• 日本特色美食——大阪烧大科普

    有的风味,将各种食材的口味衬托得淋漓尽至。强力推荐的口味有鸡肉烧和猪肉豆芽烧、摩登(猪肉面条)烧。内容丰富、价位公道也是大阪特大阪风味的食品,大阪烧名列第二;另外也有调查显示,最多大阪家庭会做的料理,也是大阪有的热情表现。 到达方式: 从JR“大阪”站、地铁御堂筋线“梅田”站步行10分钟。 营业时间: 11:30-21:30。周四休息。 地址: 大阪市北区大淀中1-1-90 梅田蓝天大厦B1(查看地图) 电话: 81-06-6440-5970 大阪著名大阪烧老店,传承三代。 到达方式: 地下铁御堂筋线难波站步行5分钟左右, 地下铁堺筋线日本桥站步下车行5分钟左右, 南海本线难波站下车步行10分钟左右。 营业时间: 11:00-22:00 地址: 大阪大阪市中央区道頓堀1-4-15(查看地图) 电话: 81-6-6212-6360 (相关内容摘自穷游网)  更多内容阅读>> 想和更多同好交流,点击进入社团>> 声明:本文转自从沪江社团-零开始学日语,未经原作者同意,禁止转载! 相关阅读推荐:【吃货爱美食】日本风味小吃之大阪烧

  • 发源于大阪的美食文化•狐狸乌冬面

    沪江日语阅读提示:双击或划选日语单词,查看详细解释,并可收录进生词本以供记忆学习。 [en]「天下の台所」と呼ばれた大阪。“食”に関する「実は大阪[wj]発祥[/wj]だった」ものを紹介していこう。次に、和の大衆食であるうどん。その代表的なものに[wj]油揚げ[/wj]をのせた「きつねうどん」があるが、これも諸説ある中で大阪発祥説が有力である。[/en] [cn]日本大阪素有“天下厨房”之美称。让我们一起来了解那些“发源于大阪”的各种美食文化吧。接下来要说说和式大众美食——乌冬面。其中颇具代表性的就有在面上放一块油炸豆腐的“狐狸乌冬面”,关于其起源,最有力的当属起源于大阪这一说法了。[/cn] [en]明治時代、松屋町筋にある寿司屋で[wj]奉公[/wj]していた故·宇佐美要太郎氏がその店の[wj]閉店[/wj]を機に、大阪·船場でうどん屋「本舗松葉家(現在は「うさみ亭マツバヤ」)」を開店。そして、寿司屋でいなり寿司の揚げを作っていた経験を生かし、うどんと一緒に甘辛く煮た油揚げの小皿を添えてお客に出し始めた。[/en] [cn]明治时代,在松屋町一带的寿司店关门结业,在这家店打工的宇佐美要太郎便在大阪船场开了一家名叫“松叶家本号(现在叫‘宇佐美亭松叶家’)”的乌冬面店。其后借助在寿司店做稻荷寿司的油豆腐的经验,将甜辣入味的油豆腐装在小碟中,与乌冬面一起出给客人。[/cn] [en]すると、当初宇佐美氏は別々に食べるものとして提供したつもりだったのだが、多くのお客が油揚げをうどんの[wj]鉢[/wj]の中に入れて食べていたのだ。しかも、それが 「うまい!」「すごくおいしい!」と[wj]好評[/wj]で、やがて宇佐美氏ははじめからうどんに油揚げをのせて出すことにした。これが「きつねうどん」の始まりと言われ ている。[/en] [cn]当初宇佐美先生是打算将两种食物提供给客人品尝的,但大多数客人都把油豆腐放进乌冬面的大碗里一起吃。而且好评如潮,很多人都说“好吃!”“超美味!”,于是宇佐美先生也开始在乌冬面上放块油豆腐出售了。这就是“狐狸乌冬面”的起源。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 源于大阪的美食:即食咖喱与泡面

