• 日本留学:关东关西饮食文化大不同

    要以酱油为底。[/cn] [en]関西:焼かない丸餅。だしは、白みそベースのものが主流。[/en] [cn]关西:是没有烤过的圆年糕。鲜汁汤以白味增为底的为主流。[/cn] [en]味噌味としょうゆ味、丸餅と角餅などの東西のお雑煮の違いは、江戸時代からすでにあったと考えられています。[/en] [cn]这种味增味与酱油味、圆年糕和方年糕的东西杂煮汤区别,是从江户时代就已经有了。[/cn] [en]江戸時代、江戸には人口が集中していました。そのため一つずつ手で丸める丸餅より、手っ取り早く数多く作れる角餅が使われたと考えられ

  • 东瀛匠心:日本饮食文化与二十四节气

    “日本服务业大奖”是日本为了鼓励服务业的发展,对不同种类服务业中的优秀服务进行表彰的制度。这次为大家介绍的是获得了“经济产业大臣奖”的给食(配餐)服务,由“考食师”们为幼儿园和托儿所的孩子们提供给食,同时将日本富有魅力的饮食文化传递给孩子们。 “考食师”为孩子们提供的食物也是非常讲究的。通过提供与二十四节气相联系的当季食材,让孩子们能感受到日本的季节的细腻变化。 声明:沪江网高度重视知识产权保护,发现本网站发布的信息包含有侵犯其著作权的链接内容时,请联系我们,我们将做相应处理。 [en]立春 りっしゅん (2月4日頃)→鯛赤飯[/en] [cn]立春(2月4日左右)→鲷鱼红豆糯米饭[/cn] [en]雨水 うすい (2月19日頃)→あさりご飯[/en] [cn]雨水(2月19日左右)→蛤蜊饭[/cn] [en]啓蟄 けいちつ (3月5日頃)→よもぎ餅(あんなし)[/en] [cn]惊蛰(3月5日左右)→艾叶饼(无馅)[/cn] [en]春分 しゅんぶん (3月20日頃)→いなり寿司[/en] [cn]春分(3月20日左右)→油豆腐寿司[/cn] [en]清明 せいめい (4月4日頃)→山菜ご飯[/en] [cn]清明(4月4日左右)→野菜饭[/cn] [en]穀雨 こくう (4月20日頃)→新じゃがご飯[/en] [cn]谷雨(4月20日左右)→新土豆饭[/cn] [en]立夏 りっか (5月5日頃)→竹の子ご飯[/en] [cn]立夏(5月5日左右)→竹笋拌饭[/cn] [en]小満 しょうまん (5月20日頃)→豆ご飯[/en] [cn]小满(5月20日左右)→豆儿饭[/cn] [en]芒種 ぼうしゅ (6月5日頃)→鮎ご飯[/en] [cn]芒种(6月5日左右)→鲇鱼饭[/cn] [en]夏至 げし (6月21日頃)→お赤飯[/en] [cn]夏至(6月21日左右)→红豆饭[/cn] [en]小暑 しょうしょ (7月7日頃)→冷しそうめん[/en] [cn]小暑(7月7日左右)→凉面[/cn] [en]大暑 たいしょ(7月22日頃)→鯛まぜご飯[/en] [cn]大暑(7月22日左右)→鲷鱼拌饭[/cn] [en]立秋 りっしゅう (8月7日頃)→新蓮根ご飯[/en] [cn]立秋(8月7日左右)→新莲藕饭[/cn] [en]処暑 しょしょ(8月23日頃)→里芋ご飯[/en] [cn]处暑(8月23日左右)→芋艿饭[/cn] [en]白露 はくろ (9月7日頃)→新そば[/en] [cn]白露(9月7日左右)→新荞麦面[/cn] [en]秋分 しゅうぶん (9月22日頃)→おはぎ[/en] [cn]秋分(9月22日左右)→牡丹饼[/cn] [en]寒露 かんろ (10月8日頃)→栗ご飯[/en] [cn]寒露(10月8日左右)→栗子饭[/cn] [en]霜降 そうこう (10月23日頃)→きのこご飯[/en] [cn]霜降(10月23日左右)→蘑菇饭[/cn] [en]立冬 りっとう (11月7日頃)→ひじきご飯[/en] [cn]立冬(11月7日左右)→羊栖菜饭[/cn] [en]小雪 しょうせつ (11月22日頃)→団子入り小豆粥[/en] [cn]小雪(11月22日左右)→米粉团小豆粥[/cn] [en]大雪 たいせつ (12月7日頃)→牡蠣ご飯[/en] [cn]大雪(12月7日左右)→牡蛎饭[/cn] [en]冬至 とうじ (12月21日頃)→かぼちゃご飯[/en] [cn]冬至(12月21日左右)→南瓜饭[/cn] [en]小寒 しょうかん(1月6日頃)→七草粥[/en] [cn]小寒(1月6日左右)→七草粥[/cn] [en]大寒 だいかん (1月21日頃)→大根粥[/en] [cn]大寒(1月21日左右)→萝卜粥[/cn] [en]節分 せつぶん (2月3日頃)→煎り大豆ご飯[/en] [cn]节分(2月3日左右)→大豆炒饭[/cn] 本翻译为沪江日语原创,未经允许,禁止转载。 相关阅读推荐: 日语中二十四节气的读法 二十四节气6.21-7.6:日本人如何过夏至?

