• 第163届芥川奖获奖小说推荐:远野遥《破局》

    情愫随后便主动示好,阳介也被对方的清纯可爱所吸引。[/cn] [en]「社会からの目を気にしながらも、自分の欲求に正直な主人公が最後にとった大胆な行動とは?」[/en] [cn]“即使对周遭的目光有所顾虑,但主人公始终选择直视自己内心诉求,最终他令人意想不到的行动是?”[/cn] 推荐理由: [en]芥川賞を受賞した「破局」はデビュー作「改良」とは打って変わった主人公で、公務員を目指し就活中の大学生が関係が微妙な彼女と新たに出会った女性との間を行き来しながらやがて破局へと至るまでを淡々と綴る物語です。[/en] [cn]远野遥芥川奖获奖小说《破局》中的主人公人设与其处女作《改良》大相径庭。《破局》讲述了立志成为公务员的男大学生周旋于关系微妙的女朋友和新结识的学妹之间,最终走向破裂的故事。[/cn] [en]充実した生活を送り正義感やモラルにも溢れた非の打ち所のないように見える主人公の内面が、淡々と語られることでどこかいびつな面が浮き彫りになり、虚無感を感じる作品に仕上がっています。[/en] [cn]男主人公过着充实的生活,正义感以及道德感爆棚,人设近乎完美,但作者用笔端娓娓道来,主人公的阴暗面逐渐暴露于众

  • 日本芥川文学奖是如何评选的?

    有为获奖作家是否是新人而争论不休的。[/cn] [en]候補作は5回まで[/en] [cn]候选作品最多五次[/cn] [en]さらに芥川賞は、候補作になる回数は5回までと言われています。明確な基準があるわけではありませんが、5回を過ぎると、芥川賞を取る機会を逃すと言われています。[/en] [cn]据说,成为芥川奖候选作品的机会最芥川多有五次。虽说并没有明确的标准,但满了五次,就没有获得芥川奖的机会了。[/cn] [en]芥川賞は、半年ごとに発表された純文学雑誌から、主催者によって候補作が選ばれます。新人に与えられる賞であり、候補となる回数は5回までと言われています。[/en] [cn]芥川奖是每半年从发表过的纯文学杂志中,由主办方遴选候补作品,颁发给新人的奖项,且据说候补次数不得超过五次。[/cn] 声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。 相关推荐: 《火花》是否能改变日本文学现状? 昭和文坛的冲击:芥川龙之介之死

  • 第148回芥川奖直木奖候选名单出炉

    设立的文学奖,现今的主办单位为日本文学振兴会。每年举行两次选拔活动。上半年度(12月1日~5月31日之前公开发表的作品)是在7月中旬进行选拔、8月中旬颁奖,刊载于《文艺春秋》9月号。下半年度(6月1日~11月30日之前公开发表的作品)是在翌年1月中旬进行选拔、同年2月中旬颁奖,在《文艺春秋》3月号刊载。该奖项在二次大战1945年一度中芥川断过,后来在1949年重新开始进行选拔活动。 直木奖: 直木奖由文艺春秋的创办人菊池宽为纪念友人直木三十五,于1935年(昭和10年)与芥川奖同时设立的文学奖项。每年颁发两次,得奖对象以大众作品的中坚作家为主。著名作家司马辽太郎、宫部美幸、京极夏彦皆是此奖得主。 鹿田真希X辻村深月获第147届芥川•直木奖 芥川奖?直木奖?别傻傻分不清楚!

  • 第163届芥川奖候选小说推荐:冈本学—《our age》

    打伞故意淋湿自己,用咖啡漱口等等。“我”也没有刻意向她打听,一直以来保持着微妙的距离感。[/cn] [en]ミスミが唯一よく話すのが、自身のお母さんとの思い出。ミスミが映画館に来たのは、昔お母さんと一緒に行ったことのある「塔」を探していたからで、ミスミが母の形見のように持っていた写真には塔が映っており、「our age」という文字が書かれていました。[/en] [cn]唯一被“ミスミ”经常提起的是她和母亲的过往。她来影院的目的就是想找寻曾经和母亲一起去过的“塔”。她有一张塔的照片,应该是她母亲遗物,上面写着“our age”。[/cn] [en]「私」はミスミと共に「塔」を探しに出かけますが手がかりはつかめず、結局見つからないままミスミとは疎遠になってしまいます。[/en] [cn]之后“我”便与她一起寻找那座“塔”,但是