    出了只在阪神地区销售的Bon Curry正是日本第一个,甚至说是世界第一个商店有售的即食咖喱。[/cn] [en]レトルト[wj]パウチ[/wj]の[wj]食料[/wj]はアメリカで軍用携帯食として以前から存在していた。しかし、当時アメリカでは既に各家庭に冷蔵庫が普及していたため、保存食であるレトルト食品を一般向けにも製造·販売しようとの発想は生まれなかったのである。一方、その頃の日本ではまだ冷蔵庫の普及率が50%強であった。したがって、大塚食品は常温保存できるレトルトカレーの開発に力を注いだわけだ。[/en] [cn]即食包的食品作为军用便携食物在美国存在已久。但是由于当时冰箱已经在美国的各个家庭中普及,人们才没有打算将作为库存食物的即食食品进行面向一般民众的生产、销售。然而,那时候日本的冰箱普及率却只有50%。于是,大塚食品集中力量研发能常温保存的即食食品开发。[/cn] [en]先述のレトルトカレー以上に、世界に[wj]誇る[/wj]日本発の食文化となっているインスタントラーメン。これを発明したのが、「日清食品」の創業者である故·安藤百福氏。昭和33年(1958)、安藤氏は大阪府池田市の自宅[wj]裏庭[/wj]に建てた小屋で研究を重ね、インスタントラーメン第1号となるチキンラーメンを完成させた。[/en] [cn]除了上面提到的即食咖喱,享誉世界的日本饮食文化还有方便面。其发明者就是“日清食品”的已故创始人安藤百福先生。1958年,安藤先生在大阪府池田市的自家后院搭建的小屋里反复探索,终于做出了第一号方便面——Chikin拉面。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 发源于大阪的美食文化之蛋包饭

    就是蛋包饭诞生的契机。Omelette加上Rice而得名“Omuraisu”的这道料理深得那位常客的喜爱,逐渐成为了该店的招牌菜。[/cn] [en]ちなみに北橋氏は、フランス料理からヒントを得た牛の内臓を使った料理を日本で初めて確立し、「[wj]ホルモン[/wj]料理」として商標登録した人物でもある。このホルモン料理は煮込み料理で、その後日本ではホルモン焼きの方が一般的となっていったわけだが、それまで日本で食材として全く認知されていなかった牛の臓物を使ったこの「ホルモン料理」がなければ、ホルモン焼きも誕生していなかったかもしれない。[/en] [cn]此外,北桥还从法国菜中获取灵感用牛内脏做成菜,被认定为日本首创,“内脏料理”更被注册为商标。虽然这里内脏料理还是一道炖菜,而后来在日本更为常见的吃法是烤内脏串,但当时牛内脏尚未被日本人民认可为食材,如果没有这道“内脏料理”,或许烤内脏串也不会出现了。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 发源于大阪的美食文化:回转寿司

    实在参观啤酒厂时看到了传送带,由此联想到了回转寿司这一创意。他认为:如果用传送带将装有素材的碟子送到客户手上,岂不是效率更高,能招揽更多顾客?[/cn] [en]そこから幾多の[wj]試行錯誤[/wj]の末、昭和33(1958)年、ついに旋回式食事台が完成。東大阪市に「廻る元禄寿司1号店」がオープンした。[/en] [cn]此后经过多次试验和探索,1958年,回旋式餐桌成功面世。“回转元禄寿司1号店”也随即在东大阪市开业。[/cn] [en]席に座れば[wj]すぐに[/wj]でも好きなネタを手に取れるところが[wj]せっかち[/wj]な大阪人の気質に合ったのか、同店は好評を得て、昭和42年(1967)には宮城県仙台市に[wj]フランチャイズ[/wj]1号店がオープン。そして昭和45年(1970)に開催された大阪万博に出店したことにより、「廻る元禄寿司」は一気に注目を集める。[/en] [cn]或许是坐在位子上就能直接拿到喜欢的料理这一点很符合大阪人的急躁性情,这家店大受好评。1967年又在宫城县仙台市开设了1号加盟店。随后凭借在1970年举办的大阪世博会上摆摊参展,“回转元禄寿司”一举成名。[/cn] [en]高級食であった握り寿司を[wj]手軽[/wj]な大衆食として広めたこの革命的[wj]業態[/wj]「回転寿司」は、その後全国に広がっていく。そして元禄寿司が持っていた特許期限が[wj]満了[/wj]となると、多くのフランチャイズ店が新たな屋号を立ち上げ、更に新規[wj]参入[/wj]も相次いでいった。[/en] [cn]“回转寿司”可以说是一种革命性的营业形态,它将本是高级餐饮的手捏寿司转化为简便的大众餐饮推广开来,此后更是推广至日本各地。在元禄寿司所持有的特许经营权到期后,众多的加盟店相继成立了新的名号,再次投身这个行业。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 关西美食“大阪烧套餐”如何诞生?