  • NHK:日本鳗鱼剧减冲击饮食文化

    听写酷是沪江新部落的一个在线学习新系统。内容包括NHK新闻听力(慢速&标准),初级听力,动漫日剧听力,能力考试题听力等真题听力。中高级听力真题听写,适用于能力考N1-N3水平。 2013年02月01日新闻: [en] 日语原文: 日本の[wj]食卓[/wj]に[wj]なじみ[/wj]の深いニホン[wj]ウナギ[/wj]について、環境省は、[wj]生息[/wj]数が激減していると判断して[wj]絶滅[/wj]の危険性が高い「絶滅[wj]危惧[/wj]種」に指定したと発表し、石原環境大臣は、「食文化の中になくてはならないもので、しっかりと守っていかなければならない」と述べました。環境省は、絶滅のおそれがある野生生物を「[wj]レッドリスト[/wj]」にまとめていて、今日、淡水魚などについて、専門家とともに見直しを行った結果を発表しました。この中で環境省は、昔からかば焼きなどとして日本の食卓で親しまれているニホンウナギについて、過度の[wj]捕獲[/wj]や河川の環境の悪化などから10年あまりの間で、少なくとも50%以上減少したと推定されるとして、絶滅の危険性が2番目に高い「絶滅危惧IB類」に指定しました。レッドリストには法的な強制力はないため、捕獲や取引が制限されることはありませんが、今回の指定について、石原環境大臣は、「ニホンウナギは食文化の中になくてはならないもので、しっかりと守っていくために関係省庁が[wj]一丸[/wj]となって取り組まなければならない」と述べ、国を挙げて保全対策に取り組んでいく考えを示しました。 [/en] [cn] 参考翻译: 环境省判定日本人餐桌上熟悉的鳗鱼存活量急剧下降,已濒临灭绝,并发表声明称已将此列入“濒危物种”的名单。环境大臣石原表明,“鳗鱼是日本饮食文化中不可缺少的,我们必须坚定不移的保护。”环境省将濒临灭绝的野生生物汇总为“红色名录”,并在今日发表了同专家就淡水鱼进行再次评定的结果。其中,由于过度捕捞及河流污染,推定十余年间鳗鱼数量至少减少了50%以上。因此,环境省将日本人餐桌上熟悉的烤鳗鱼等的原材料鳗鱼列入濒临灭绝危险性第二高的“濒危IB类”。但“红色名录”没有法律强制性,无法限制捕捞交易。对于此次鳗鱼列入濒危名单,环境大臣石原称,“鳗鱼是日本饮食文化中不可缺少的,为了保护鳗鱼有关省厅必须团结一心共同应对。”并表明了全国上下都应参与到保全对策中去的想法。 [/cn] 想知道完整版原文?到听写酷练练这篇听力吧>> 小编提醒: 如果你还不知道怎么开始练习日语听力,或者不知道从什么资料下手,那就来参加听写酷吧! 声明:双语文章中,中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关推荐:NHK新闻站>>

  • 日本饮食文化:刺身的起源与历史

    走边卖的“行商”、定点在人群密集处的“街头摊贩”以及店铺营业。这就是江户街头食品贩卖的开端,而最早出现的,自然是行商了。[/cn] [en]この「煮売り」が何時頃から始まったかは定かではありませんが、寛文元年(1661~1672年)12年の12月23日に「煮売りの夜商い禁止令」が出ていますので、それ以前にあったことだけは確かなようです。また寛文10年の7月には、午後6時以降の煮売りの商いを禁じていますので、この頃には既に「煮売り」の店舗営業が定着していたことが推察できます。[/en] [cn]至于“煮卖”是从什么时候开始出现的,至今并没有一个清晰的界定。但宽文元年(1661-1672年)12年的12月23日曾颁布过《煮卖夜商禁止令》,可以确定在此以前便有“煮卖”。另外,宽文10年7月曾下令禁止下午6点后经营“煮卖”,由此可以推断出此时已有固定经营“煮卖”的店铺。[/cn] [en]「煮売り」を利用した人々は、おおむね一般庶民と階級の低い人達に限られていたようです。[/en] [cn]光顾“煮卖”的人,基本上都是些一般庶民和阶级较低的人们。[/cn] 本翻译为沪江日语原创,未经授权禁止转载。 相关阅读推荐: 你分得清本膳料理&怀石&会席料理吗? 日本饮食文化:吃肉包还要加调料

