• 第15届中日友好书法展在高知开幕

    出了日方76件和中方80件书法作品,展览中还进行了现场创作会。73岁的田中白耀为推动中日友好风气写下了“风神”,访日团的石海松则因为顺利访问高知而写日语阅读提示:双击或划选日下了“天朗气清”表达自己的喜悦之情。[/cn] [en]会場を訪れた[wj]南国市[/wj][wj]十市[/wj]の野村ちか子さん(82)は「日中の作品が一度に見られて楽しい。それぞれの書を見ていると、書道の世界に国の壁はないのだと感じます」と話した。[/en] [cn]来自南国市十市、82岁的野村ちか子感慨道:“能够同时看到中日双方的作品真的很高兴。欣赏着这些作品的同时,也感觉在书法的世界里没有国界之分。”[/cn] [en]大野代表は「書には、両国の難しいことも乗り越える力がある。書道展を通じて互いに技術を磨きあい、市民レベルの交流を重ねることで友好に結びつけていきたい」と話した。[/en] [cn]大野代表则表示:“书法有着能够超越两国困难处境的力量。我们想要通过书法展览互相磨练技术以及市民之间的交流来系下友谊之结。”[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 日本沪友松本一博:中日友好是我的梦想

    无法代替膝下儿孙。”一瞬间,人与人的相互理解心灵交流超越了国籍和民族。而对这个国度基本社会问题的认知,也绝对无法从教科书中得来。 接受沪江网的采访时,松本一博和樽田英树都穿着印有“I love SH(我爱上海)”的T恤,两人一黑一白煞是喜感。回日本之后,樽田君的微博并没有停止更新,还在松本的帮助下开中日混血儿,中国10年,日本10年,对他来说哪里都是故乡。沪江部落主页上他写道,“我的梦想就是让中日友好通了沪江部落主页,他的头像正是在北京挑战吃蝎子时的画面。而松本依然穿着这件“I love SH”T恤走在日本的大学校园,参加各种交流会,由于太显眼时不时引来行人侧目。但他满不在乎地说,“我觉得没什么的,因为你喜欢,再怎么被嘲笑,那也值得。” 相关推荐:狂走日本 取景中国:对话旅日作家毛丹青

  • 笈川幸司:中日友好

    不做只是有钱就有意思吗?我呢是为了看你为了中日友好,任劳任怨的做着一件又一件平凡的工作的才来的,不要第二次再说这么愚蠢的话了,明白了吗?” 确实,妻子所言是正确的。虽然写了“平凡的工作”,单是工作并没有平凡和高贵之分,是需要带着每一分诚意去做的。我至今为止确实也是这么做的,将来也要这么做的。在得到了一些人的赞赏之后身边的朋友越来越多,在和他们开始交谈时我明白了最根本的东西。轻松是好,但别太轻松了。如果想要践行中日友好,太轻松了是不行的。当然,这些都不是容易的事,必日须要坚持下去。 想到才出生就背负着我俩如此期望的孩子,他似乎有些可怜,但是如果儿子将来能认为,怀有这样的想法的父亲其实“做的还不够”,我会比什么都高兴啊。 沪江专访笈川幸司:中国最强“热血”日语外教 >>更多内容请关注笈川老师的部落主页<< 笈川幸司系列文章请点击>>

  • “2012中日国民友好交流年”开幕式在北京隆重举行

    不断增进相互了解和信任,维护和平稳定,深化互利合作,这符合双方的根本利益,有利于亚洲的振兴和繁荣。”[/cn] [en]日本側は食品展示即売会などの方法で「元気な日本」をアピールし、震災後の復興の姿を伝えた。「元気な日本」展示会の会場では日本の伝統芸術と最新のJ-POPの公演ステージのほか、日本料理試食エリア、都道府県展示エリア、Visit Japan展示エリア、日本貿易振興機構(ジェトロ)と日本企業展示エリアなどを設け、日本の魅力と元気を総合的に展示。人気俳優の関口知宏や人気アイドルユニットAKB48が「元気な日本」の応援団、日本の魅力と元気を伝える大使として、「元気な日本」展示会に参加した。[/en] [cn]开幕式当天,日方通过举行食品展销会等方式展中日国交正常化40周年にあたり、中日国民友好交流年でもある。16日开了“活力日本”的在华宣传,展示日本的灾后重建风貌。“活力日本”展的会场内设有表演日本传统艺术和最新潮流J-POP的舞台;同时设置日本料理试吃区、都道府县展区、Visit JAPAN展区、日本贸易振兴机构(JETRO)和日本企业展区等,综合展现日本的魅力和活力。此外,日本演艺明星关口知宏、人气偶像组合AKB48也作为“活力日本”的拉拉队、传递日本魅力与活力的大使,参加了在北京的“活力日本”展。[/cn] 以上内容为第三方机构提供的参考版本,仅供学习交流使用。