    西人,难道不是只要一想到“这个和米饭一起吃,会不会更好吃?”,就会毫不犹豫的立马去试验的吗?然后由于那样的搭配太好吃了,偶然地就扩散到了关西的各个角落。相同的道理下“大阪烧套餐”也是这样诞生的吧。[/cn] [en] 追記: ちなみに、お好み焼き定食と似ている(?)「たこ焼き定食」は、じつは関西でもあまり見かけない。それは、たこ焼きが“おやつ”的な存在だからである。家庭で「たこ焼きパーティ」をすることもあるが、それはイベントであって、日常の食事ではない。 [/en] [cn] 追记: 顺带说一下,和大阪烧定食有些相似的“章鱼小丸子套餐”其实在关西地区并不常见。那是因为,章鱼小丸子总给人感觉是类似于“零食”样的存在。在普通家庭中,也会搞像“章鱼小丸子 party"这样的活动,但那是庆祝时常吃的,并不是日常饮食。 [/cn] 小编有话:看过上篇文章,想必大家更加认同那句俗语了吧“大阪の食い倒れ”(大阪人讲究吃)。 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关阅读推荐: 元气关西文化:米饭配大阪烧才是生活 日本特色美食大阪烧大科普

  • 【大阪美食】油炸豆腐乌冬面

    大阪

  • 发源于大阪的美食文化:屋顶啤酒花园

    设了该公司的第一家啤酒餐厅“New Tokyo大阪第一生命大厦店”。[/cn] [en]旧大阪第一生命ビルの地下にあった同店に昭和28年(1953)、3日間[wj]オートバイ[/wj]の展示会会場として[wj]貸し切り[/wj]の依頼があったことが[wj]発端[/wj]だ。その際、展示会来賓者が店内に入りきらず、ビルの屋上も会場として利用し、そこでビールや料理を振る舞ったのが屋上ビアガーデンの[wj]発祥[/wj]と言われている。[/en] [cn]事情的起因是这家位于旧大阪第一生命大厦地下的店在1953年接到了包场3天作为摩托车展会会场的委托。当时,展会的来宾不能全部进入店里,店方就将大厦屋顶也用作会场,并在那里摆出啤酒和菜肴招待客人。据说这就是啤酒花园的起源。[/cn] [en]展示会が終わっても「また屋上でビールを飲みたい」との[wj]要望[/wj]が[wj]殺到

  • 吃货爱美食:日本风味小吃之大阪烧

    西风没有。 关西风味: 将面糊烤制成薄煎饼形状,吃起来酥软可口。根据个人喜好,除沙拉酱外,还可浇上蛋黄酱或番茄酱(トマトソース)食用。 广岛风味:将面饼烤制成薄饼后加入大量豆芽及圆白菜是其特征。同时还可使用荞麦面([wj]蕎麦[/wj]「そば」)或乌冬面([wj]うどん[/wj])等面类,放入薄煎蛋,烤制成薄煎饼。这是广岛风味喜好烧独大阪烧(お好み焼き「おこのみやき」) 大阪烧是一种日式蔬菜煎饼,是日本关西的一种庶民美食,也是大阪有的特色。 而もんじゃ焼き,与お好み焼き最大的差别是:お好み焼き能够烧成饼,而もんじゃ焼き怎么烧都是半糊状的。至于用料方面则与お好み焼き相似,将小麦粉加水和调味料调匀,然后加入卷心菜、肉类或海鲜类等材料搅拌,之後将调好的材料放在铁板上边烤边吃。 本内容为沪江日语原创,转载请注明出处。 小编推荐:【吃货爱美食】日本拉面之起源发展篇>>

  • 极力推荐的大阪特产TOP5

    就是大阪的551蓬莱,最具代表性的商品就是分量十足的肉包,这不仅是一个一个亲手做成,肉包一天的平均销售量竟然达到14万个左右,真是难以置信![/cn] 3. ひとくち餃子(点天)|饺子(点天) [en]次にご紹介するのは、大阪北大阪新地の餃子[wj]専門店[/wj]「点天のひとくち餃子」。「今日作ったものを今日だけ」販売する当日製造・当日販売を[wj]徹底[/wj]し、みずみずしくシャキシャキした[wj]食感[/wj]が特徴の高知県土佐香美地方のニラを[wj]厳選[/wj]して使用しているため、「焼いても」、「茹でても」、「揚げても」おいしくいただけます。今の季節、ビールのお供にピッタリ![/en] [cn]接下来出场的是大阪北新地的饺子专卖店——点天的饺子(一口就能吃掉),本着“今天做的今天就要卖掉”的当天造·当天卖的宗旨,原料精选