TOKIOの長瀬智也(42)が主演するTBS系金曜ドラマ「俺の家の話」(金曜・午後10時)が22日スタートし、初回の世帯平均視聴率が11・5%だったことが25日、分かった。個人視聴率は6・4%だった。

1月25日获知,TOKIO成员长濑智也(42岁)主演的TBS周五剧场《我家的故事》(周五晚10点档)于1月22日开播,初回世代平均收视率为11.5%,个人收视率为6.4%。

ドラマは、宮藤官九郎氏が脚本を手掛けるオリジナルストーリー。3月にグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退所する長瀬が演じるのは、重要無形文化財「能楽」保持者で人間国宝の父を持つプロレスラー。父の介護のために引退し、ヘルパー女性と介護と遺産相続を巡ったバトルを繰り広げた先の家族の姿を描くホームドラマ。

本剧是由宫藤官九郎执笔的原创故事。3月即将退团并退出杰尼斯事务所的长濑,饰演的是有一个被称为人间国宝、非物质重要文化遗产“能乐”保持者父亲的职业摔跤手。为了照顾父亲他决定引退,却卷入了与女看护的遗产争夺战,是一部家庭剧。

昨年12月に松坂桃李と電撃結婚した戸田恵梨香が謎の介護ヘルパー・志田さくらを演じるほか、西田敏行、桐谷健太、江口のりこ、永山絢斗らが出演する。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

去年12月和松坂桃李闪婚的户田惠梨香饰演神秘的看护志田樱,出演阵容还有西田敏行、桐谷健太、江口德子、永山绚斗等。(数据为关东地区,VideoResearch调查)

本翻译为沪江日语原创,转载请注明出处。

相关阅读推荐:

长濑智也x宫藤官九郎:时隔11年合作《我家的故事》
确诊新型肺炎的宫藤官九郎已治愈出院
长濑智也宣布退出杰尼斯事务所