  • 第163届芥川奖候选小说推荐:三木三奈—《秋》

    163届芥川文学奖候选作品—三木三奈《秋》。一个充满“恨意”的故事。[/cn] 声调、敬语、动词变形:7门免费课程助你攻克语法难点  日文书名:アキちゃん 中文书名:暂无官方译名 作者:三木三奈 类型:校园;情感 本书简介: [en]小学生のころ、主人公「わたし」には「アキちゃん」と呼ばれる大嫌いな友達がいた。「アキちゃん」は、ほかの女の子の前ではどこか媚びへつらうような態度を取るけれど、「わたし」に対しては暴言を吐いたりつねったりするような二面性を持っていました。「わたし」は「アキちゃん」の横暴なふるまいに憎しみをたぎらせながらも、「やめて」と言うくらいの反抗しかできません。「わたし」が反抗しないことをいいことに、「アキちゃん」のふるまいは横暴さを増してゆきます。「わたし」は憎しみに耐え切れず、クラスメイトに「アキちゃん」に呪いをかける方法を聞きに行きます。やがて「わたし」は転校することになり、「アキちゃん」との悪縁は切れます。およそ十年後、大学生になってから「アキちゃん」のその後のてんまつを少しだけ知ることになる「わたし」は、なんともふくざつな思いを抱くのです。[/en] [cn]在“我”上小学的时候,班上有一位令“我”很反感的同学“秋”。他是个两面派,对其他的女生总是一副讨好的态度,唯独对“我”恶语相加更甚时会动手拧拽。“我”对“秋”的暴力行径厌烦到了极点,但也只能嘴上喊着“别这样”进行反抗。“我”的懦弱促使了“秋”对“我”更加肆无忌惮的霸凌。忍无可忍的“我”向同班同学打听可以诅咒“秋”的方法。终于我俩的孽缘以“我”转学而宣告结束。十年后已经升为大学生的“我”打听到了些许“秋”的消息,内心也随之掀芥川起了阵阵波澜。[/cn] 推荐理由: [en]この物語はすでに成人した「わたし」視点から当時を振り返り、小学五年生の「わたし」の幼さ、不器用さを分析しながら「わたし」の「アキちゃん」への揺らがない「憎しみ」が描かれてゆきます。この物語の不思議なところは、「憎しみ」を描き上げた物語なのに、「毒気」のようなものをあまり感じないところです。[/en] [cn]本书以第一人称叙写并用成年人回顾童年的视角来讲述小学五年级时“我”的幼稚与软弱以及“我”对“秋”强烈的“憎恶”。不可思议之处是,这虽然是个充满“恨意”的故事但字里行间毫无戾气。[/cn] [en]過去語りの距離感、「わたし」と「アキちゃん」の関係性をどこまで明かすかというバランス、「アキちゃん」の重大な問題、そして「アキちゃん」のその後のエピソード、どれもわたしの「憎しみ」を邪魔しない程度に描かれると感じました。「憎しみ」をすくい上げるバランス感覚が絶妙で秀逸な作品だと感じました。[/en] [cn] 往事的距离感,“我”与“秋”二人之间尴尬关系的平衡感,“秋”自身的重大秘密,以及“秋”多年之后的轶事,每一个情节的描写都夹杂了“我”对“”秋”强烈的“恨意”。作者在书中将“恨”娓娓道来但不失稳重大气,是一部能够给予读者绝妙感观的优秀作品。 [/cn]  