  • 中国女子日本开办中文培训班 为中日友好做贡献

    办了“玲玲中文培训班”,培训班以“通俗易懂”获得了学员们的普遍好评。而王艳玲本人还积极参与了支持赴日工作和留学的中国年轻人的事业,对此,她笑容满面的表示“希望我个人的活动能够为中日友好起到些许推动作用”。 赴日前,王艳玲做了4年多的小学老师,2000年,她怀揣梦想来到日本。在日语学习了语言和礼仪等之后,来到位于兵库县尼崎市的英知大学学习,主修了日本和欧美文学。 毕业后,她一边在日本工作,一边为自己“能够为中日友好做出自己的贡献”的理想而努力。2007年5月,开日电 据日本新华侨报网报道,随着中日两国交流沟通的日益频繁,越来越多的中国人来到日办了中文培训班,而因为王艳玲老师开朗和蔼的教学态度、通俗易懂的授课很快获得了良好的口碑,学员们都给予了很高的评价。 培训班的课程设置分为:入门课程、日常会话课程以及水平提升课程。学员可以自由选择参加何种课程学习,不过,王艳玲会与每一位新学员进行面谈,以帮助大家做出更加合适的选择。培训班整体氛围轻松,学员甚至可以自带教材。课时设置氛围60分钟和90分钟两种,既有一对一的授课,也有2~4人小组集体授课。 上课时间上,周一~周五是上午10点到晚上9点,而周六则是上午

  • 日本大学校长:加深了解构建互信 扩大中日友好

    见性勇气的的日本年轻人像30年前的中国青年前往日本一样,到中国寻找机会。 岛田晴雄曾担任日本内阁顾问,不仅是现任千叶商科大学校长,还创办了教授日本青年创业之道的“岛田村塾”。十多年来,“岛田村塾”每年都会选择一个他们认为最该去的国家,以开阔学员的视野。 岛田晴雄此次受聘学校湖南大学起源于宋朝岳麓书院,历经宋、元、明、清等朝代,1926年定名为湖南大学。多年来,湖南大学与不少日本大学建立了良好的合作关系,展中日友好合作的关键。”日本知名经济学家、千叶商科大学校长岛田晴雄15日开了多方面的交流与合作。 声明:沪江网高度重视知识产权保护,发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将做相应处理。 相关推荐: 你知道吗?!用美国高考成绩可以申请日本大学了 2017高中生日本留学专题上线啦! ←最新日本留学展活动       ←个人专业留学咨询评估

  • 【中日友好】北大学生扶桑情

    到了“中日无时差”![/cn] [en][wj]特筆[/wj]すべきなのは、このメールマガジンの編集部が、中日両国の大学生たちによって構成されていることだ。異なる文化的視点や異なる生活理念が、このメールマガジンに情報量の幅だけでなく、内容に対する観点の深さも与えているのだ。さらに、頻繁に行われている「中日文化節」という実際体験のできる活動が、単に日本旅行を宣伝するだけのメディアが多い中にあって、独自の価値を持っている。[/en] [cn]特别值得一提的是,这份电子邮刊的编辑,是由中日两国的大学生共同组成的。不同的文化视角,不同的生活理念,也让这份电子邮刊在拥有信息量“广度”的同时,也同样具备了内容观点的“深度”。再中日配合多次举行的“中日文化节”实体活动,在众多单纯宣传赴日旅游的媒体中,堪称独树一帜。[/cn] [en]中日両国の友好の道はまだまだ長いが、このようなメールマガジンは、友好の道の途上で出会う美しい景勝地であるに違いない。中日交流協会の若者たちは、彼らの情熱と[wj]叡智[/wj]によって、中日両国の友好的交流のために新たな橋をかけようとしている。彼らに心からの祝福を捧げたいと思う。無料[wj]購読[/wj]はこちらへdianziyoukan@163.com[/en] [cn]可以说,中日两国的友好之路还很长,而这样的一份电子邮刊无疑是这友好之路上又一个靓丽的风景线。中日交流协会的年轻人们,以他们的热情与睿智,为中日的友好交流架设新桥,让我们为他们献上衷心的祝福吧。电子邮刊的免费订阅请点击这里:dianziyoukan@163.com[/cn] 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 2016笹川杯作文大赛二等奖作品赏析:「中日友好—若者の視点から—」

    中日友好—若者の視点から—」 王維聖(東北財経大学)   「中日友好

  • 2016笹川杯作文大赛三等奖作品赏析:「中日友好—若者の視点から—」

    三等奖 「中日友好—若者の視点から—」 張典(大連外国語大学) 私の携帯電話にはちょっと変わった折り鶴の写真が入っている。その鶴の右側の翼には中国の国旗、左側の翼には日本の国旗が描かれている。この写真は去年の11月に日本の徳島県の阿波踊り会館で撮ったものだ。中日友好の願いを表して、本当に素晴らしいものだと思う。 私は去年の11月、スピーチコンテストで入賞して、徳島県で短期研修する機会をいただいた。研修の最後の日、阿波踊り会館で送別会が開かれ、「千羽鶴を折る」という活動が行われた。一人で十羽の鶴を折れば、百人だったら、千羽鶴になる。中国人の留学生、日本人の大学生や先生方などたくさんの人が参加し

  • 2016笹川杯作文大赛优秀奖作品赏析:「中日友好—若者の視点から—」

    优秀奖 「中日友好—若者の視点から—」 呉嘉萍(恵州学院) 朝、日差しが部屋いっぱいに入りこんでいて、涼しい風が吹いている。いい天気だなと思いながら、公園へ散歩に出かけた。新鮮な空気を吸って、気持ちも清々しくなった。イヤホーンから「嵐」の歌が流れてきた。調子に乗ってつい鼻歌を歌ってしまった。「One step当たり前のOne step毎日だってOne step歓びも哀しみもすべて愛おしいOne stepあなたにただOne step届けたくてOne step」何か自分が励まされるようで、メロディーに乗って色々な考えが浮かんできた。 私にとって、日本語を学ぶモチベーションは「日本のアニメが好き