪行,甚至预告新的犯罪。没人能推断出凶手的动机,侦破陷入僵局。这时,有犯罪前科的田川引起警方怀疑。电视台让他在屏风后接受直播采访,凶手突然再次打来电话,愤怒地指责田川冒名顶替:“我倒要看看你是什么德行!” 幽灵列车 开往温泉度假村的列车,不紧不慢地行驶在山间铁轨上。列车驶出山体隧道之时,一个车厢,8个人,凭空消失。3个证人,3段证词,3个完全不同的景象……封闭的车厢,密室失踪案。是人间蒸发,还是遭遇“神隐”。 被我杀害的少女 工作于渡边侦探事务所的泽崎接到一通电话让他去委托人的家中谈日本天王作家东野圭吾“迄今为止很高杰作”,创造了日本推理小说事情,令人意外的是当泽崎到达目的地之后发现这里竟是一个凶案现场,而他自己却成为了一个杀人犯! 十角馆事件 推理研究协会的一行七人一起来到一个孤岛度假,这个孤岛曾经发生过四起离奇恐怖的杀人事件。然而这场血的悲剧似乎仍然没有停止,随着死亡预告的到来,岛上仅存的七个人也接连遇害。凶手到底是谁?受到岛田庄司盛赞的纯正本格推理将故事推向了高潮。 新宿鲛 在歌舞伎街连续发生了枪杀刑警的案件,负责这个案件的刑警鲛岛在侦讯过程中将目标锁定在了枪支高手木津的身上。但是对于木津的抓捕行动并不顺利,屡次让他轻易脱逃。就在鲛岛对此疑惑不解,并制定更为细致的方案时,他发现了一个令人震惊的线索,这个线索很有可能使日本警署土崩瓦解。

    2017-01-06

    日本小说

  • 日本推理小说界的重要人物

    面的建树实在不怎么高,密室和不在场证明这两大主题都不是他的菜,他唯独对一人分饰两角这种诡计情有独钟屡试不爽甚至千篇一律也在所不惜,多么任性的老小孩儿啊。 横沟正史 是名副其实的本格推理小说大宗师,他的诸多作品如《本阵杀人事件》《恶魔吹着笛子来》《八墓村》《狱门岛》《女王蜂》《犬神家族》《化装舞会》直至今日依然可日本以使读者看得津津有味。 横沟正史属于少年得志没怎么被埋没过的幸运小说家,所以才能够塑造出金田一耕助这种邋里邋遢的侦探形象(越是苦孩子出身的人一旦有了点条件越容易洁癖)。横沟正史擅长设计诡计,密室、不在场证明、凶手消失、凶器消失、无头尸这些经典主题都是他的菜。 松本清张 松本清张是给本格派挖坟的人,他主张推理小说注重现实性,带有浓厚的批判现实主义色彩。松本清张早年生活极其艰苦,备受屈辱。这造成了他的作品真实感人富有批判性的同时也注定了他没什么幽默感,作品过于沉重,导致很多年轻读者对他敬而远之。喜欢他的往往是越来越少见的喜欢阅读严肃作品的文艺青年。 森村诚一 是战后日本文学界的圣人,也是最受天朝朝廷赏识的日本作家。在创作上,他延续并发展了松本清张开创的社会派风格。“清张魔咒”能够撑上三十年,这军功章有森村诚一的一半。在取材上,他是第一个通过小说控诉日本军国主义在中国进行人体实验、大屠杀的日本作家。在风格上,他文笔优美犀利、三观极正,简直像是受到我大天朝教育成长起来的作家。

    2016-12-29

    日本小说