  • 日本文化学家谈:什么是日本饮食文化

    也是在这几十年间才作为日常料理出现在日本餐桌上。也就是说,就在大概一百年前,咖喱饭还不是日本普通饮食文化中的一份子。[/cn] [en]また、その間には、この料理の名前も、ライスカレーからカレーライスへと変わって来ています。その違いを指摘するにも諸説があります。カレーの具が米より多いのがカレーライス、米の方がカレーより多ければライスカレーであるという説。カレーとご飯とが別々なのがカレーライス、ご飯の上にカレーをかけたのがライスカレー、などというのから始まって、関東と関西とでの違いではないか等々。こうして名前の由来、その料理の定義の仕方にも人々が熱心に関わっているということ、それもまた日本の食文化のあり方だと言えるわけです。[/en] [cn]而在此期间,这种料理的日语名也逐渐从“ライスカレー(饭咖喱)”变成了如今的“カレーライス(咖喱饭)”。关于它们之间的差异众说纷纭。一说是,咖喱料比米饭多的是咖喱饭,而米饭比咖喱料多的则是饭咖喱。还有咖喱和米饭分开放的是咖喱饭,把咖喱浇在米饭上的是饭咖喱这样的说法,再就是说可能关东关西有差异等等。像这样人们热衷于讨论某种料理名字的由来、定义等行为,又可以说是日本饮食文化的一种存在方式。[/cn] [en]今回の話で一番重要なことは、刺身でも、[wj]煮干し[/wj]でも、豆腐でも、それら自体は文化ではないということです。人が刺身や煮干しや豆腐を食べ物であると信じていること、そうしたものを食べたいと思っていること、そうしたものを食べているということ、それが文化なのです。そのようなものに誰一人として関心を持たなくなったとしたならば、それはすでに日本の食文化であるとは言えなくなるのです。(著者:西江雅之氏)[/en] [cn]本次话题中最重要的一点是,不管是生鱼片、还是小杂鱼干、亦文化”。この単語は、如何なる話題にも顔を出します。“食或是豆腐,其本身都算不上是文化。人们相信生鱼片、小杂鱼干或者豆腐是食物、想要吃或者吃着这样的食物才是文化。如果对于这类东西谁都变得没什么兴趣了的话,那它们也将渐渐失去日本饮食文化这一定义。[/cn] 可以成为“聊天话题”的日本文化小事 21世纪新谚语辞典:白衬衫沾上咖喱乌冬 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

  • 从日剧中窥视日本的饮食文化

    食やフランス料理など、「美食」が日本のドラマに欠かせない要素となっている。それら美食来了四大中华料理顶峰的特级厨师“食王七人组”。活动组织者是干部候选人橘诗央。然而“Star Leo号”的名家中华餐厅“平平楼”的日本厨师们,反感于橘诗央的强硬手段而拒绝让他们上船。[/cn] [en]中華料理は、日本でも大人気。横浜中華街出身の広東料理の料理人・周 富徳さんが今年4月に亡くなった際、日本のメディアの大きな注目を集めた。[wj]中華鍋[/wj]に油をたっぷりひいて、焼いたり炒めたりするというのが、日本人の中華料理に対するイメージだ。実際には、日本の中華料理は日本人好みに味が調節されている。[/en] [cn]中华料理在日本也颇受欢迎。横滨中华街出身的广东料理的厨师周富德今年4月去世的时候,引起了日本媒体极大的关注。日本人对于中华料理的印象,便是在中式炒菜锅里倒满油来翻炒烧煮。而实际上,日本的中华料理已是根据日本人的口味加以调节了。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关推荐: 从日剧中窥视日本的职场文化 从“推理”日剧中窥探日本文化

  • 日本饮食文化:吃肉包还要加调料

    地方から西に行くと何かしらをつけて食べる派の県ばかりになるのだ。こちらの図を見ていただきたい。[/en] [cn]结果表明东日本和西日本的差异十分明显。从东海地域往西,这些县基本上吃肉包都会加料。请看图。[/cn] [en]まず関西を見てみると、すべての地域でからしが上位に入っていた。そこに醤油や酢醤油を加えることもあるが、あくまでもベースはからしだった。[/en] [cn]首先看关西地区,全部地区加芥末的居于上位。也食有加酱油、醋酱油的,但基本上是加芥末为主。[/cn] [en]次に九州だが、こちらは酢醤油使用が大多数を占めている。鹿児島と沖縄を除いた全県で酢醤油が使われている。こちらは関西とは逆に酢醤油がベースとなり、からしが加えられることもある。[/en] [cn]接着是九州,这里使用醋酱油的占大多数。除却鹿儿岛和冲绳基本上全县都是加醋酱油的。和关西刚好相反,以醋酱油为主,不过也有加芥末的。[/cn] [en]その両者に挟まれた中国、四国地方を見ていくと、辛子勢力圏と酢醤油