  • 第164届芥川奖候选小说推荐:砂川文次《小隊》

    译为小队 作者:砂川文次 类型:军事;战争 本书简介: [en]樺太・国後半島から北海道にロシア軍が上陸、日本は第二次大戦後初の「地上戦」を経験することになった。自衛隊の小隊長・安達は、自らの小隊を率い、静かに忍び寄ってくるロシア軍と対峙する。そして、ついに戦端が開かれた――。[/en] [cn]苏联军队从库页·国后道登陆北海道,日本面临着二战过后首次“陆上作战”。自卫队小队长·安达率领队伍与已经悄然靠近的敌人展开对峙。战端开启了——。[/cn] 推荐理由: [en]砂川文次は元自衛官である。そのためか、戦争の話を書くことが多い。この『小隊』もそうで、話の中にはリアルな戦争の様子が描かれている。この小説の半分以上がその戦闘シーンの描写にあふれ、暗く、行き場のない苦しみや恐怖を表している。現実にもあり得そうな舞台設定と、元自衛官ならではの場面描写が魅力の1冊。軍事マニアの方はもちろん、現在の組織での立ち振る舞いについて考えたい方にもおすすめの小説となっている。気になった方はぜひ読んでみてください。[/en] [cn]作者砂川文次曾经服役于日本自卫队。正因如此,他的很多作品都是以战争为主题。这部《小队》依旧是军事类小说,作者真实地展现了战场战况。小说大部分篇幅都在描写战斗场面,将战场上黑暗、痛苦与恐怖跃然纸上。这是一个极其震撼的故事,背景设定真实,也只有这位军队出身的军官才能描写得如此酣畅淋漓。这本小说不仅推荐给军事爱好者,也推荐给那些想芥川要在团队中有所作为的读者。如果感兴趣,一定不要错过![/cn]

  • 芥川奖?直木奖?别傻傻分不清楚!

    重视“艺术性”、“文学形式”的小说总称,是日本文学用语。[/cn] [en]大衆小説(たいしゅうしょうせつ)、大衆文学(-ぶんがく)とは、純文学に対して、芸術性よりも娯楽性・商業性を重んじる小説の総称である。「娯楽小説」「娯楽文学」も同義語。「通俗小説」「通俗文学」とも呼ばれた。[/en] [cn]大众小说、大众文学是相对于纯文学来讲,比起艺术性更重视娱乐性、商业性的小说总称。和“娱乐小说”、“娱乐文学”是同义语、也被称为“通俗小说”、“通俗文学”。[/cn] 下面分别来介绍几部有名的芥川奖和直木奖获奖作品吧: 【芥川奖】   タイトル:限りなく透明に近いブルー   题目:无限接近透明的蓝(第75回)   作者:村上龍「むらかみりゅう」   掲載誌:群像   タイトル:蛇にピアス 题目:蛇舌(第芥川奖获奖作品”、“××年直木奖获奖作品”等宣传标语。当然,这两个奖都是日本重量级的文学奖130回) 作者:金原ひとみ 掲載誌:すばる   タイトル:ひとり日和   题目:一个人的好天气(第136回)   作者:青山七恵「あおやまななえ