  • 饮食文化:日本人吃西瓜爱撒盐

    方形的…等等。但其中最让教研君大开眼界的是,日本人吃西瓜竟然喜欢撒着盐吃! 原来,“撒盐吃西瓜”早已成为日本饮食风俗文化的一部分。从技术层面分析,盐具有对比效果和抑制效果。对比效果指的是,如果舌头事先接触到了盐分,那么紧接着摄入糖分后,舌头所感受到的甜度将更强烈。于是,日本人便利用了这个原理,在西瓜里撒上适量的盐,那样西瓜原来的甜味将会被进一步凸显出来。据说,不仅仅是西瓜,日本人在做其他料理时,也经常会使用到这个原理,使食材本身的甜度感得以提升,这种手法在日语中被称为「隠し塩」。而抑制效果主要指的是,可以缓解水果中酸和苦的味道。 这么分析下来,日本的西瓜会给人一种不怎么甜的感觉,不过这一点而言,教研君的朋友已经打消了这一点的质疑,他表示日本西瓜的甜度是很有保障的(怎么赶脚在打广告呢)。另外,对于西瓜撒盐的吃法,还有一种说法就是:日本人认为,夏天人最为需要补充的成分是水和盐分,于是“西瓜+盐”的组合便横空出世了。 另外,在一些地方还会看到一种说法:中国的有些地方

  • 对中国人来说,日本的米其林餐厅很便宜?!

    重要[/cn] [en]「日本の駅弁は冷たいハンディキャップを上回る美しさがあります。色とりどりの小さなおかずがきれいに並んでいて中国語の『顔値』が高いのです。紅葉の季節には弁当の中に小さなモミジが入っていたりして日本の美意識に感心します。」[/en] [cn]“日本的车站便当虽然是冷的,却因为好看仍备受青睐。色泽鲜艳的小菜整齐地排列着,用中国话来说就是颜值很高。每到红叶季,便当里加上的小小枫叶,让大家对日本的审美意识之高佩服不已。”[/cn] [en]「旅館のコース料理にも不満を感じる中国人はほとんどいません。大皿で出されるのが当たり前の中国人にとって、小皿にほんの少しづつ料理を盛って出してくれるのは新鮮な体験です。しかも顔値が高い。日本人が『作り置きしたような料理がある』と考えても、中国人はそれを上回る付加価値があると思っているのです」[/en] [cn]“几乎没有中国人会不满意旅馆的套餐料理。对于习食惯用大碗装菜的中国人来说,小盘小碟一点点端出料理的体验十分新鲜。而且颜值又高。虽然日本人会觉得这都是提前做好备着的料理,但中国人觉得种种附加价值已经完胜这小小缺点。”[/cn] [en]——逆に人気のない日本料理はありますか。[/en] [cn]——那有没有不受欢迎的日本料理呢?[/cn] [en]「米欧人に人気の高いてんぷら屋には足を運びませんね。主役級のエビは1本か2本。レンコンやシイタケは脇役です。」[/en] [cn]“中国人不太喜欢受欧美人欢迎的天妇罗店。主菜的炸虾不过一只两只。配菜只有莲藕和香菇。”[/cn] [en]「日本でそば屋さんに連れて行くと、たいていの中国人は腰を抜かします。そばの上にほとんど何も乗っていないのですから。『本当にそばだけを食べるの?』と半信半疑になります。中国人の多くはエビ天も一緒に注文します」[/en] [cn]“带着中国人去日本的荞麦面店时,他们都会很惊讶。因为荞麦面上几乎什么配菜也没有。将信将疑地问‘真的是只吃荞麦面吗?’大多数中国人会再点个天妇罗虾。”[/cn] 本翻译为沪江日语原创,转载请注明出处。 相关阅读推荐:后爆买时代:中国人赴日旅游的新常态

  • 日本拉面、中国拉面、到底有何不同?

    面的元祖。[/cn] [en]昭和29年(1954年)には、「味噌ラーメン」が北海道札幌市の「味の三平」というお店で生まれました。[/en] [cn]昭和29年(1954年),“味增拉面”在北海道札幌市的一家名为“味之三平”的店里诞生了。[/cn] [en]終戦後に札幌で屋台のラーメン屋を始めた店主は「味噌は体に良い」と考えており、みそ汁をヒントに改良を重ね、味噌ラーメンを完成させたそうです。[/en] [cn]据说二战结束后,一家在札幌经营拉面小摊的摊主认为“味噌对身体好”,于是以味噌汤为灵感不断改良,做