  • 第164届芥川奖获奖小说推荐:宇佐見りん《推し、燃ゆ》

    到你适合的学习之路 日文书名:推し、燃ゆ 中文书名:暂无官方译名 作者:宇佐見りん 类型:青春;情感 本书简介: [en]主人公・あかりは、周りの人が難なくこなしていることがうまくできず、生きづらさを感じている女子高生だ。学校でも家でもバイト先でも馴染めず、部屋も片付けられない、忘れてはいけないことを忘れてしまう、漢字や数式もなかなか覚えられない。学校の保健室で病院の受診を勧められ、ふたつほど診断名がついた。[/en] [cn]主人公Akari无法做好周围人觉得轻而易举的事情,是一个觉得生活不易的女高中生。无论是学校、家庭还是打工的地方,都难以融入其中。整理不好房间,不能忘的事情时常忘记,汉字和数学公式也总记不住。学校的保健室老师建议Akari去医院看病,医院诊断她患有两种疾病。[/cn] [en]そんなあかりは、アイドルグループのメンバー・上野真幸に出会い、心血を注いで推している。自分の背骨だと感じるくらい我が身の一部である推し。推しがいるから、この生きづらくマイナスばかり感じる人生が、少しだけプラスに転じる。[/en] [cn]而这样的Akari遇到了偶像组合成员上野真幸,她倾注了自己全部精力来追星。Akari将上野真幸看作是自己身体的一部分,是如同脊梁般的存在。因为上野的存在,让Akari昏暗无光的人生有了些许改变。[/cn] [en]ある日、推しがファンを殴り、瞬く間に炎上した――というストーリー。[/en] [cn]然而某天,上野真幸因为殴打粉丝,瞬间炎上了——。[/cn] *炎上:言行受到非议,在网上集中出现批判或诽谤的负面声音。 推荐理由: [en]「推し」とは、芸能人や二次元キャラクターなど、応援していたりファンだったりする相手のこと。お金と時間とエネルギーを推しに注ぎ込む生活。アイドルとのかかわり方は十人十色で、推しのすべての行動を信奉する人もいれば、善し悪しがわからないとファンとは言えないと批評する人もいる。推しを恋愛的に好きで作品には興味がない人、逆に作品だけが好きでスキャンダルなどに一切興味を示さない人、お金を使うことに集中する人、ファン同士の交流が好きな人。見返りのない一方通行の「推し活」の様子が、希望と危うさの両方を孕みながらつぶさに描かれる。依存とも逃避とも恋愛とも違う、強いて言えば祈りだ。その繊細な心理を21歳の著者が圧巻の表現力で紡ぐ。推しのいる人もいない人も、このリアルに瞠目せよ。[/en] [cn]“推し”是指人们应援、崇拜的艺人或二次元人物。“推し活”是倾注金钱、时间、精力的追星生活。人们对待偶像的态度不同,有的人视偶像一切举动为信仰,但也有人认为对偶像的行为不分善恶全盘接纳的人并不是真正的粉丝。有人对偶像怀揣恋爱般的感情对其作品不感兴趣,反过来也有只喜欢作品对偶像本人丑闻等私下一面毫无兴趣的人,此外还有致力于为偶像花钱的人,喜欢和同好交流的人。《推し、燃ゆ》细致描绘了这种单方面付出,不求回报,希望与危险并存的生活。既不是依存也不是逃避更不是恋爱,准确来说是祈祷。21岁的作者凭借其娴熟的表达能力将这种微妙细腻的心理活动描绘得淋漓尽致。无论你是否也芥川有为之痴迷的偶像,都会惊叹其文字的真实感。[/cn]

  • 第164届芥川奖候选小说推荐:木崎みつ子《コンジュジ》

    就是你妈妈了”。然而せれな的生活并没有好转,每天独自起床上学,下学回家后做顿简单的晚饭。一直过着这样孤独生活的她,在某个深夜,被电视台播放的纪念节目中的一个人所吸引。节目中的那个男子是英国传奇摇滚巨星·里昂(音译),可惜年仅32岁就逝世了。这位美男子成为了せれな继续活下去的全部动力…。她沉溺于与里昂携手共度余生的幻想中,借此逃离残酷的现实命运…。[/cn] 推荐理由: [en]タイトルの「コンジュジ(cônjuge)」は、ポルトガル語で配偶者の意味だそうだ。主人公の女の子は、家族という逃げられない檻の中で悲惨な経験をし、その苦しみから逃れる術として、既に亡くなっているロックスターとの妄想に耽る。人はあまりに辛いことが起きると、自動的に心を閉ざし何も感じないようにすることがあるというが、彼女は閉ざした中にロックスターとの恋を押し込んで、それ以外のことは感じないようにしたのかもしれない。[/en] [cn]书名《コンジュジ》是葡萄牙语“cônjuge”,意为配偶。本书的主人公是位女孩子,她难以摆脱原生家庭所带来的悲惨境遇,只好选择自我救赎,沉浸在与一位已经故去的摇滚明星相爱的幻想中。人们常说,当一个人受到巨大刺激时,会封闭自己的内心,放弃所有感情。但主人公せれな大概是把对这位摇滚巨星的爱紧紧地锁在已经封闭的内芥川心中,除了这份爱,其余的一切她早已心外无物。[/cn] [en]この小説では、悲惨な現実とリアンとの妄想、そしてリアンの伝記本といった、三つの世界が交差しており、この三層の構造がうまく表現されている。再生と希望の物語だ。[/en] [cn]悲惨不堪的现实生活、せれな与里昂的幻想、里昂的自传,作者将这三个平行时空交织在一起,三维空间得到了精妙地展现。这是一部关于救赎重生与希望的作品。[/cn]

  • 日本芥川奖和直木奖一年两回的原因

    [en]芥川賞と直木賞は、毎年1月と8月に発表される文学賞です。芥川